読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

オリジナルSS「敗戦魔王の戦後処理」 66話 魔王「僕が妖魔将軍と戦う?」

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20161021172433p:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

オリジナル連続SS小説「敗戦魔王の戦後処理」第66話書きました。

 

話の内容は、勇者によって魔王を倒された、その後の魔族のお話をクローズアップして書いています。

 

今回66話あらすじ

前回何故か生きていた妖魔将軍が女勇者たちの前に立ちはだかるが。
早く妖魔将軍を倒さないと魔族子供♀の命が危うい事で、女勇者たちはまた昔のように倒してしまおうと試みるが、あり得ない固さで妖魔将軍に女勇者たちの攻撃が全て通じない。
妖魔将軍を倒せる方法あるのか?

 

登場キャラ 

 

魔王
前魔王の息子で、人間の国の要請で新しい魔王に就任した。
前魔王と違って花や動物を愛する優しさと高圧的な者には強く出れない気弱い性格。
年齢も人間換算で15歳。
そして魔王の系譜らしくとてつもない魔力の持ち主だが、その力を恐れた前魔王に自分は弱いと洗脳されている。
後妹がいる。

 

女勇者
口も性格も悪い外道勇者。
気は強いが逆境に弱く、泣いてしまう事もある。
また火に対し強いトラウマを持っている。理由は不明。
見た目は胸は小さく金髪ツインテール

 

神官妹
聖職者だが計算高く、自分が助かるためなら平気で仲間を見殺しにする汚い性格をしている。
また性癖が年上思考で、大臣を愛している。
元勇者のパーティーで僧侶をやっていた時期もある。

 

神官姉
神官妹の姉。
喋る事が不得意で話す言葉が訥々になりがちになる。
そんな風だから引っ込み思案に見えるが意外に自分の意志を通す。
性癖は年下思考で子供が好き。
その事から見た目が子供な魔王が好き。
後ちょっとMっ気もあるかも知れない。

 

魔法使い
エルフで魔王軍に娘を殺された事から、その恨みを晴らす為魔法使いになった。
性格は真面目で固い印象があるが、子供を慈しむような優しい一面もある。
女勇者とは魔王討伐の為パーティーを組んでいた時期もあったが、女勇者の心無い言葉を言われ現在はとても嫌っている。

 

・魔族の子供たち

 

魔族子供♀
魔族の少女、少し控えめだが仲間思いの優しい子

 

魔族子供1
ヤンチャな性格で、すぐに無茶な行動するトラブルメーカー。

 

魔族子供2・3
魔族子供1の子分のような存在

 

魔族っ子幼
魔族の幼女。
戦魔将軍を父と呼んでいた戦災孤児
何事も疑いなく信じてしまう無邪気な性格、後まだ喋るのになれていない。

 

呪族の幼女
魔族とは違い、呪いの力を使う一族の生き残りで元その女王。
前の戦いで覚醒魔王に力を根こそぎ奪われ封印されてしまい、幼女の姿になってしまう。
幼女になった当初は喋るのに慣れず舌足らずだったが、だんだん慣れてきている。
わらわなど、昔の日本のお姫様のいような喋り方をし、その喋り方通り高飛車な性格をしており、さらに呪いの一族らしく恨みがましく陰湿な性格もしている。
また性癖が同性愛者な事から若い女が好きで、見てくれが美しい女勇者が好き。

 

参謀
前魔王の片腕だった魔族。
魔王を復活させて今の状態を作ってしまった張本人。
行動では魔王につき従っているフリをしているが、内心では魔王を利用して魔界の再建を狙っている。
そのように表の態度とは裏腹にいつも何か隠している感じの油断のならない性格をしている。

 

商人
姫の専属アドバイザーとして仕えている商人。
姫に頼まれ魔王をおとしめる為にやってきた。
口が上手く、人の心をつかむのが上手いが、その反面いつも何か隠しているようにも見える胡散臭い人物。

 


王国の姫。
常に上から目線で物を言う高飛車で傲慢な性格しており、利権など金になる物や自分が面白いと感じた物に目が無い。
今回も魔界の利権を狙ってやってきた。

 

メイド
大臣たちが魔界視察に来た時についてきたメイド。
いつの間にか魔王城に住み込み生活をしている。
メイドらしく引っ込み思案な気弱な性格。
また女勇者に拾われてメイドになったらしい。
その過去には何か色々ある様子

 

戦魔将軍
元旧魔王軍の七魔将軍の一人。
戦魔名前のごとく力で全ての物事を解決しようとする戦士系タイプの魔族。
ミノタウロスがさらにマッチョになったような容姿をしており、正々堂々をモットーとする豪快で武人のような性格をしている。
ただ認めた主にないがしろにされるのは苦手で、よく魔王の言葉に素でショックを受けていたりする
また語尾にござるを付ける。

 

戦魔副長
戦魔将軍の右腕的存在で、柔らかい考えに冷静に場を見れる事から、頭の悪い戦魔将軍の代わりに色々考えてくれたりする。
性格も平和主義者と言うほどでもないが、むやみに喧嘩をして敵を作る事は良しとはしない性格。

 

妖魔将軍
魔王軍七魔将軍の一人で、戦魔将軍の弟。
家族が泣き叫ぶ顔見ながらその家族を食い殺す、魔族でも嫌悪するヘルムシュヴァイセンと言う料理を好んだり、そんな残虐な事を好む救いようない外道魔族。
戦中に女勇者によって拷問されて殺された筈だが、何故か甦って再び勇者の前に現れる。

 

・一話から 

オリジナルSS小説 敗戦魔王の戦後処理 第一話プロローグ 魔王「平和な魔界が作りたいです」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

66話冒頭

女勇者「な、何で魔族なのに聖剣が通じない…!?」
妖魔将軍「どうした女勇者! その程度か!?」
女勇者「く…」
女勇者 (くそ…どうなってやがるんだ…)
妖魔将軍「悩んでいる暇があるのか? 早くしないと魔族のガキの回りの炎はどんどん縮まっていくぞ!?」
女勇者「!」
女勇者「くっ…そ!」
女勇者「だったら炎の方を…」
女勇者「魔法使いっ!」
魔法使い「分かっている!」
魔法使い「炎なら氷だっ!」
魔法使い「エリキュシーフリザルドっ!!」
神官妹(氷属性の最上級魔法…流石魔法使いね…)
魔法使い「ふ…」
ひゅおおおおおおおおおっっっ!(氷の風)
魔法使い「…! む!?」
ごおおおおおおおおおお(炎)
魔法使い「な、何っ!? 馬鹿なエリキュシーフリザルドの零度を上回るだとっ!?」
妖魔将軍「くっくっく…だから言っただろう…俺を倒すか…魔石を破壊するしか無いとな…!」
魔法使い「何故だ…何故この魔法使いである私の魔法が、貴様の魔法に勝てないっ!?」
妖魔将軍「当たり前だろ…この魔法の力を与える魔石は数百人分のエルフの魔力を凝縮して作ってあるのだぞ」
妖魔将軍「あの炎は見た目小さくても、とつてもない魔力のエネルギーで生成されているのだっ!」
妖魔将軍「お前一人の魔力でどうにか出来るものではないっ!」
魔法使い「く…!」
妖魔将軍「さあ次ぎはどうする? くくく」
妖魔将軍「ほら急がないと…あのガキは黒焦げだぞっ!」
女勇者「く…」
女勇者「うわあああああっ!!!」ブンブン!
妖魔将軍「お…」
キンキンキン!
女勇者「く…!」
妖魔将軍「…くっくく…はは」
妖魔将軍「ははっ! がははははっ!!!」
妖魔将軍「あれほど恐ろしかった聖剣が、今の俺にとっては傷一つつけられない、ただの鉄の固まりと化すとはなっ!」
妖魔将軍「心地よい! 実に心地よいぞっ!」
妖魔将軍「お前の打つ一撃の、感触がっ! 音がっ! その全てが心地よいぞっ! 女勇者っ!」
女勇者「くっそ…調子に乗りやがって…)
女勇者(…本当にどうなってやがるんだ…)
女勇者(それにしても…この斬った時の感触…どこかで…)
妖魔将軍「くくく…さあお前の攻撃が全然効かない事が分かったところで…」
妖魔将軍「サービスタイムの時間は終わりだ…」
妖魔将軍「今度は俺様の番だっ!」
妖魔将軍「ひっひっひ…女勇者ぁぁ…今度は俺がお前をバキバキにして拷問してやるぜぇ…?」
女勇者「…!」
女勇者「く…!」ダッ!
妖魔将軍「おおっと逃がさねえぜ…妖魔殲滅断っ!!」
女勇者「…!」
女勇者「はぁ!(防御魔法)」
ドンッ!
女勇者「く…!」
女勇者「…! …!」
女勇者「…!!! な、何だこのパワーはっ!!!」
女勇者「以前より遥かに…」
女勇者「く! うああああっ!!!」
魔王「女勇者さんっ!!!」

 

以下の続きは小説サイトで読めます。

面白く感じたらこちらで読んで頂けるとありがたいです。

 

カクヨム

第66話 魔王「僕が妖魔将軍と戦う?」 - 敗戦魔王の戦後処理(てんたま) - カクヨム

 

・小説家になろう

敗戦魔王の戦後処理 - 65話 魔王「僕が妖魔将軍と戦う?」

スポンサードリンク

 

・次回67話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 67話 魔王「妖魔将軍を生き返らせた者?」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

・前回65話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 65話 魔王「生きていた妖魔将軍」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

・こちらもどうぞ!

ブログ内オリジナル&二次創作小説index

オリジナル小説INDEXページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

二次小説 indexページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

市場