読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勧め記事セレクション

このすばにダクネスのマゾ芸は必要であると改めて認識する。 最近のこの素晴らしい世界に祝福を!2の流れに感じるところ(ネタバレあり)

アニメ観賞日記

f:id:hosino1977:20170209125912j:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

 

皆さんこのすばっ! は楽しんでいますか? 私は毎週楽しく見ています。

 

さてそんなこの素晴らしい世界に祝福!2をですが、ダクネスが戻ってきた辺りから、話が急に面白くなったように感じました。

 

いや、今までの話がつまらなかった訳じゃ無いですし、めぐめんは可愛いし、新キャラのゆんゆんもいい感じで、さらに熾烈を極めた二人の痛い過去の晒しあいは素晴らしく面白かったですよね。

 

アクアのダンジョンでの神ネタも、ああなるほど、神だから成仏したいゾンビに集られるのかと、納得ネタにクスリと来ます。

 

しかしそれはほんのちょっとイマイチと言うか、面白みに欠けると言う事もちょっと感じてました。

 

つまらなくは無いんですけど…物足りないと言う感じでしょうか?

 

前期に感じた面白さを覆せないてないような~そんな感じです。

 

あくまでちょっとですけど。

 

このすば2は最初に見た時は、楽しみにしてた二期だったので、その昂揚感から見てて胸躍る物がありましたが、見ているうちに、面白い事は面白いけど、何かちょっと前期より面白みと言うか盛り上がりにかけるかも…と言うのが思考の片隅にありました。

 

何故そう思ったかは、きっと展開とノリに少しの飽きを感じていたからかも知れません。

 

まあこう言う、最初の話のインパクトで面白く感じる系の物語は、だいたいが、花火が夜空に花を咲かせて消えていくように、面白さを、最初のインパクトを超えるどころかその維持すらとても難しいと思います。

 

名前は言いませんが、私はいくつかそう言う作品を見てきており、このすばもそう言った系統の作品であるところは、少なからず感じるところあったので、とにかく二期は新キャラ出たのにも関わらず、良く言えばだけど安定した面白さで、良く言えばだけどまったりとした作品で、悪く言えばだけどイマイチ盛り上がりに欠けるアニメである事は否めませんでした。

 

だから面白いには面白いけど、ちょっと微妙な空気が中視聴を続けてきた感はあると思います。

 

しかしそんな風に感じていたこのすばですが、何故だかここ最近とても面白く感じられる。

 

それは一体何故か?

 

それは話にダクネスが戻ってきたからだと、個人的な話ですがそう思います。

 

ダクネスとは敵の手に落ちる(だいたいがいかがわしい意味で)くらいなら「くっ…殺せ!」と死を望む、2chの女騎士物のSSでは定番の設定を基軸に作った女騎士のキャラで、しかし実はその潔さは「重度のマゾ」だからであると言う、なるほどと、本能では納得してしまうけど、理性では、いやおかしいだろ…と思ってしまう設定を持った面白いキャラ。

さらにそれに合して、素晴らしいムチムチ具合と「みえ」を惜しみなく披露してくれているキャラでもあり、たぶんこのすばの中で、そちら方面のファンサービスがもっとも充実しているのもこのダクネスであると私は感じるところです。

アクアの履いてない、もまあ素敵なファンサービスである事は感じるところですけど、しかしダクネスのそれは明らかにレベル超えた悩ましさを感じるそれで、何というか視覚を通して確実な煽情感を心に染み込ませる、染み込んでくるような、そんな人間の思考(嗜好)レベルで知覚できる究極のエロ情報物体の塊みたいな生物で………。

 

まあ早い話が「みろ! まるでエロゲーに出てくる女のようだ!」

 

と言う感じなキャラで、面白さもエロさも非常にレベルが高い登場キャラクターなのです。

 

と、偉そうにダクネスの良さ? をつらつら長く語りましたが、実際はダクネスが戻ってくるまで、その彼女の素晴らしい魅力を忘れてました。

 

それが何故思い出せたかと言うと、やはり一話にしてダクネスがどっか行ってしまった事に尽きるでしょう。

 

一応カズマの冒険者メンバーとしてメインキャラを張り、そこにいるのが当たり前になっていたダクネスさんですが、いなくなった時はそこまで何も感じませんでしたが。

 

4話で、豪快に胸の谷間を曝け出している魔法少女の恰好して登場したり、カズマの責めに「ふひひ」と顔を純粋(ある意味)な少女のように赤らめるダクネスさんを見て、やっぱこの子必要だわ、と強く感じました。

 

失ってから初めて気づくみたいな感じでしょうか? とにかく私はダクネスカムバックしてくれた事で、このすばでダクネスと言うキャラの重要性を再確認したと言う感じです。

 

やはりこのすばには、ダクネスのこの素晴らしきマゾ芸は無くてはならないと言う、宇宙的な絶対の真理があると。

 

今現在最新話である、魔王軍幹部バニルとの戦いにおいて披露されたマゾ芸も素晴らしく面白かったし。

 

ダクネスはバニルに体を乗っ取られ、逆らうと激痛がなんだかで耐えられないハズって言うのが、マゾだから無効って、なんだそれって感じですよね。

これで似たような話で、真面目なファンタジー小説ロードス島戦記に、魔法を使うと激痛を感じるって誓約を持っているバグナードって魔法使いがいたけれども、彼は精神力で激痛に耐えながら魔法を使っていたらしいが、ダクネスのようにマゾだったらそんな苦労もしないで魔法を使えたのかと、昔見たその話とアニメの状況を照らし合して、超個人的な視点ですが、まあ、そんな感じに楽しめました。

 

まあ、そんな感じにダクネスはマゾだから、マゾの中のマゾ、マゾのキングオブキングスホセ・メンドーサだから、その所為でイマイチ精神支配出来なくて、バニルが喋ってるのに、ダクネスが横から割り込むのでバニルが「ってやかましいわ!」って面白い突っ込みが入れてしまうなど、ダクネスのマゾ芸があったから成し得た、この面白い状況は、まさにこの素晴らしきマゾ芸に祝福を! と言うところです。

 

しかしそれはダクネスのマゾ芸だけで、その面白さが成立している訳では無く、やはりカズマがいて、アクア、そしてめぐみんなど、いつものキャラがいるからこそ成り立っている面白さだとも感じます。

 

カズマがマゾれるお題をだし、さらにその状況をアクアやめぐみんなどを真顔で解説したりボケたりして、それがさらに面白さを引き立てて、ダクネスのマゾ芸を完成形にしているのです。

 

つまりその全てが合わさってこそのダクネスのマゾ芸なのです。

 

ゆえにダクネスのマゾ芸は面白い、でもそれは仲間がいたからこそ、だから誰もかけてはいけない。

 

そう、カズマ・アクア・めぐみん・ダクネスのこの4人のメンバー、この誰がかけてもこの面白さは出せないと、まとめるところです。

 

届けダクネスのマゾ芸銀河の果てまでも!(フロンティア風)

 

そんな感じに今期も楽しくなってきた「この素晴らしい世界に祝福を!2」次回もとっても楽しみなアニメですね。

 

それではまた次回。

 

この素晴らしい世界に祝福を! の見逃し視聴はドコモの動画サイト、dアニメストアで出来ます。(*期間内)

有料サイトの中で安くて放映中のアニメの種類が多く、放映が終わってもしばらく見れる動画サイトはココ! お勧めです。

登録初回31日間無料 月額432円/年5184円

 

スポンサードリンク