テンプレート

お勧め記事セレクション

45才アラフォー男の人生ソロプレイ日記249日目

日々やっている健康習慣がもたらす身体の変化を記していく、ソロで生きる45才アラフォー男の健康取り組み日記〜249日目の記録。

日付は2022/12/3になります。

** <strong>やっている健康習慣</strong>

1.一日一食ダイエット(8時間内食べて16時間内食べない)

2.夜の散歩とジョギング

3.テストステロン増加を意識した食事

4.筋トレ

5.新陳代謝アップシャワー交互30秒(60秒)5セット

6.冷水シャワー150秒

7.オリーブオイル&レモン(肝機能改善)

** <strong>本日の睡眠時間</strong>

** <strong>本日の食事</strong>

<strong>1回目の食事</strong>

<strong>2回目の食事</strong>

<strong>3回目の食事</strong> 

<strong>4回目の食事</strong>

<strong>5回目の食事</strong>

** <strong>運動</strong>

<strong>筋トレ</strong>

<strong>サイクリング</strong>

無し

<strong>ジョギング</strong>

<strong>本日の運動記録動画</strong>

無し

** <strong>本日の配送の仕事量</strong>

** <strong>体重、体脂肪、筋肉、基礎代謝の数値</strong>

※()の差数は前の時間では無く、昨日の時間帯別の差数

1.計測時間15:43(起床後)

体重73.5kg(+1.4kg)

体脂肪18.6% (-0.6)

筋肉量56.9kg(+1.5kg)

基礎代謝1662(+57)

** 本日視聴したアニメや書籍

** <strong>感想</strong>

45才アラフォー男の人生ソロプレイ日記249日目。

日付は2022/12/3の土曜日、天候は晴れ。

今日は休み明けの仕事日、そして土曜日は一緒に仕事をやる人間がそれなりに性格の良い人ばかりなので、人間関係的には一番心休まる日だ。

なので本日は仕事も早く終わったので、特に語る事も無い。

なので今日一番気になった事を語ろうと思う。

その気になった事は運動関係の話で、その中でもジョギングの話だ。

何かと言うと、最近下腹部が痛い! 痛いと言っても腹を壊した痛みでは無く筋肉痛の痛みがある。

それで何故ジョギングの話になるかと言うと、その部位は、走る時に負荷がかかってるように感じていたからだ。

最近、10kg以上の物を背負って走ったり、背負わなくてもジョギングだけは毎日続けていたが、どうやらそれで下腹部を痛めたかも知れない。

お腹を引っ込ませたくて腹筋を念頭にやってはいたが、それでもその箇所を筋トレしたら休みは入れていた、しかしジョギングをやると、足を前に出す為に踏み締めると、その下腹部部分に結構負荷がかかってる事に筋肉痛になってからようやく気づき、オーバートレーニングになってた事に気づいた感じだ。

ただ走ってるだけなら良かったかも知れないが、腹筋をした後、さらに重い物を持って走った事で、恐らく休まる暇がなかった為、筋肉を壊してしまったかも知れない。

またアクティブレストくらいの負荷なら大丈夫かと思い込み、完全休息日の日にもジョギングをしてたのも良くなかったかも知れない。

やはり完全休息日と決めたら、一切運動はしてはいけないのだ。

私が思うに、後日に残る筋肉痛になるほどやってしまった時点でアウトなオーバーワークになると思う。

なのでこれからは走るのも休む日は必ず設けようと思うところだ。

以上それが本日運動に関して感じた事となる。

次に本日視聴した映像作品の感想を語って今日のブログは締めくくろうと思う。

本日視聴したのは、BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS(第244話~) 第277話、ヤマノススメ Next Summit 第9話、うちの師匠はしっぽがない 第10話、惑星のさみだれ 第21話の4本だ。

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS(第244話~) 第277話は、前回より唐突に始まったデスゲームの続きとなっており、前回のデスゲームは崩れる足場から脱出するといった内容でボルトなど忍は楽々脱出出来るが、そうでもない一般人もおり、人の良いボルトは何とか全員助けようとするも、力及ばす何人かの犠牲者を出してそのゲームは締めくくられた感じになり、そして今回は渡された蝋燭の火が消えたら、寿命が尽きるかのごとく死んでしまうと言った内容のデスゲームだった。

話の顛末はよくあるパターンで、とりあえずルールとして、蝋燭の火が消えれば死ぬと言う事は蝋燭が燃え尽きるまでに脱出しないといけない時間制のゲームであり、無論それを妨害する仕掛けもあって、それを回避して助かる道は他の人の蝋燭を奪うしか無いと言う話の流れとなっており、単純に悪側は他人を犠牲にして生き残り、ボルトは他人を犠牲にしない方法を見つけ、人道的な正義を見せつける顛末となっている。

まあかような単純な話はさておき、私は最初、このデスゲームの空間は夢の中、仮想の世界では無いかと思っていた。

その理由は主催者の代わりに出てる傀儡が消える時、とてもデジタルチックに姿がかき消えていたからだ。

その為仮想空間かと思い、死んだ人も実は生きてるのでと思ったが、今回の事件に関わりあった者が、口封じに爆殺されてたので、その者の生死は不明だが、もし死んでるなら死人が出ているので、それは死者を出ても構わない話になっている事に繋がるので、そこから今までデスゲームで死んだ人たちは本当に死んでおり、本当に現実の世界でデスゲームをしてるのかと感じた。

デスゲームが始まった瞬間は、そんなに深い物語では無く、いつもの、ただのサイド的な短編集かお思ったが色々考えさせられるので少し面白い。

次回も期待を持って見れると言えよう。

ヤマノススメ Next Summit 第9話、今回はヤマノススメがただ登山に限らず山に関係ある話ならokなのかと言う判例を作った話だった。

と言うのも、今回は山には行くが山登りはせず、渓流で鮎釣をする話だからだ。

これは上手く話を作ったと感じた、何故なら山を登るだけなら本気で登る登山アニメでは無いので、山登りに関する苦労話やそこで生まれる人間ドラマ等で尺伸ばしは出来ないアニメだし、何よりそんなヤマノススメは見たく無い。

しかしただゆるゆると山登りしてるだけでは、描写が変わらず飽きが来る。

そのテコ入れをする為には、山登り以外で別な事をしなくてはいけなく、しかしヤマノススメと言うタイトルで山登り以外何をすれば良いんだと言う、そう言う問題が生まれてしまうが、それを「山で釣りをやる」と言う事で、山に関する話題を見事に取り入れて解決した、今回はそんな話で良い感じだったと思う。

うちの師匠はしっぽがない 第10話は、マメダが大黒亭の弟子として認められる為には、先代から続いていた問題により、落語界の四天王のうち3人に認められないといけないと言う感じの話となり、今回は一番厄介そうな女落語家(名前忘れた)と対峙する話だったけど、落語の技術うんぬんでは無く、女落語家の心のわだかまりみたいなの解決したらあっさりクリアとなって、なんだ思わせぶりな事言っておいてただのチョロインじゃ無いかって感じだった。

ともあれ残る最後の四天王は、周りから一番厄介と評価されてる咳き込みおじさんだけど、まあ、残り話数も少ないから、少し難題っぽい演出はするだろうけど、なんだかんだで1話で解決するんだろうなとメタな事を思うところだ。

惑星のさみだれ 第21話は、ははは、笑いしかないくらい相変わらずのクソ加減な展開だ。

とりあえず地球を壊すビスケットハンマーってのは防いでアニムスと直接対決で最終決戦みたいなバトル展開をしているが、相変わらずショボい作画と構成のバトルシーンで盛り上がらない。

とりあえず見たからには最後まで見るが、もうこのアニメは評価は変わらないと思う。

以上、本日視聴した映像作品の感想となる。

と言うところで45才アラフォー男の人生ソロプレイ日記249日目の日記は終わりにする事にしよう。

それではまた。