読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな事をやり続けたいなら、自分の人生でどこまで好きな事を残せるかだけ考えよう

執筆日記

f:id:hosino1977:20160716130157p:plain

こんにちわどもうてんたまです。

 

今日はブログめぐりをしていたら、興味深くそしてとても共感出来るブログに出会えたので、失礼ながら少し言及させて頂こうかと思い記事を書く事にしました。

 

とりあえずそのブログは同人系のカテゴリーのブログで、最新の記事を少し拝見させて貰ったら、主に同人活動で悩んでいる人にアドバイスを送るような感じで運営しているブログらしく、その最新の質問が少しばかり、創作の世界に手を出している私にとってとても興味が惹かれる質問でした。

utap.hateblo.jp

その内容は、ある同人絵師さんが自分の作品を批判されたり、知らない所で気持ち悪いとツィートされた事が嫌になって同人活動を辞めてしまったけどこれで良いのだろうか? と言う質問でした。

 

とりあえず書くのが嫌になった原因、所謂他人の評価が気になりすぎて活動をするのが嫌になってしまったと言う事ですが、これって凄い分かります。

 

実際自分も小説やイラストを書く時って、やはりかなり精神の状態に左右されますし、モチベの維持って凄い難しい事だから、それが批判なんてされたら書くこと自体嫌になっても然りですよね。

 

しかし批判もされないのも終わりだとそう言う意見もあります。

ですが知っている人なら分かると思いますが、この考え方も今の世の中だと古いと思います。

 

何故ならネットは昔より性格が悪い人が増えたからです。

ニコ生やバカッターなど、人に迷惑をかけてでも注目を浴びて自己顕示欲を満たしたい人間が増えてきたのが良い証拠です。

その事から批判する人のほとんどが、その人を良くしようと思って言ってる人は、今の現状極めて少ないとのでは? と私は思っています。

その人がむかついたから潰したい、ただ噛みつきたい、自分がこうじゃないと嫌って言うただの我儘、通ぶりたい、暇つぶしにからかうって言う気持ちで言ってる人がほとんどだからだと私は感じています。

特に最後の暇つぶしでからかっているって言う連中がもっともタチが悪い。

ターゲットにした人を良くするも悪くするも考えておらず、どんな結果に転んでも自分たちが楽しめれば良いと考えている連中ですからね。

これはネットで聞いた話なので信憑性は薄いですが、そう言った連中はそのお悩みの同人絵師さんが活動しているpixivなどでも、どうやったら絵師のやる気を無くせるか実験したりもしてる人もいるそうです。

それはどんなやり方かと言うと、まずターゲットにした絵師に高評価を付けまくり絵師を喜ばせます。

勿論その絵が良いと思って評価している訳ではありません。

そして絵師が絵を上げるたびに高評価を付け続けて、絵師のテンションを上げるだけ上げて、ある日ぱったり評価を付け無くします。

すると当然絵師は急に評価が付かなくなった事を不安に思います。

それでも最初はその絵がダメなだけだったんだと絵を上げ続けます。

当然評価何も付きません。

そうなると上がってた分失意もでかいらしく、その事から大抵の人が嫌になって活動を辞めてしまうとの事です。

と言う感じに、こんな事をしたと自慢していた奴を某掲示板で見かけた事があります。

真相は分かりませんが、煙の無いところに火は立ちませんし、やろうと思えばできる事なのです。

そしてやっていたと言う人物がいる事に怖さと怒りを感じます。

ただの暇つぶしのために何日もかけられる異常性の怖さと、そして人を人とも思わない行為に対する怒りです。

そしてこんな事をする輩までいる今の複雑化したネット世界では、本当に自分の事を思っている益がある批判を見つけ出すのも難しいです。

大抵が見てもモチベが下がるだけの無意味な批判です。

自分もブログ運営をしていると、そんな益の無い様々な批判コメントを受けてやる気が無くなる時が一時期あったりもしました。

でも今はほとんど気にしておりません。

何故か? それは批判を気にしない事に決めたからです。

気にせず自分が今一番やりたい好きな事を書いてこのブログを積み上げて行こうと思ったからです。

当然そんな簡単に気持ちを切り替えられれば苦労しないって話ですが、しかし考えてみて下さい。

あなたが好きな事をやるのは他人に見てもらう為ですか?

違いますよね。

あなたが好きだからやっているのですよね?

そう好きだからやっているって自覚が大切なんです。

しかしその好きな分野で成功したいって夢は人間誰しもある物です。

そしてそれを成功させる為にはどうしたって他人の評価は気にしなくてはいけない部分も出てくるでしょう。

だからそこを気にする事も、それはとても大事な事です。

私だって小説でヒットしたりブログの広告収益で生活してブログだけ書いてる生活をしたいなど、人並みに夢や希望を持っています。(ちなみにブログの収益は一日1~100円程度です)

しかしそれに囚われ過ぎて、成果が上がらない事に絶望し好きなこと自体をやらなくなったら本末転倒な事もまた事実です。

だからこそ気持ちをチェンジしないといけないと私は考えるのです。

そしてその好きな事をやり続けるために、どう心をチェンジすればいいのか、それは成功を考えるよりも、自分の人生でその好きな事をどこまで残せるか考える事です。

人生は無限ではありません有限です。

それを人の作ったお金とか成功したいなら~みたいなルールに縛られた考えで、嫌になったり落ち込んだりして無駄に消耗するのってバカバカしいと思いませんか?

時は金なりとよく言いますが、でもお金じゃ時間は買い戻せないのです。

買い戻せないからこそ、人が作った利益のルールを気にするより、自分の好きな事を人生でどこまで残せるか積み上げられるか考える方がよっぽど良いのではと思うのです。

本当に好きな物ならお金みたいな汚れた利益が介入する余地は無い!

本当に好きな物なら他人の評価が気になる自己顕示欲も生まれない!

本当に好きなら何があっても書き続けられるはずです!

成功したいなら~と言う意見を聞いて書く手が鈍るなら、そんな意見は切り捨てしまった方が良い!

成功なんて度外視、後からついてくればいい程度に考えればいい!

ただひたすら自分の人生にどこまで好きを残せるかだけ考えろ!!

 

…とまあこんな感じに、今回見た絵師さんの悩んでいる内容を見て、好きな事をやるならやり続けるなら、こういう風にメンタル強くしなきゃと今一度再認識する事が出来ましたね。

ってオイお前もダメだったのかって話ですが、最近小説の方がおざなりになってたので、いつの間にか自分で言って自分の耳が痛い話になってましたw

ともあれ何か好きな事をやりたいなら、このぐらいガムシャラな姿勢って大事だと思うのですよ。

まあ私の場合「あーあー聞こえない」ってスタイル過ぎるからダメですが、でもやっぱり好きな事をやり続けるなら、やり続ける強い意志を持つ事も必要という事ですよね。

誰に認められなくても自分の人生に少しでも残せるように、そっちの方面ももう少し頑張らねばと、これを書いて自分自身強く感じるところでした。

成功するプロセスを考えすぎる前に、まずやろう! 活動を続けよう。

一回しかない人生に何かを残すために。

 

と言う所で今回のお悩み絵師さんの質問を見て思った事の話は終りにしようかと思います。

また次回の記事でお会いしましょう。それでは。

スポンサードリンク