読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

鉄血のオルフェンズ、死んでもラフタに幸せになってもらいたいSS「ラフタの死の秘密」5話 死神くんクロスオーバー

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20170204184935j:plain

 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズで、悲しく死んでしまったラフタが報われる話にしたいSS第5話です。

 

死神に憑かれた昭弘を、身代わりで助けるために命を差し出そうとしているラフタ。

その続きの話からになります。

 

~1話から見る

www.s-kimamaniotalife.jp

 

5話

 

***マグナード邸前***

 

エーコ「マグナードさんまじで良い人だったね~」

 

ラフタ「うん、ダーリンも信頼を置いていた訳だよね」

 

(さてと…これで残されたタービンズのみんなはこれでもう大丈夫だよね)

 

(これで…いつ死んでも大丈夫…)

 

「ふう…」

 

アジー「…?」

 

ラフタ(ごめんねアジー、エーコ…あんたたちには色々と辛い事残して行っちゃうと思うけど)

 

(アタシはそれでも昭弘の事を…)

 

アジー「…なあラフタ?」

 

ラフタ「え?」

 

アジー「あんたは行ってもいいんだよ」

 

ラフタ「行くってどこへ?」

 

アジー「鉄華団にさ」

 

ラフタ「…は?」

 

「え? なんでそこで鉄華団の話が出るの?」

 

アジー「お前の気持ちはみんなが知ってる」

 

ラフタ「き、気持ちって…ほんとなんの…」

 

アジー「自分の気持ちに素直になっていいんだ」

 

ラフタ「え?」

 

アジー「姐さんもそれを望んでた」

 

「本当に愛せる男が出来たなら、一緒になって幸せなって欲しいって…」

 

ラフタ「姐さんが…」

 

アジー「鉄華団にはいるんだろう? その本当に愛せる男がさ…」

 

ラフタ「でもアタシ…」

 

(どうせもう死ぬのに…昭弘にそんな事を言えないよ…)

 

エーコ「まあ考えて見なよ」

 

ラフタ「え? う、うん」

 

アジー「じゃああたしらは先に帰ってるよ」

 

エーコ「じゃねー」

 

ラフタ「あ、アジー、エーコ…」

 

「…」

 

悪魔「あいつら何にも分かってないな…」

 

ラフタ「止めてよそう言う言い方」

 

悪魔「だってさ…」

 

ラフタ「止めてって!」

 

悪魔「うへ、分かったよ」

 

ラフタ「…」

 

悪魔「…」

 

ラフタ「ねえ?」

 

悪魔「何だよ?」

 

ラフタ「アタシ死ぬ前に昭弘に言った方が良いかな?」

 

悪魔「言うって何を」

 

ラフタ「馬鹿っ! 察しなさいよそれくれい!」

 

悪魔「…告白したいのか?」

 

ラフタ「…!」バキ!

 

悪魔「いたっ! 何だよお前が言えって言ったんだろ!?」

 

ラフタ「…で、どうなのよ?///」

 

悪魔「はあ? なんで悪魔の俺がそんな事を…」

 

ラフタ「むー…」

 

悪魔「わ、分かったよ、ど、どうせ死ぬんだ、想いくらい伝えた方が良いんじゃないのか?」

 

ラフタ「そ、そう? でも言ったら昭弘辛くならないかな?」

 

悪魔「そりゃ辛いだろ、まあ向こうが好きじゃなかったら、そんなでも無いかも知れないがな」

 

ラフタ「…!」バキ!

 

悪魔「いて! ちゃんと言ったのに何で殴るんだよ!」

 

ラフタ「ふん!」

 

悪魔「いてて」

 

ラフタ「…でも、そうよねやっぱり」

 

「昭弘がアタシの事そんな風に想ってくれてる訳ないよね…」

 

悪魔「知らないよ…そんな事;」

 

ラフタ「…」ギロ

 

悪魔「ひっ(殴られる)」

 

ラフタ「…」プイ。

 

悪魔「ん?」

 

ラフタ「アタシ…やっぱり昭弘に会いに行くの止める…」

 

悪魔「何でだよ…好きなんだろ?」

 

「最後に酒くらい一緒に飲めばいいじゃないか」

 

ラフタ「…」

 

悪魔「ん? どうした」

 

ラフタ「…がって」

 

悪魔「はあ?」

 

ラフタ「ねが…って」

 

悪魔「何?」

 

ラフタ「…じゃあアタシに願ってよ、昭弘と一緒にお酒を飲みなさいって!」

 

悪魔「え? えと…え? 何?;」

 

ラフタ「だから二つ目のお願いよ!」

 

悪魔「二つ目の願いって…」

 

ラフタ「アタシがあんたに叶えてあげる三つ願いの二つ目よ」

 

悪魔「あー…昨日のノリね」

 

「つまり…俺がお前に昭弘に酒を飲みに行けとお願いしろと?」

 

ラフタ「…///」コクン。

 

悪魔「何で…別に行きたいなら、自分の意思で行けばいいだろ、俺は止めない…」

 

ラフタ「良いから言って…!」

 

悪魔「ひっ!」

 

ラフタ「言ってっ!!!」

 

悪魔「分かったっ! 分かったよ…」

 

「お前はあの男と酒を飲みに行け」

 

「これ良いのか?」

 

ラフタ「それはお願い?」

 

悪魔「は?」

 

ラフタ「どうなの!?」

 

悪魔「お、お願いだよ、お願い!」

 

ラフタ「そう…じゃあ行くしかないわよね」

 

「私はあんたに三つ願いごとを叶えなきゃいけないんだから…うんしょうがない」

 

悪魔「ふぃ~…(XoX;)」

 

「全く、こんな事をやる意味がどこにあるんだよ…」

 

ラフタ「あったわよ…十分にね)

 

「…勇気よ」

 

悪魔「は? 何?」

 

ラフタ「何でも無い行ってくる!」

 

悪魔「あ、ああ」

 

「…」

 

(本当に変な女だなぁ…)

 

***バー***

 

ラフタ「へ、へー昭弘ってこんな店知ってたんだ」

 

昭弘「ああ、前に皆と一緒に来てな」

 

ラフタ(ふふ…普通に知ってたって言えば良いのに不器用なんだから…)

 

(まあ…そこが昭弘の良い所でもあるけどね…)

 

(それにしても昭弘に憑いている死神はどこに行ったのかしら…)キョロキョロ。

 

昭弘「? どうした?」

 

ラフタ「あ、いや何でもないわよ…!」

 

昭弘「?」

 

ラフタ(流石に気を使って、 席外してるのかな…)

 

(それより昭弘のやつ…死神に言われて、今自分がもうすぐ死ぬって思っているのよね…)

 

(まあ私が身代わりしちゃうから、大丈夫だけど、でも今昭弘はどんな気持ちなのかな?)

 

(やっぱり辛いのかな? うん辛いよね)

 

(死ぬ事が分かってて、辛くない人間なんていないよね…)

 

(それなのに、そんな事を微塵にも出さないで、アタシとお酒を飲んでくれてる)

 

(やっぱり…昭弘は凄いな)

 

「ふふ」

 

昭弘「どうした…何がおかしいんだ?」

 

ラフタ「え? あ、いや…なんでも」

 

昭弘「そうか…」

 

ラフタ「…」

 

昭弘「…」

 

「…その…大丈夫か?」

 

ラフタ「え?」

 

昭弘「いや、そのアニキと姐さんの事とか…」

 

ラフタ「あ、えっと…」

 

昭弘「…」

 

ラフタ「うん…何かすっぽりと無くなった感じ…かな」

 

昭弘「無くなった?」

 

ラフタ「うん、あたし子供の頃、違法船で何も知らずに働かされててさ」

 

昭弘「…」

 

ラフタ「そんなアタシをダーリンと姐さんが拾ってくれてね。色々教えてくれたんだ」

 

「自分に出来る事とか、人の温かさとか」

 

「家族とか…」

 

「二人はそんな私って人間を作ってくれた───心見たいな物だから、それがいなくなっちゃうとね…」

 

昭弘「…そうか」

 

昭弘「…俺も鉄華団に入ってから、自分がどう言う人間だったかって知る事が出来たから」

 

昭弘「その…それを教えてくれた奴がいなくなる事を想像すると…」

 

ラフタ「…」

 

昭弘「ま、まあ、元気出せ」

 

ラフタ「…何よそれ、慰めてるの?」

 

昭弘「あ、ああ」

 

ラフタ「…ぷ、もう少し言い様って物があるでしょ~あはは、あんたは相変わらず…」

 

昭弘「わ、笑うな…悪かったな」

 

ラフタ「ううん悪くないよ。ありがとう元気出た!」

 

昭弘「…///」

 

ラフタ「…いや昭弘は凄いね…」

 

昭弘「俺が凄い? 凄くなんかないぞ」

 

ラフタ「ううん凄いよ、だって昭弘は筋肉バカで暑苦しくてぶっきらぼう」

 

昭弘「おい…;」

 

ラフタ「一見そんな感じにとっつきにくいけど」

 

「でも本当は誰よりも周りを見てて責任感が強くて…そして誰よりも優しい…」

 

「そんなあんただからアタシ…」

 

昭弘「…」

 

ラフタ(…そんなあんただから死んじゃいけない)

 

(だってあたしはその優しさで…あの時助けられて今生きてるんだから)

 

(だから今度はアタシが守ってあげるよ…死神から)ニコ。

 

昭弘「う…///」

 

ラフタ「ん~~~~~」ノビ。

 

昭弘「ん?」

 

 ラフタ「さーて…じゃあそろそろ帰ろっか?」

 

昭弘「え? あ、ああ、分かった」

 

******

 

ラフタ「私はタービンズのみんなと残るよ」

 

「だから本当にさよならだね」

 

昭弘「…あ、ああそうだな」

 

ラフタ「…それじゃ、また」

 

昭弘「お、おう…」

 

ラフタ「じゃ…」

 

昭弘「…」

 

ラフタ「…」コツコツ。

 

昭弘「…あ、ま、待ってくれ!」

 

ラフタ「え?」クル。

 

昭弘「…俺はお前を尊敬する」

 

ラフタ「…!」

 

昭弘「筋を通し、大事な物をしっかり守る、お前のその真っ直ぐな生き方を」

 

「俺はお前のようにありたいと思っている」

 

ラフタ「…」

 

昭弘「だから…どんな事があってもお前は生きろよ」

 

ラフタ「昭弘…」

 

「ふ、ふふ…」

 

昭弘「…な、なんだ?///」

 

ラフタ「あ! そう言えば忘れてたぁ~!」

 

昭弘「? 何をだ?」 

 

ラフタ「それはね」

 

「ぎゅ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」ダキッ。

 

昭弘「! ! !」

 

「お、お前…///」

 

ラフタ「何よハグくらい挨拶見たいなもんじゃないの」

 

「照れちゃって可愛いの!」

 

昭弘「お、お前///」

 

ラフタ「ふふ、あんたもしっかり生きなさいよ! じゃあね!」

 

昭弘「あ、おい」

 

「たくっ…」ニヤ。

 

ラフタ「ふふ」

 

悪魔「おい、このまま別れて良いのか?」

 

ラフタ「ん? あんたか」

 

「いーよ、ハグする約束は果たしたし、もう思い残す事はないわ」

 

悪魔「ふーん、あれだけあの男と飲みに行くのを悩んだ割には欲が無い事だな」

 

ラフタ「はあ? 何言ってるのよ! ハグがこの世で最高に良い事なのよ」

 

「だってこんなに暖かいんだから!」

 

悪魔「そうか、まあ悪魔の俺には良く分からない事だな」

 

ラフタ「そうじゃあ教えてあげよっか?」

 

悪魔「え?」

 

ラフタ「アタシが叶えてあげる最後の願いでアンタをハグしてあげる! どう?」

 

悪魔「…いらないよ;」

 

ラフタ「何よ…失礼な奴ね」ギロ。

 

悪魔「ひっ!」

 

ラフタ「…ぷ」

 

悪魔「ん?;」

 

「何がおかしいんだ?」

 

ラフタ「べっつに~」

 

悪魔「…;」

 

(変な女だ…)

 

(…本当に)

 

ラフタ「…」

 

ラフタ(………昭弘バイバイ

 

続く

 

~次回

www.s-kimamaniotalife.jp