読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

【アニメ紹介】2016夏アニメ「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」 これ本当に人形を使っているの? と思うくらいクオリティの高い人形劇

アニメ観賞日記

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20160808231400p:plain

©Thunderbolt Fantasy Project

こんにちわどうもてんたまです。

 

2016夏アニメ「Thunderbolt・Fantasy 東離劍遊紀」を一通り視聴しましたので、その作風をご紹介しようと思います。

作品のスタイルは「中華ファンタジー+人形劇」となっています。

このワードで興味が湧いた方は良かったら覗いていって下さい。

そうでない人も少しでも気になったら良かったらどうぞ!

 

Thunderbolt・Fantasy 東離劍遊紀紹介

 

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀とは?

脚本家虚淵玄が台湾にいた時にたまたま見た台湾の人形劇のクオリティーの高さに刺激され作成されるきっかけとなった、日本と台湾の共同制作の人形劇を用いたアニメーション。

物語は古代中国を舞台に、魔界と人間界が争っていた遥かな昔、人間の手によって生み出された、魔物に対して巨大な力を持った神誨魔械(シンカイマカイ)その中でも強大な力を持つ天形劍(テンギョウケン)を狙って現れたテンガイから、天形劍の守り手「護印師」の娘タンヒは天形劍の一部を奪われまいとその魔の手から逃げていた。

f:id:hosino1977:20160808232151p:plain

f:id:hosino1977:20160808232201p:plain

その逃げていた途中で力つきたところ、キチョウとショウカンフーに助けられる。

f:id:hosino1977:20160808232704p:plain

その後奪われた天形劍の一部を取り戻すために、テンガイの根城へと向かう、と言う武侠ファンタジー的な物語になっている。

 

作風紹介

 

クオリティーが高すぎる人形劇

このアニメの最大の特徴は、人形を使ったアニメーションだ。

人形を使うと言うと、分かる人ならサンダーバードや、または教育チャンネルの人形劇がぱっと頭に思い浮かぶ人は多いと思います。

そして直後に「何だ人形劇か」と思う人も多いと思います。

f:id:hosino1977:20160808232858p:plain

しかし東離劍遊紀の人形劇は、もはや人形でやる意味があるのか、もしくは技術の無駄遣いと感じてしまうほど、とてつもなくクオリティーが高い!

人形が体を動かす大きな動作以外にも、口やまぶたなど細かいところまでちゃんと動くし、剣や術で戦う時もCG処理のエフェクト効果がばっちりしてあって、とても迫力あるバトルシーンになっている。

f:id:hosino1977:20160808231441p:plain

f:id:hosino1977:20160808231451p:plain

f:id:hosino1977:20160808231507p:plain

それにたばこ吸ったり。

f:id:hosino1977:20160808231525p:plain

血を吐いたり。

f:id:hosino1977:20160808231538p:plain

とにかく動きのすべてまるで生きているようにクオリティー高い!

人形劇なんてサンダーバード以来だから軽くカルチャーショックを受けてしまいましたw

とにかくこれが今の技術で作られた人形劇かと言う素晴らしい出来にただひたすら凄さを感じます。

 

物語は古代中国の武侠ファンタジー

作風は中国の武将ポイ武人が剣や術を使って戦う、いわゆる武侠ファンターもしくは中華ファンタジーで、その感じは昔映画でやっていた「英雄ーHERO」とよく似ており、流石、台湾と共同制作で作っただけあって、大陸映画に近い雰囲気を持った流れやお話ぽく感じます。

 

キャラ同士の掛け合いのコメディーセンスも最高

キャラ同士の会話も上手い言い回しが盛りだくさんで面白い。

単刀直入に言うのではなく、遠回しに言いつつも分かりやすいその言葉運びが上手く、言うなればすべてが映画のワンシーンのような会話で本当に見てて飽きないし面白い。

そのおかげで最後まで目を離さず見られる楽しさがある。

こう言う喋らすだけで面白く感じてしまえる会話を作れるって凄いですよね♪

 

個人的評価&まとめ

とりあえずストレートな個人的評価を言うと。

☆☆☆☆☆

満点です。

人形劇のクオリティー高さが評価の大半ですが、その他にも物語の雰囲気とか会話とかもレベルの高い面白さを感じるのでそれも好評化。

人形劇を受け入れられる人なら文句なしに面白いと思える作品だと思います。

人形劇がダメな人でも、その他の要素が面白いので☆3くらいの面白さはあると思います。

今更人形劇なんてって私も最初は思いましたけど、ここまでクオリティーの高い作品だと思いませんでした…(汗)

物語のテーマも最近は少ない中華ファンタジー物だからこう言う作風見るの久々だしとても新鮮味を感じて、その点から考えても見て損はないアニメかと思います。

人形劇で結構引っかかる人はいるかと思いますが、良かったら一度騙されたと思ってみてください!

意外な面白さに気づけるかも知れませんよ。

 

と言うところで2016夏アニメ「Thunderbolt・Fantasy 東離劍遊紀」の紹介の話は終わりにしようと思います。

また次回の記事でお会いしましょう、それでは。

 

オフィシャルサイト&関連商品紹介

www.thunderboltfantasy.com