読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

おっさんになってからの再就職、好きな仕事に就けないなら、短期高額バイトで自由に生きるのも手か?

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20170505161323j:plain

初めに

こんにちわどうも、てんたまです。

 

11月に離職し、今月で失業保険の給付も切れるので、次の仕事先など、色々考えなければいけない時期になってきました。

 

一応その間の就職活動の一環として、自分が好きで働きたいと思っていた職場である、漫画・ラノベの編集世界の仕事をやってみたかったでしたが、

この業界は夢を売る商売だけど、現場は夢の無い非常にシビアな世界なようで、

アニメや漫画好きでも、年を越した、経験無し学歴無しのおっさんにはワンチャンもないみたいなので、ほぼ諦めました。

一応、今月失業保険を受け取るために就活をしないといけないので、その就職活動を最後に完全に諦めようと思います。

一応知人から聞いた話ですが、車の免許を持っていれば、作家さんのところに行くための足になれるから、少しは必要性を感じてもらえるとの事なので、

今月中旬くらいに車の免許が取れそうなので、取れたら玉砕覚悟で、あるだけの編集系の仕事に一気に応募して、それで本当に最後にしてみようかと思います。

 

好きな仕事に再就職出来ないなら、短期高額バイトで自由に生きる?

もうすぐ40代、それで仕事を辞めた僕ですが、どうせ辞めたなら好きな仕事で働いてみたいと思い、就活を続けてきましたが、どうやらダメなようなので、他の仕事を捜さないといけなそうですが、

もしも正社員なれたとしても、好きでも無い仕事で、また時間や何やら縛られちゃうのはどうなんだろう? と疑問。

なので、どうせ好きな仕事に就けないなら、好きな時に休みが一杯とれて、一気に稼げる仕事が良いなと感じている。

所謂、短期の高額バイトだ。

短期で一杯稼いで、お金が貯まったら、サイクリングなり海外旅行なりする生活にしたいと感じている。

好きでもない仕事からやっと解放されたのに、また好きでもない仕事に就いて、溜息つきながら、職場と自宅の往復作業なんてまっぴらごめんだ。

働くのが嫌な訳じゃない、だけど、ただ生活費を稼ぐだけの環境に戻りたくないだけ、

ちゃんと働いて、お金を一杯稼いで、そのお金を使える時間が出来る環境にしたい。

ただそれだけ。

100万稼いだら1~2ヶ月くらい好きな事をやる。

そんな感じ。

そう言う生活にしたい場合、やっぱり正社員になっちゃうと無理ですよね。

当然ですが、正社員なっちゃうと長期の休みなんて取れないし、人間関係から仕事も簡単に辞められないですしね。

だからそう言った、好きな事をやるための時間を作れる仕事に最適なのは、後腐れなさそうな、短期の高額バイトが良いと、個人的には感じている。

気になった短期の高額バイトピックアップ

と言う事で、短期の高額バイトに興味を持った僕は、どんな仕事内容のバイトがあるのか、サラっとネットで調べてみたのですが、今はこんなのが支流のようだ。

 

イベントの警備orSTFF

ライブなど、何かしらのイベント会場の警備、行列の整理もしくはイベント進行の補佐。

 

引っ越しアシスタント

重い物を、傷つけず運ぶ重労働

 

ティッシュ配り

駅前などで、広告入りのティッシュを配る。

 

やるならこの三つが、まえの職場に似た仕事内容でもあるので良いかと感じている。

これで短期で稼いで、生活に余裕が出来たら、自分の好きな事をしたい。

終わりとまとめ

とりあえずこの記事見て、大半の人が「先をみていない」「40代近くでガキかよw」って思った人は多くいるだろうけど、

でも考えてみて欲しい。

何度も言っているが、せっかく嫌な生活環境から抜け出せたのに、何も考えず、ただお金に困ってまた同じ環境に戻る方が、思考停止型で非常に愚かな選択では無いだろうか?

人の人生って、まあ、会社に入るなり、結婚して家族を持つなり、こうすれば間違いではないってマニュアルみたいな物は確かにあるけど、

でもマニュアルは所詮マニュアルでしかなくて、人の人生って、幸せって、周りが言っているような、そのただ一つだけの選択じゃないと思うんですよね。

極端な例で言えば、Youtuberとか、まさにその一つじゃないですか?

普通一般的なマニュアル人生視点で考えたなら、こんなんで稼いで生きていこうなんて、おかしいと感じるのが普通ですが、でもそれで年収数千万の人とか出ている訳ですから、

稼げている以上成功であり、マニュアル人生視点が間違っていたと言わざるを得ないんですよ。

勿論、100%間違っていたと言う話じゃありません。

そんな額稼げてるなんて、数万人? それとも数百万人? いる、Youtuberのほんの数人なので、

そして、その数人に入れる訳がないじゃないかって話ですし、そもそも僕も別にYoutuberを目指そうとも思っていません。

何を言いたいのかって言うと、みんなが誰でも思っている生き方以外にも、別の、色々な生き方は必ずあるって事。

まだそれが何なのか分からないけど、これから仕事を探すに当たって、僕はそう言う物を探しながら仕事をやっていきたいと感じている。

だからこれから先、この手の記事は、ガキっぽい事をこれから先も書き続けていくと思うが、ケチ付けても良いけど、出来たら生暖かいで目で見てもらえる助かる。

そして僕はここに宣誓する、どんな事があっても、嫌な仕事は絶対に定職にはしない事を!

そしてその時間の中で、ゆっくりとでも良いから、自分に合った人生の道を見つけて行きたいと思う。

 

それでは、今回のお話はここら辺で、それでは、また!