テンプレート

お勧め記事セレクション

リバースDDT打法でクソ台を神台にしたい#7 神クソ台まどか叛逆でマギカラッシュ中に中段チェリーを引いた結果

f:id:hosino1977:20200921080917j:plain
こんにちわどうも、クソ台ハンターことてんたまです。

この記事は、スロット台におきまして、開発者(神)が用意した打ち方通りに打っても、基本スロットと言うのは負けるように出来ているから勝てないと思うのでので、ならば逆に開発者(神)が用意した打ち方に逆らう、例えばわざと常時小役をわざとこぼして打つ、DDT打法の逆の打法、リバースDDT打法をやった方が勝てるんじゃ無いかと言うイカれた思想の元やってますスロット実践記事です。

そしてさらにリバースDDT打法をやれば、出なすぎてクソ台認定されてしまった台がワンチャン甘くなってクソ台から神台に昇華するんでは? と言う試みを同時にやっている、依存性を超えた先にある高次元の領域に至ったスロッターの実践記事です。

して今回実践をやりました日は2020/9/16、お店は川越で6が付く日が旧イベントの某店でやりました。

一応設備リニューアルしたばかりの月の旧イベント日なので設定も期待です。

そして今回打つ台は、今回もですが5スロのまどか叛逆の朝イチ当たりゼロ回台です。

そして選んだ理由は言わずもがなクソ台だからです。

と言う感じに懲りずにまた叛逆を打ったわけですが。

初当たりは早く、投資は0.5kでの当たり、まあマギカラッシュ取れなければいくらボーナスを引いても意味ありませんが…。

まあマギカラッシュ取っても初期100枚ばっかじゃキツイですけどね(草)

と思ってたら、ボーナスのマギカチャレンジでは引けなかったけど、ボーナス終了1Gで弱チェリーを引いたからか、マギカラッシュに突入。

当たり終了後1Gでレア小役引けば、流石に入るのは継承してるのか?

とりあえずミニなぎさ可愛い。

その後、まあその当たりは獲得165枚ほどで終了してしまい、いつものダラダラもまれモードに突入したのですが、そのうちマギカラッシュの上乗せでたまにめちゃループする奴を引いて大きな上乗せを決めます。

これが神(開発者)に逆らいし打法、リバースDDT打法の力です。

がその後、初めてマギカラッシュ中の超高確率を引くものの、活かせずただのボーナスになってしまい伸び悩む展開が続き…。

結局1000枚も届かず終了、本当にこの台はどうやったら完走出来るんだ?

で、後これはごめんなさいなんですけど、その後マギカラッシュ中に1/16384の中段チェリー引いたんですけど、その時の動画撮ってたと思ったんですが、なんか無くなっててすみません…。

まあそれはさておき、とりあえずマギカラッシュ中に引いたにも関わらず恩恵が、え? それだけ? って感じるほど酷い物でした。

と言うのもマギカラッシュ中に中段チェリー引いたら、悪魔ほむらゾーンかマミVSほむらボーナスを引けるのですが、これは悪魔ほむらの方が良いんですが、約8割以上もマミVSほむらになってしまうのでまずいきません。

いやーここは激重レア小役引いたんだからせめて1/2でしよ、MAX2400枚なんだし…流石クソ台マイスターは打ち手の想像のさらに向こう側を攻めてきます。

これは感謝の拍手1万回(草草草)


そうか僕はこのクソさを味わうために生まれて来たんだね…。

ちなみに僕がマギカラッシュ中に中段チェリーで引けた恩恵は上乗せ100枚とマミVSほむらの最低恩恵でした。

ありがとう!

ありがとう!

ありがとう!

本当にありがとう!!! いえーい!!

その後、それでヒキが死んだか、マギカチャレンジでほむらまで成長させたジェムを外してしまい、そこで心が折れて実践終了しました。

また弱チェリー確率が設定1以下、スイカから干渉遮断フィールドの突入も悪く、設定的によろしくないと言うのも止めた理由でした。

それでも972枚は回収したので、572枚のプラスに出来ました。

その後、まだ打つ時間があったので叛逆の隣にあったコードギアスCCに移動してやる事にしたのですが…。

これが結構当たり台だったみたいで、初当たりは持ち玉投資200枚で黒いビックが当たり…。

そこから怒涛の連チャンが始まって!一気に1000枚超えを決めます。

と言う感じに何だかんだでコードギアスCCでほ1600枚ほど獲得してしまい、叛逆の出玉と合わせて2600枚の出玉を獲得。

総投資は400枚だったので、プラス2200枚で11kの大勝利です。

いつもこうだと助かるんですが、まあ僕はエンジョイ勢なので勝ち負けにはあまりこだわりません。

後、一応2020/9/16にまどか叛逆で中段チェリーを引いたユニメモデータ。

ついでにコードギアスCCのマイスロデータ。

今回の実践録は以上になります。

てんたまのクソ台を追い求める旅は続く…それではまた!