読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勧め記事セレクション

肩の骨折療養中に激太り!? これ以上太らないために、体に負担をかけない手軽に出来る運動を考える。

ダイエット

f:id:hosino1977:20170131124403j:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

 

肩の付近にあります上腕骨上部をヒビ骨折をしてから20日が過ぎたでしょうか?

 

当初動かすだけで痛かった患部も、だいぶ痛みが引いたので、順調に治って来てはいるかと思います。

 

しかしここでそれ以外の問題が…。

 

それは体重が急激に増えてしまったと言う事です…!

 

その数字は口にするのも恥ずかしいほど───。

 

かつて断食ダイエットで減らした数字はもはや見る影もありません(泣)

 

とは言え仕方が無い事ですよね。だってちゃんと食べないと骨折の治りだって遅くなるかと思いますし…。

 

が───。

 

しかしこれ以上太りたくない!

 

でもどれくらい食べるのを抑えればいいのか分からない!

 

と言う状態になり、そこで私は考えました。

 

いかに骨折の治りを阻害しない程度にご飯を食べ、そして食べても太らない。

 

その方法を───。

 

そしてそれで───、まあ、とても単純な考えですが、単純に摂取したカロリー以上に運動するしかないと。

 

そう、思いついたのですが。

 

しかし骨折しているので上半身にあまり負担のかからない運動を考えなくてはいけません。

 

つまり下半身の運動です。

 

さてこの下半身の運動ですが、肩の骨折に障らない程度に出来る運動は何か?

 

少しピックアップして考えてみました。

 

上半身に負担をかけない下半身の運動法

 

スクワット

上半身に負担がかからない運動と言えば? スクワットはたぶん誰もがパッと想像する下半身の運動法かと思います。

 

器具を使わない、どこでも出来るお手軽ダイエット法なのに効果も高い!

 

その事から多くのダイエットブロガーさんがやっている、もっともポピュラーなエクササイズですよね。

 

私も勿論これは思いついてやっており、長くやればやるほど体が熱くなり、効果ある事が実感できました。

 

───が。

 

屈伸運動だから当然なのですが、やっていると結構、膝に来ます。

 

なのであまりやり過ぎると、今度は膝を壊してしまうかも知れないので、それは注意。

やる場合は、しっかりとインターバル挟んで、休息させる事を忘れずに。

 

腿上げ(もも上げ)

次はこの腿上げです。

腿上げとは、結構知らない人もいるみたいなので、ご説明します。

簡単に言うと、足の腿を交互に腰の辺りまで上げる運動です。

 

私は高校の頃、野球部にいた時にやらされて覚えた運動法なのですが。

 

部活の時は、腿を上げられるまで上げて、しかも走るくらい素早く足を動かす感じにやってましたが、それをやるとさすがに肩の骨折に障るので、私の場合、痛まない程度にゆっくりペースでやる必要があります。

 

しかしそうでない人の場合は、ペースを早くしてやれば、ジョギングをしているような運動量を得られると思いますので、普通のダイエト法としてもお勧めですね。

 

つま先立ち

これは、つま先でずっと立つと言うダイエット法です。

バレリーナとか良くやっているエクササイズですよね。

また足に負担がかかるので、足がムキムキになってしまいそうなイメージがありますが、実は全然そんな事は無く、逆に適度な筋肉がついて、見栄えの良い細い足になるみたいです。

 

まあ、本当かどうかは私はバレリーナでは無いので分かりませんが。

 

しかし、これを基本でやっているバレリーナさんの細い足を思い浮かべれば、確かに! と納得出来る話でもありますよね。

 

踏み台昇降

段差を作り、上り下りする運動です。

小学校の時良くやりましたよね。

 

こちらもとても単純な運動ですが、やり続けるとスクワット以上に息切れしてくる運動なので、とてもお勧めです。

私の場合ベッドを段差に使ってやっているのですが、それだとテレビなど、何かを見ながら出来ないので、ちょっとAmazonで踏み台昇降の器具を買おうか悩んでいますw

 

こちらはとても値段が高いけど何が違うんだろう……? 

 

運動しないダイエット

次はオマケですが、運動しない、すなわち体を動かさないダイエットを考えてみました。

 

ダイエットなのに体を動かなさいと言うのは、ある種の矛盾を覚えますが…。

 

まあ、それはどんな物かと言うと、基本的に普段の生活習慣でこれを変えればダイエットになるかもと言う。

 

まあそんな感じの生活習慣ダイエットですね。

 

生活習慣と言えば、まあ、食べないのが一番なのですが、何度も言いますが骨折療養中なので、食べる以外で気を付ける事を考えなくてはいけません。

 

なので私はその中から、こんな感じの、運動しないダイエットを考えました。

 

ロングブレスダイット

以前他の記事でも紹介しましたが、長く息を吐き続けるダイエット法です。

 

息を吐き続けると自然に体が熱くなり、それだけでも効果を実感できますが、さらに息を吐くと体内の脂肪も微量に吐き出されるので、それを合わせるととても効果的な体を動かさないダイエットになるかと思います。

 

裸族になる

と言っても完全に裸になる訳じゃありませんが。

まあ、寒いと脂肪を燃焼しやすくなるみたいなので、寒い季節など、部屋では暖房をつけず、自分が我慢できるギリギリのレベルまでも薄着をすると言う感じです。

 

長風呂をする

湯船に体を半分付けて入浴すると「半身浴」と言うダイエット効果があるのは有名ですが。

 

それをやらなくても入浴する自体、血流の流れを良くし脂肪を燃焼させるダイエット効果があるので、なるべく長い時間湯船に浸かる事も、体を動かさないダイエットに最適な方法かと思われます。

 

終わりとまとめ 

以上上半身に負担をかけない、もしくは運動しないダイエットのまとめでしたが如何でしたでしょうか?

どれもお勧めですが、でもスクワットだけは、やり過ぎには注意です。

 

実は昨日から、体重の増加に焦って運動を始めた訳ですが。

 

まあ、映画など見ながらまったりやっていたのですが、その時は加減など考えず、回数は数えてませんが、30分くらいずっとやっていたので、いきなり300回くらいスクワットをやってたかも知れません(笑)

 

そしたら次の日案の定膝が痛くなっている、やばい! と言う状況になってしまいました(汗)

 

まあスクワットに限らず、骨折で安静にしているからやる事が無さすぎて、ついついやり過ぎてしまうと言う感じになってしまいます。本当にここは注意ですね。

 

なのでスクワット以外にも、腿上げ、つま先立ち、踏み台昇降を考えた訳ですね。

 

スクワット以外にも、これらの運動を使って、膝だけに負担をかけ過ぎず、運動を継続できる出来るようにしようと、まあ、そう言う試みです。

 

そしてその運動に、さらに運動しないダイエットも補助的に組み合わせれば、きっと高い効果のダイエット成果を得られるのでは? と感じています。

 

ちなみにスクワット30分、腿上げ30分ほど運動をやった次の日の体重は、一応0・4キロほど減ってました。

 

その時の状態にもよるかも知れませんが、一応成果があった! とポジティブに考えて、これからも運動を頑張っていけるモチベーションを維持していきたいところですね。

 

また最後にですが、皆さんも、今回ご紹介した中で、もしも知らない運動法などあったら、とてもお勧めなので、良かったら是非メニューに加えてみてくださいね!

 

では今回のダイエットのお話はこんなところで!

 

また次回の記事でお会いしましょう、それでは!

スポンサードリンク