読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 46話 魔王「魔法使いさんの授業?」

ダイエット 執筆日記

f:id:hosino1977:20161010180852p:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

オリジナル連続SS小説「敗戦魔王の戦後処理」第46話書きました。

 

話の内容は、勇者によって魔王を倒された、その後の魔族のお話をクローズアップして書いています。

 

今回46話あらすじ

前回魔法使いとの勝負に負けてしまった魔王。
初めて味わう痛みに悶絶し気付いてみると、そこはエルフの村の一室ですぐ隣には魔法使いがいた。
目覚めた魔王に魔法使いは自分が勝負に勝った時の賞品を決めていなかったと言うが、魔法使いの求める賞品とは?

 

*勇者の表記を女勇者に変更しました。

 

分かりやすい魔王x勇者物とSS形式の小説、そして3000文字程度の短い文章でまとめた、大変お気軽に見れる物となっていますので、興味が惹かれましたら、良かったら読んでみてくださいませ~。

 

・一話から 

オリジナルSS小説 敗戦魔王の戦後処理 第一話プロローグ 魔王「平和な魔界が作りたいです」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

 

46話冒頭

魔王「…」
魔王「ん…ここは」
魔法使い「気づいたか?」
魔王「…! 魔法使いさん」
魔王「こ、ここはどこですか…?」
魔法使い「ここはエルフの村で捕らえた者を閉じ込めて置くのに使っている部屋だ」
魔法使い「まあ…牢屋みたい物だな」
魔王「牢屋なのに、ベッドや布団などちゃんと完備してあるんですね…」
魔法使い「元々エルフは外界とはあまり接触しないし、仲間から罪人が出ることも少ないし、だいたい追放するからな」
魔法使い「罪を犯したら牢屋に閉じ込めて置く、と言う人間や魔族にはある文化に疎いのだ」
魔王「す、凄いですね…それは」
魔法使い「そうか? まあ他を騙し騙されたりが常のお前らから信じがたい事だろうがな」
魔王「はい! 驚きです…魔界もいつかそんな牢屋なんて必要が無い、そんな良い魔族ばかりの国にしたいです」
魔法使い「良い魔族…?」
魔王(あ…いけない、魔法使いさんは魔族は全員悪人だと思ってるから、そんな事言ったら、また良い魔族のふりするなって怒られるかも…)
魔法使い「良い魔族のフリをするな」
魔王「…」ビク
魔法使い「と言いたいところだが、不思議だな…お前と話していると、本気で言っているようにも思える」
魔法使い「見た目が子供だからか…まあそれで演技なら本当に大した物だが」
魔法使い「あながち魔王と言う言葉も本当の事かも知れんな」
魔王「はは(本当なんだけど…また怒らせるかもだから余計な事は言わないようにしておこう)」
魔法使い「もしも本当に前魔王の息子なら寝ている間に殺してたしな」
魔王(言わなくてよかった~;)
魔法使い「ところで私の魔法を耐えられたらと言う勝負だが」
魔王「あ…」
魔法使い「どうやら私の勝ちのようだな」
魔王「はい…」
魔王「そ、そう言えば子供たちはっ!?」
魔法使い「安心しろここと同じような部屋にいてもらっている」
魔王「そ、そうですか、ほっ」
魔法使い「それより」
魔王「はい?」
魔法使い「私が勝負に勝った際の賞品を決めて無かったが…」
魔王「…! 賞品…い、一体何を…」
魔法使い「そう構えるな…何も取って食おうと言う訳ではない」
魔王「は、はい」
魔法使い「賞品は…そうだな…ふむ」
魔王「…」ドキドキ
魔法使い「お前たちにはしばらくエルフの村で暮らしてもらう」
魔王「エルフの村で暮らす?」
魔法使い「そうだ魔族を滅ぼすための人質として使う日まで、ここで大人しく逗留してもらう」
魔法使い「厳しい拘束をするつもりは無いが、村を出たら分かる魔法をかけさせてもらう」
魔法使い「それでもしも自らの意志で村を出たと分かったら、残念だがそいつには死んでもらう」
魔王「死ぬ…!?」
魔法使い「だから慌てるなと言っている」
魔法使い「禁を破らなければ…何もしない、そこは自称でも魔王を名乗っているのだから、そうさせないようにお前がまとめれば良いだろう」
魔王「は、はあ…」
魔王「分かりました…でもエルフの村で暮らしているだけで良いんですか?」
魔法使い「勿論、滞在中は他にもやってもらう事がある」
魔王「え? それは一体…?」
魔法使い「ふ…それは」

 

以下の続きは小説サイトで読めます。

面白く感じたらこちらで読んで頂けるとありがたいです。

 

カクヨム

第46話 魔王「魔法使いさんの授業?」 - 敗戦魔王の戦後処理(てんたま) - カクヨム

 

・小説家になろう

敗戦魔王の戦後処理 - 45話 魔王「魔法使いさんの授業?」

 

・前回47話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 47話 魔王「過去にあった旧魔王軍の非道」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・前回45話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 45話 魔王「これが痛み?」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

・こちらもどうぞ!

ブログ内オリジナル&二次創作小説index

オリジナル小説INDEXページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

二次小説 indexページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

市場

スポンサードリンク