読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 51話 魔王「僕とまた勝負してください!」

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20161021172433p:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

オリジナル連続SS小説「敗戦魔王の戦後処理」第50話書きました。

 

話の内容は、勇者によって魔王を倒された、その後の魔族のお話をクローズアップして書いています。

 

今回50話あらすじ

禁を破った魔族子供1が魔法使いに処刑されてしまう事を何とか止めようと色々説得しようと思考を巡らす魔王。
そんな時女勇者や神官妹も現れたり、さらにはエルフたちはどんどん険悪になっていく。

そんな状態に、魔王は魔法使いを止める事は出来るのか?

 

登場キャラ

 

魔王
前魔王の息子で、人間の国の要請で新しい魔王に就任した。
前魔王と違って花や動物を愛する優しさと高圧的な者には強く出れない気弱い性格。
年齢も人間換算で15歳。
そして魔王の系譜らしくとてつもない魔力の持ち主だが、その力を恐れた前魔王に自分は弱いと洗脳されている。
後妹がいる。

 

女勇者
口も性格も悪い外道勇者。
気は強いが逆境に弱く、泣いてしまう事もある。
また火に対し強いトラウマを持っている。理由は不明。
見た目は胸は小さく金髪ツインテール

 

神官妹
聖職者だが計算高く、自分が助かるためなら平気で仲間を見殺しにする汚い性格をしている。
また性癖が年上思考で、大臣を愛している。
元勇者のパーティーで僧侶をやっていた時期もある。

 

神官姉
神官妹の姉。
喋る事が不得意で話す言葉が訥々になりがちになる。
そんな風だから引っ込み思案に見えるが意外に自分の意志を通す。
性癖は年下思考で子供が好き。
その事から見た目が子供な魔王が好き。
後ちょっとMっ気もあるかも知れない。

 

魔法使い
エルフで魔王軍に娘を殺された事から、その恨みを晴らす為魔法使いになった。
性格は真面目で固い印象があるが、子供を慈しむような優しい一面もある。
女勇者とは魔王討伐の為パーティーを組んでいた時期もあったが、女勇者の心無い言葉を言われ現在はとても嫌っている。

 

・魔族の子供たち

 

魔族子供♀
魔族の少女、少し控えめだが仲間思いの優しい子

 

魔族子供1
ヤンチャな性格で、すぐに無茶な行動するトラブルメーカー。

 

魔族子供2・3
魔族子供1の子分のような存在

 

魔族っ子幼
魔族の幼女。
戦魔将軍を父と呼んでいた戦災孤児
何事も疑いなく信じてしまう無邪気な性格、後まだ喋るのになれていない。

 

分かりやすい魔王x勇者物とSS形式の小説、そして3000文字程度の短い文章でまとめた、大変お気軽に見れる物となっていますので、興味が惹かれましたら、良かったら読んでみてくださいませ~。

 

・一話から 

オリジナルSS小説 敗戦魔王の戦後処理 第一話プロローグ 魔王「平和な魔界が作りたいです」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

51話冒頭

魔王(駄目だこのままじゃ…魔族子供1が魔法使いさんに殺されてしまう!)
魔法使い「…」バリバリ。
魔族子供1「ひぃ!」
魔法使い「…」
エルフ兵士「魔法使い様、早くお願いします」
魔法使い「…分かっている」
魔族子供「…」ガタガタ。
魔法使い「…」
魔法使い「く…」力なく手を降ろす。
エルフ兵士「…! 魔法使い様!」
女勇者「やめろっ!」ズサー!
魔法使い「!」
エルフ兵士「何!?」
魔王「!」
魔族子供♀「女勇者様…!」パア
神官妹(な、何やってんのよあの馬鹿勇者はっ!?)
魔法使い「クズ勇者…いつからこの村にいた…」
女勇者「あ? いつだって良いだろ」
魔法使い「と言うより…それは何のつもりだ?」
女勇者「何のつもりって…」
魔法使い「その後ろの魔族の子供の事だ…」
魔法使い「まさかクズのお前が子供を庇うなんて冗談みたいな事をやってるんじゃ無いだろうな?」
女勇者「え? 庇う?」
魔族子供1「そ、そうだ、なんで俺なんか助けるんだ…」
女勇者「えーと、うん? あ…」
女勇者「ああー!!///」カアアア
女勇者(ほんとに何でこんなガキ助けるために飛び出しちゃったんだろアタシ!///)
女勇者(な、なんかこいつ死んだら、魔族子供♀が泣くのかなーって思ったら…つい///)
女勇者(じゃなくて…! 魔族子供♀も関係無いし!///)
女勇者(本当に何でこんな事やっちゃったの!?///)
女勇者(意味わかんない! マジ意味わかんないっ!///)
女勇者(やばい目茶苦茶恥ずかしい…ど、どうしよう///)
魔法使い「…考え無しにやったのか…相変わらずの馬鹿だな…」
女勇者「…! そーだよ! つい何となくやっただけだよ!」
女勇者「アタシ馬鹿だし!」えっへん。
魔法使い「何故馬鹿にされて嬉しそうに喜ぶ」
女勇者「だから助けようと思った訳じゃないんだからね!///」
魔法使い「…」
魔法使い「はあ…まあ良い、で」
女勇者「ん?」
魔法使い「考え無しに出てきたお前は何がしたいんだ」
女勇者「え? 何がって?」
魔法使い「本当に馬鹿だな…私の前に立ちはだかると言う事は、その子供を守るつもりなのかと聞いている」
女勇者「…! えっとそれは…」
女勇者「…どうぞ…お構い無く?」
魔法使い「」
エルフ兵士「構うわ! はっきりしろ」
女勇者「いやだから、ちょっと間違っちゃったんで…そのお好きにどうぞ?」
魔族子供1「助けないのかよ!?」ガーン。
魔法使い「はあ…だったら出てくるな」
魔法使い「と言うか村に勝手に入ってくるな!」
魔法使い「私たちはお前たち人間とは国交断絶してるのだぞ!?」
女勇者「え、あ、ごめん…すぐ出ていくからごめん、ほんとごめん…はは」
魔法使い「全く…クズが…!」
女勇者「…」
女勇者「あの…さ」
魔法使い「? 何だ」
女勇者「う、うん」
魔法使い「…お前らしくも無い…はっきり言え」
女勇者「うん…あのさ」
女勇者「お前…子供を本当に殺すの?」
魔法使い「…!」
魔法使い「…だから」
魔法使い「だから何だ…」
女勇者「いや…殺すなら別に良いけど…」
女勇者「ただあんたはそんな事はしないと思ってたから…ちょー意外? なだけだから…うん」
女勇者「それにあんたアタシが止めなくても…」
女勇者「ううん、何でもない」
女勇者「…じゃ」
魔法使い「…」
エルフ兵士「魔法使い様…女勇者が言っている事は…私も感じてましたよ」
エルフ兵士「貴女はこの魔族を殺そうとした時躊躇いましたね?」
魔法使い「…」
エルフ兵士「何を躊躇う必要があるのです! お目をお覚ましください!」
エルフ兵士「見た目が子供だからと言って貴女の子供じゃないのですぞ…!」
魔法使い「…! 分かっていると言った!」
エルフ兵士「…! そ、そうですか…で、ではお願いしますよ」
エルフ兵士「我らエルフの長として」
魔法使い「ああ…」
魔王「止めてください!!!」

 

以下の続きは小説サイトで読めます。

面白く感じたらこちらで読んで頂けるとありがたいです。

 

カクヨム

第51話 魔王「僕とまた勝負してください!」 - 敗戦魔王の戦後処理(てんたま) - カクヨム

 

・小説家になろう

敗戦魔王の戦後処理 - 50話 魔王「僕とまた勝負してください!」

 

・次回52話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 52話 魔王「僕の内側で囁く貴方は誰なんですか?」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・前回50話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 50話 魔王「エルフさんたちの怨嗟の声」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・こちらもどうぞ!

ブログ内オリジナル&二次創作小説index

オリジナル小説INDEXページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

二次小説 indexページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

市場