読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

サーバルちゃん「君もフレンズなんだね?」ビルス「はかいしちゃうぞっ!」四話(終)-DB超xけものフレンズSS

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20170302071724j:plain

もしもドラゴンボール超のビルス様がジャパリパークに行ったら? SS

 

☆一話から見る

サーバルちゃん「君もフレンズなんだね?」ビルス「はかいしちゃうぞっ!」一話-DB超xけものフレンズSS - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

四話

ヘラジカちゃん「どおりゃあああああーーーー!!!」

 

巨大セルリアン「…!」

 

ドーーーーーンっ!!!(吹き飛ぶセルリアン)

 

ヘラジカちゃん「どうだみたか! 私の必殺の一撃…! い、いくらでも来いっ…!」

 

「…! くっ…はあはあ」ガク。

 

巨大セルリアン「…」グオオ!

 

ヘラジカちゃん「く…しまった…」

 

巨大セルリアン「…!」

 

ドーーーーーン(バラバラになる巨大セルリアン)

 

ヘラジカちゃん「なに…!?」

 

ライオンちゃん「危なかったね~」

 

ヘラジカちゃん「くっ…ライオン余計な事を…」

 

ライオンちゃん「まあ無理すんなって…にしてもちょっとこの数はマズかったかもね~」

 

ヘラジカちゃん「ふん…問題ない…!」

 

ライオンちゃん「はいはい…でもあんたが踏ん張ったおかげで他のみんなはプラント内から脱出する事は出来たよ…ありがとね~」

 

「…さ、それじゃ次はあたしたちの番だ。とっととずらかろう」

 

ヘラジカちゃん「断る…」

 

ライオンちゃん「ヘラジカ…?」

 

ヘラジカちゃん「ここで私が逃げたらみんなの食料はどうなる…! 私は断固として戦い、あいつらからここを奪い返すぞ!」

 

ライオンちゃん「だから多勢に無勢なんだって…ここは一旦引いて、作戦を考え直してだな…」

 

ヘラジカちゃん「私の突撃一つあれば必要ないっ!」

 

「うおおおおおおおおっっ!!!!」

 

ライオンちゃん「ってあーあ、全く困った脳筋ちゃんだよ…」

 

「仕方ない…はっ!」

 

ヘラジカちゃん「せいっ!!!」

 

巨大セルリアン「!」

 

ドーーーーーーーンっっっ!!!

 

ヘラジカちゃん「どうだ思い知ったかっ!」

 

ライオンちゃん「吹き飛ばすだけじゃ倒せないって…」

 

「…! ヘラジカ後ろ!」

 

巨大セルリアン「…」ヌウ。

 

ヘラジカちゃん「何…くっ!」

 

巨大セルリアン「…!」バシッ(触手攻撃)

 

ヘラジカちゃん「ぐわっ!」

 

ライオンちゃん「ヘラジカ! 今行く…!」

 

巨大セルリアン「…」ヌゥ。

 

ライオン「なっ…こっちにも…! しま…」

 

巨大セルリアン「…!」バシッ(触手攻撃)

 

ライオンちゃん「ぐはっ!」

 

ズサー(ヘラジカと同じ場所に吹き飛ばされる)

 

ヘラジカちゃん「ライオン! おのれ…!」

 

「…!」

 

巨大セルリアンたち「…」ぞろぞろ。

 

ヘラジカちゃん「次から次へと…」

 

ライオンちゃん「はは…すっかり囲まれちゃったみたいだね…こりゃ困った…」

 

巨大セルリアンたち「…」ぐおお!

 

ヘラジカちゃん「くっ!」

 

ライオンちゃん「…ここまでか」

 

悟空「よっと」スタ。

 

ヘラジカ&ライオン「!」

 

ヘラジカちゃん「だ、誰だお前は!」

 

悟空「ん? おらか? おらは…」

 

巨大セルリアン「…!」グオ!

 

悟空「む…でぁりゃぁーーーっ!」ドゴ!

 

巨大セルリアン「…!」ヒューーーーーン…。

 

ドーーーーン!!

 

ヘラジカちゃん「何…!?」

 

ライオンちゃん「おお…」

 

悟空「でぇりゃりゃりゃりゃりゃっっ!!!」

 

ドーーン! ドーーン! ドーーン!(次から次へと吹き飛ばされるセルリアンたち)

 

ライオンちゃん「すごーーい!」

 

悟空ちゃん「…ふ」ニヤ。

 

ライオンちゃん「君は一体…」

 

ヘラジカちゃん「貴様何者だっ…! その見慣れぬいでたち…」

 

「まさか敵の増援か? ならば我が一撃受けて見よっ!」

 

悟空「へっ…;」

 

ライオンちゃん「ちょ…ヘラジカ;」

 

悟空「おらはそんなんじゃ…」

 

ヘラジカちゃん「問答無用っ! おりゃあああああああっっっ!!!」ドドド!

 

悟空「えっと…ほい」ガシ。

 

ヘラジカちゃん「な…! 我が突進を片手で止めただとっ!」

 

「お、恐るべき敵だ…!」

 

悟空「敵って…助けに来てやったのに…そりゃ~ねぇ~だろ;」

 

ヘラジカちゃん「何助けに来ただと…?」

 

サーバルちゃん「おーいヘラジカー!」

 

ヘラジカちゃん「おお…サーバルに、それにかばんも…」

 

かばんちゃん「ど、どうも、あ、あのヘラジカさん」

 

ヘラジカちゃん「なんだかばん」

 

かばんちゃん「その方は敵じゃありません。僕たちを助けにきてくれたんです」

 

ヘラジカ「何それはまことか?」

 

博士「そうだそいつは我々が連れてきた助っ人だ」

 

ヘラジカちゃん「博士…! なんとそうであったか…すまぬ見知らぬフレンズよ」

 

悟空「ふれんず? よくわかんねぇけど、まあ気にすんなって!」

 

サーバルちゃん「さー早くセルリアンを倒してあたしたちのご飯を取り返しちゃうよー!」

 

「えーとそれで…ゴクー…ちゃんだっけ?」

 

悟空「ん? おらの事か? そうだおら孫悟空だ!」

 

サーバルちゃん「ソンゴクー? そう君はソンゴクーのフレンズなんだね」

 

悟空「そのフレンズっちゅうのがよくわかんねえけど…まあ、そうだ!」

 

サーバルちゃん「えーとゴクーちゃん、巨大セルリアンはコアを壊さないと倒せないんだよ」

 

「ほら!」

 

吹き飛ばされた巨大セルリアンたち「…」ぞろぞろ。

 

悟空「ん? そういやそうだっけか…ちっとめんどくせえ敵だなぁ…」

 

「まあ…弱点がある分ブウよりましか…」

 

サーバルちゃん「ブウ?」

 

悟空「まあいっちょ、やって、みるか…!」グ! グ!(屈伸運動)

 

「ビルス様は手をださねぇでくれよなっ!」

 

ビルス「この程度の些事に僕がわざわざ手を出すか…とっとと倒して早く僕にジャパリまんを食べさせろ」ヒラヒラ(手を振る)

 

ライオン「ビルス…さま? あんなフレンズいたかなー?」

 

悟空「あんがとなビルス様! …はっ!」ドン!(飛び出す)

 

巨大セルリアン「…!」ヒュン!(触手で迎撃)

 

悟空「よっと」シュン!

 

ヘラジカ「…消えたっ!?」

 

悟空「えーとここを叩けばいいんだな…おりゃあ!」ドン!(コアを叩く)

 

巨大セルリアン「…!」

 

ドーーーーン!!! バラバラバラ…(砕け散る巨大セルリアン)

 

博士「おお! いいぞ!」

 

サーバルちゃん「やったー!」

 

悟空「へへ…この調子で」シュン!

 

巨大セルリアンたち「…!」

 

ドーーン! ドーーン! ドーーン!(次々とバラバラになるセルリアンたち)

 

ライオン「やるぅ~♪ これは希望が見えてきたね」

 

サーバルちゃん「あたしたちもがんばろー! みゃみゃみゃー!」

 

「えい!」

 

巨大セルリアン「…!」

 

ドーーン! バラバラバラ…。

 

ライオン「わたしもーっと…!」

 

ドーーン! バラバラバラ…。

 

ヘラジカ「今までのお返しだ!」

 

ドーーン! バラバラバラ…。

 

かばんちゃん「わー…みんな凄い…!」

 

博士「うむ…これで何とか食料プラントは守る事が出来そうだな…」

 

ワシミミズク「…博士おかしいです」

 

かばんちゃん「?」

 

博士「どうした助手?」

 

ワシミミズク「倒したはずのセルリアンのカケラがいつまで経っても消えていないようですが…」

 

博士「何…?」

 

悟空「はっ!」

 

ドーーン! バラバラバラ…。

 

悟空「…これで終わりかー?」

 

ライオンちゃん「いやー君飛んだり消えたり凄いねー?」

 

ヘラジカちゃん「本当だ! お前は…いや貴方は一体何者なのだ! その強さには感服する物を感じる…!」

 

悟空「へへ…そんな大したもんじゃないって…」

 

サーバルちゃん「でもこれでようやく好きなだけジャパリまんが食べられるね!」

 

ライオンちゃん「そうだな」ニコ。

 

ヘラジカちゃん「うむ…!」

 

悟空「良かったな!」

 

一同「あははー」わきあいあい。

 

ワシミミズク「皆さんまだ終わっていません…!」

 

サーバルちゃん「え?」

 

悟空「む…!」

 

ヘラジカ「何故だ…プラントにいたセルリアンはもう…」

 

ライオン「あ! バラバラになったセルリアンのかけらが…」

 

かばんちゃん「一つに集まって行く…?」

 

博士「これは…合体…しているのか?」

 

悟空「ええー!? どうなってんだこりゃっ!?」

 

超巨大セルリアン(推定300m)「…」

 

悟空「く…」

 

サーバルちゃん「あ! ゴクーちゃん危ないっ!」

 

悟空「何っ!」

 

シュルシュル、ガシ!(いつの間にか地面から出てきたセルリアンの触手に捕まる)

 

悟空「うお!?」

 

サーバルちゃん「ゴクーちゃん!」

 

悟空ちゃん「な、なーにこの程度…」

 

ギリギリギリ…!

 

悟空「…! すげえ力だ…! く! ぐぐ」

 

ビルス「馬鹿が…油断しおって」イラ

 

ウィス「ですねぇ…」

 

サーバルちゃん「ゴクーちゃん」

 

ヘラジカちゃん「ゴクー殿!」

 

ライオンちゃん「だ、大丈夫か?」

 

悟空「う…く、ぐく…」

 

「…! はああああーーーーーっっっ!!!」バシューーーン(超1)

 

ブチ、バラバラバラ(拘束していた触手がちぎれる)

 

超巨大セルリアン「…!」

 

サーバルちゃん「…!」

 

「すごーーーーーーーーーーーーーーーいっ!!!」

 

「ぴかぴか、かっこーーーい!」

 

ライオンちゃん「な、何だあれ…」

 

ヘラジカ「か、かっこいい…///」

 

悟空「ちぃっとばっかし油断し過ぎちまったようだな…」

 

「でもそろそろ終わらせるとするか」

 

ガッ(カメハメ波の構え)

 

悟空「かーーーーー…」ぎゅぃぃ…!!(エネルギー集束)

 

サーバルちゃん「え? 何あれ!? おててが光っている!」

 

ライオンちゃん「ふええ…なんだかもうついて行けないよ…」

 

ヘラジカちゃん「か、かっこいい…///」

 

悟空「めぇーーー…はぁーーー…めぇーーーー…」

 

「はぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっっ!!!!!」

 

ドーーーーーーーーーーーーンっ!!!

 

サーバルちゃん「な、何か出た!」

 

ライオンちゃん「すご…」

 

ヘラジカちゃん「か、かっこいい…///」

 

超巨大セルリアン「…!」

 

ズドォオオオオオオオオーーーーーーーーーンッッ!!

 

バラバラバラ…。

 

サーバルちゃん「消えてなくちゃった…」

 

ライオンちゃん「何かなんでもありな気分になってきたよ私は、ははは…」

 

ヘラジカちゃん「しゅ、しゅごい…///」

 

悟空「ふう…これでどうだ…?」

 

シュルシュルシュルっ!(バラバラになったセリルリアンのカケラが戻って行く)

 

悟空「…! 何っ!」

 

超巨大セルリアン「…」ゴゴゴ。

 

サーバルちゃん「また元に戻っちゃった…;」

 

ライオン「これは一体…」

 

博士「おそらく合体したコアの一つ一つが他のコアを再生を含めたバックアッププログラムを記憶していて再生を可能にしているんだっ…!」

 

サーバルちゃん「つまりどういう事?」

 

博士「簡単に言えば合体したセルリアン全てのコアを一回の攻撃で全部破壊し尽さないと倒せないと言う事だ」

 

サーバルちゃん「えー! そんなのずるーい!」

 

悟空「何だかめんどくせえ話になってきた…まあようは全部消し飛ばしちゃえばいいんだろ?」

 

博士「さきほどの攻撃で消し飛ばす事は確かに簡単かも知れない、しかい地中にあるセルリアンの触手にコアが残っていたらその限りでは無い」

 

悟空「え…! 地中も!? それは困ったな…」

 

博士「…うむ、しかし地中も地上の体と繋がっているのだから、何かこう伝達するような攻撃があれば…」

 

悟空「うーんまいったな…ぶっ壊す技は一杯知ってるけど、そんな頭を使った攻撃おらしらねえぞ…」

 

サーバルちゃん「えー…じゃあ結局倒せないの…」

 

博士「うーむ…」

 

ビルス「全くこの程度の敵も倒す事が出来ないとはね。お前もまだまだだな」

 

悟空「ビルス様…?」

 

サーバルちゃん「ビルスちゃん…?」

 

博士「君なら倒せると言うのか…あのセルリアンを?」

 

ビルス「ふん…」フワ(超巨大セルリアンに向かっていく)

 

超巨大セルリアン「…!」ビシュシュシュシュ!(触手群攻)

 

ビルス「…」ピッ(デコピン)

 

バシュウウウウウ(消滅する触手)

 

超巨大セルリアン「…!」

 

サーバルちゃん「セルリアンのつたが消えたよ!」

 

博士「でもバックアップによる再生が…」

 

「…? 再生しない…? 何故?」

 

超巨大セルリアン「…!?」

 

ビルス「何を驚いているんだ? 再生する存在自体をこの世界から消してしまえば再生できないの当然だろう?」

 

悟空「どう言う事だ?」

 

ウィス「ビルス様はあのセルリアンの触手の存在をこの世界から無かった事にしてしまったんですよ」

 

「元々無かった物を再生する事は出来ないでしょう? そう言う事です」

 

悟空「いっ…! ビルス様ってそんな恐ろしい技も使えたんか…」

 

ウィス「悟空さんも破壊神になれば使えるようになりますよ? なってみます? 破壊神?」

 

悟空「…いや、おらはあんまりそう言う技は好きじゃねえからいいや」

 

ウィス「ほほ…そう言うと思いました」

 

サーバルちゃん「何だかよく分からないけどビルスちゃんすごーい!」

 

ビルス「全く…この僕にここまで時間を取らせるような真似をさせるとはね…」

 

超巨大セルリアン「…!!!!」ゴオオオ!(超巨大触手攻撃)

 

ビルス「本当に…」

 

「調子に乗るなよ…?」ギロ

 

超巨大セルリアン「…!」

 

ビルス「…破壊」

 

超巨大セルリアン「!?!?!?」

 

シュウウウウウウウウウウウウウ…(消滅する超巨大セルリアン)

 

博士「おお…」

 

サーバルちゃん「わー綺麗…ねーかばんちゃん!」

 

かばんちゃん「うん…そうだねサーバルちゃん」

 

ビルス「ふん…」

 

ライオンちゃん「凄い…巨大で厄介なセルリアンをあんな簡単に…」

 

「本当に凄いフレンズ…いや、ビルス…さま」ジー。

 

ヘラジカちゃん「…ビルスさま」ジー。

 

ワシミミズク「…ビルスさま」ジー。

 

博士「ビルスさま…」ジー。

 

ビルス「な、何だお前ら気持ち悪い…」

 

ウィス「ほほほ…」

 

****

 

ジャパリまんの山。

 

ビルス「おお…! ジャパリまんがこんなに沢山!」

 

「では早速頂くとするか…!」

 

「あむ…もぐもぐ」

 

サーバルちゃん「…美味しい?」覗き込み。

 

ビルス「…む;」

 

かばんちゃん「美味しく無いですか?」覗き込み。

 

ビルス「な、何だお前らうっとおしい…!」

 

サーバルちゃん「だってあんなに頑張ったのに美味しく無かったら悲しくなっちゃうよー!」

 

「…だから美味しい?」首かしげ。

 

ビルス「…!」

 

「ま、まあ…そうだな」

 

かばんちゃん「…」ゴクリ。

 

ビルス「ま、不味くは無いんじゃいかー? 美味いってほどじゃないが…今回及第点って所で破壊は勘弁してやる」プイ。

 

サーバル&かばん「わー…」

 

ビルス「か、勘違いするなよあくまで及第点だからなっ…!///」

 

サーバル&かばん「うん!」ニコ。

 

ビルス「ふん…」モグモグ…。

 

悟空「何言ってんだビルス様。これ滅茶苦茶うめえぞ?」

 

「この前ビルス様が滅茶苦茶喜んで食ってたカップラーメンよりうめえと思うぞ?」

 

サーバルちゃん「滅茶苦茶喜んでた?」

 

ビルス「わー! お前は余計な事を言うんじゃないっ! 破壊するぞ!」

 

悟空「ひぇ! じゃ、おらはこの辺で」シュン(瞬間移動)

 

ビルス「全くあいつは…全王様の格闘試合の件が無かったらとっくに破壊しているぞ…;」

 

ウィス「ほほほ…それにしてもこのジャパリまん…とってもデリシャスで美味しいですね~モグモグ」

 

サーバルちゃん「はいビルスちゃん、お代わり上げる!」

 

ビルス「ん? ああ…」

 

ライオンちゃん「ビルスさま、こっちもどうぞ」

 

ビルス「え? あ、ああ」

 

ヘラジカちゃん「ビルスさまこれも…」

 

ビルス「ちょ、ちょっと…;」

 

博士「ビルス様」

 

ワシミミズク「ビルス様」

 

かばんちゃん「ビルス様」

 

みんな「ビルス様、ビルス様、ビルス様…」

 

ビルス「だーーーっ! そんな一辺に食えるか―っ!」

 

ウィス「ほほほ…ビルス様大人気ですね」

 

ビルス「他人ごとみたいに言うんじゃないっ! 僕は破壊神なんだぞっ! 好かれる破壊神なんてあるかっ!」

 

ウィス「たまにはよろしいんじゃありませんかね?」

 

ビルス「おいウィス! …全く;」

 

**宇宙空間**

 

ビルス「あ~眠い、全く、無駄に時間をかけ過ぎちゃったよ」

 

ウィス「でもジャパリまんは美味しかったじゃないですか、それに見合うだけの成果はあったのでは?」

 

ビルス「まあそれはそうだけど…それ以上に苦労をし過ぎたって話だ」

 

ウィス「ではあのジャパリパークと言う星はやはり破壊するのですか?」

 

ビルス「いや…一応破壊はしないって言ったからね、僕は約束は守る主義なんだ」

 

ウィス「あらお優しいのですね。あのフレンズとか言う人間が気に入ったのですか?」

 

ビルス「は? はあ? 僕があいつら気に入るだって?」

 

ビルス「そんなわけあるわけないだろ! あいつらといっしょにいて、たのしー! とかぜんぜんおもってたりしてないんだからな!」

 

「すごーい! っていわれてもぜんぜんうれしくないんだからなっ!」

 

「ほんとうだぞ? ちっとも、すごーい! とか たのしー! とかぼくはおもってないんだからなっ!」

 

ウィス「ビルス様、IQが溶けてますよ?」

 

ビルス「あ…」

 

f:id:hosino1977:20170302071932j:plain

 

☆SSの元ネタ けものフレンズ ドラゴンボール超

話題のアニメけものフレンズの視聴を今からしたい人は、ドコモの動画サイト、dアニメストアで見れます!(*期間内

有料サイトの中で安くて放映中のアニメの種類が多く、新期アニメなど放映が終わってもしばらく見れる作品多数! お勧めです。

登録初回31日間無料 月額432円/年5184円

 

 ↓スマホタブレット用のアプリはこちら↓

dアニメストア どこでもアニメ動画が見放題(d anime store)
dアニメストア どこでもアニメ動画が見放題(d anime store)
無料
posted with アプリーチ

 

 

 

 

コミックスドラゴンボール超1巻 

 

けものフレンズ・オフィシャルガイドブックBD付き 

漫画ケモノフレンズ