読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

40代から漫画・ラノベの編集者を目指すなら? とりあえずオタ系のブログやっとけ! と言う結論に行きつきました。

就活

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20170201183633j:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

 

離職してからはや二ヶ月ほどの時間が過ぎたでしょうか?

 

とりあえずまだ失業保険を貰える状況なので、次の就職先は、自分が好きな業界、漫画・ライトノベルの編集・校正の仕事に就けないかなと、そちらの方面に力を入れて就活している次第です。

 

そして今までの就活結果は残念ながら惨敗!

 

返事無しか、来てもお祈りメールしか来ません…(泣)

 

やはり年も40近くのおっさんなど誰も相手にしない、と言うのが現実なのかも知れませんね。

たぶん20代ならこんなバカでも雇ってくれそうな出版社の一つや二つくらいあったと思いますが、やはり40代で未経験ですとねー…。

 

頭悪くても、年下で熱意とやる気があるなら、可愛くて育てたいって感情の一つや二つ湧きあがるかも知れないけど、年行っちゃってるとねー…、うんキツイです、私もキツイと思う。

 

だって考えてください。

 

「熱意とやる気があるから可愛くて育てたい」そう職場の先輩が思えるのは、だいたい先輩がアラサーかもしくは後輩よりちょっと下くらいの年齢差で生まれる、宇宙真理的な事象、あるべき姿で形なんですよ。

 

アラフォーがアラサーに「先輩ここ分からないんですけど、どうしたらいいですか? テヘ!」って聞いて、アラサーが「そんな事も分からないのか、しょうがないな~(まあ熱意とやる気はあるし、こっちも頑張って教えてやるか!)」なんてなると思いますか?

 

なる訳ありません。

 

大抵アラサーの方が、年上なのにこんな事も出来ないのかとウザがるか、もしくは年上と言う事を必要以上に気にして話しづらくなるかの二つです。

 

だから熱意があるから仕事教えようかなと、そう先輩になる方が自然に思える人間関係的環境が確立するのは、基本的に後輩になるのが20代に限ると思うんですよね。

 

勿論世の中には様々な人間がいるので絶対ではありませんが。

 

しかしそれでも、年上が後輩になるのは嫌だと感じる人間は多いと思うので、そんな中で「馬鹿でもうすぐ40代ですけど、熱意とやる気だけはあります!」で雇ってくれる企業はあるだろうか?

 

答えはNO。

 

まあ、あくまで私の頭の中だけの想像だけど、でもそれは「容易に想像」出来る確率性の高い想像だ。

 

さて長くなりましたが、ここまでの話で、もしも私が漫画・ラノベ系の編集・出版の仕事に就職しようとするならば、どれだけ狭き門であるのかがたぶん理解出来たと思います。

 

まあ履歴書の内容にも問題があると思うのですが、それに合わせてそんな複雑な人間関係が絡んでくると、より難しいと言う事です。

 

それを踏まえた上で今回のお話は、そんな私が漫画・ラノベの編集者になるために何をすればいいのか?

 

それを考えた結果をご紹介しようと思います。

 

また、ここまで読んで「諦めればいいのに」と感じた人は多くいるでしょう。

 

ええ、分かってます…それは充分に分かっています。

 

でも、せっかく仕事を辞めたのだから新しい事をやりたい! 好きな仕事をやりたい! そう言う気持ちが、今私のこの胸の中に満ち溢れているのです。

 

その私の気持ちを、何卒ご理解頂きまして、平に平にお付き合い下さいませ。

 

漫画・ラノベ編集の編集を目指すなら、オタ系のブログのPV数を上げた良い?

さてそれでですが、40代のさして特筆する能力もない私が、漫画もしくはラノベの編集・校正の仕事に就くにはどうすればいいのか?

 

それにはとにかくまず面接までこじつけないといけません。

 

そしてこじつけるには、たぶん最初からWeb履歴書の見栄えがかなり良くないとダメだと思います。

 

ネット募集はこちらがエントリーしやすい分、あちらも切り捨てやすいですからね。

 

そんな環境の中で自分を拾い上げてもらうには、やはり判断基準になるWeb履歴書の内容を良くするしかありませんが…。

 

しかし40代では、学歴的にはこれ以上見栄えを良くする事は出来ません。

 

その上で何か書ける事を増やそうと思うなら、簿記か英検など、何か資格を取るしかありませんが、しかし漫画・ラノベの編集者に必要な資格はあるのか?

 

結構前の記事などでも言いましたが、これがネットで調べたところ無いんですよね。

編集・校正系の仕事で必要な資格って。

 

それでも一番近い物で、Webライティング検定と言うのがありましたが。

 

しかしこれは一級でも、ブログやってればだいたい分かる事ばかりなので、持ってればそれなりに信用になるかも知れないけど、やはり内容が簡単なだけに、それを取ったからって有利になるようには思えないんですよね。

 

それで検定費用が教材込みで3~4万は高い。

 

払えなくは無いけど、うーん、やはり高すぎなので断念しました。

 

と言う事で、何か資格を取って履歴書の見栄えを良くしようってのは、他に必要な資格が思いつかないので断念。

 

ではどうすればいいか?

 

私はとても悩みました。

 

───しかし。

 

しかしですよ?

 

何とその答えは、前の記事のブコメを見て気付かされました。

 

それははてなブログでお付き合いさせてもらっている、同じくはてなブロガーの「ワナベー」さんから頂いたお言葉でしたが。

www.wanabe.net

 

ワナベーさんの考えだと。

漫画(ラノベ)の編集者になるために何か資格が必要か? Webライティングの1級資格は取った方が良い? - 小説書きながら気ままにオタライフ

悩ましいですね。あまり認知されてない資格をとるより、クラウドソーシングでいくら稼いだとか、ブログでPV○万だとかの実績を履歴書に書いた方がいいかもと思いました。

2017/01/27 09:54

b.hatena.ne.jp

これは目からウロコが落ちました!

 

確かにアニメや漫画などのオタ系メディアのブログで、〇万PVなど、集客に成功している事が分かれば、それは業界において、かなり見栄えの良いスキルになりますものね!

 

さらに言えば、編集などの仕事は資格は必要ないけど、ただ編集しているジャンルの、新しい物や流行などを、敏感に感じ取れるセンスがあれば良いとも聞いていたので。

 

と言う事はオタ系のブログで人の集客が出来ていれば、漫画・ラノベの編集をする仕事に当たってセンスがある、向いていると言う、その事に繋がりますものね。

 

これは本当に気づかされました、ワナベーさんありがとうございます!

 

今現在のこのブログのPV数

まあと言う感じに。これからの漫画・ラノベの編集・校正の職場にまず面接に行くために、ブログのPV数を上げて履歴書に花を咲かせようと思った訳ですが。

 

そこで確認しなくてはいけないのは、今現在の私のブログのPV数ですが、前は10万ほど言ってましたが、今現在は7万ほどしか行っていません(汗)

 

最近はまったりと更新してたので、仕方が無い結果ですが、まあそれでも最近書いた「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ41話感想」が検索流入に乗って、一日で8000PV行った事と。

f:id:hosino1977:20170201180337p:plain

 

「さざなみ壊変」さんに「Rewriteの二期感想」の記事をピックアップしてもらえたりと。

sazanami.net

f:id:hosino1977:20170201180645p:plain

 

中々良い手応えが最近あったので、また頑張ればも少しPV数も上がるかも知れないので、この結果をポジティブに考えて、頑張って行きたいところですね…!

 

終わりとまとめ

と言う事で、これからの漫画・ラノベの編集校正の職場に就職出来るように頑張る事は、オタ系のブログでPV数アップさせる事に、力を入れる事に決めました。

 

最近ブコメもアニメ関連の方が良くつくしSEO的にも求められているような気がするので、丁度良いかも知れませんね!

 

なのでこれから少しまたブログ更新が頻繁になると思いますが、何卒これからよろしくお付き合いください…!

 

では今回の就活のお話はこんなところで、また次回の記事でお会いしましょう、それでは!