読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勧め記事セレクション

最後の最後まで値下げできる事を言わない携帯会社の体制に疑問。

【実体験】 日記 コラム

f:id:hosino1977:20161223052659p:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

実は先日くらいに携帯をドコモからYahooモバイルに変えました。

理由はズバリ料金を安くしたいからです。

私のブログを見ている人なら分かると思いますが、つい最近仕事を辞めたばかりなので、あまり出費がかさむ事はしたく無いと言う理由から安い方に変えた訳ですが…。

でも料金プランを見直そうと思った時は、まだドコモから変える気は無かったんですよね。

なにせ16年間使ってきましたから。

他にもっと安くなる話があっても、やはり愛着と言う物がありますからね、なるべくなら使って行きたいじゃないですか?

だからその時は他の携帯会社に乗り換えるつもりは一切無かったのですが…そのドコモのSHOP店員、それとドコモのサポートセンターの対応があまりに酷かったので、乗り換える事を決意しました。

これはその時のお話です。

まず前置きからお話しますが、とりあえず私の月の携帯料金は8300円くらいだったんですよね。

私はこの料金はプランを変更すれば絶対安くなると思ってました。

と言うのもまずパケの定額制。

私は7ギガプランに入っていました。

いわゆる通信料7ギガまで使い放題の定額制のプランですね。まあそんな感じに7ギガのプランでやっていた訳ですが…。

実は最近あまり携帯でネットもやって無かったので、月の通信量が1ギガちょっと超えるくらいしか通信量行って無かったんですよ。

これで7ギガプランどう見ても無駄ですよね?

まずここで値下げ出来ると思ってました。

それともう一つ。

それは通話。

かけ放題プランに入ってたのですが長電話する事は無いし、連絡もほぼメールかLINEで事足りてたので、正直かけ放題じゃなくていいと思ったんですよね。

だからかけ放題も止めても平気だったので、それも止めれば値下げ出来ると思いました。

つまり定額パケの通信量の引き下げと電話かけ放題の廃止、この二つをやれば安くなると考えた訳でした。

しかしいざドコモショップの店員に聞いてみると────。

まず第一声がですね…。

ドコモSHOP店員と私の会話

私「料金高いのでプランの見直しで安く出来るか聞きに来たのですが…」

店員「高くないですよ…」←凄い嫌そうな顔と声で。

私(…高いと感じて来てるのに、何でいきなりそんな頭ごなしに否定するのかな…?)

 

と言う対応されて、まあ正直な話「なんだこいつ…」と言う感じで、そこでイラ&不信感がほんのちょっと募りましたね。

 

そしてその後の会話は…。

 

私「定額制のパケですが」

店員「はい」

私「毎月1ギガしか使ってないのに7ギガは多いと思うんですよね」

店員「はあ」

私「だから通信量引き下げて安くなるプランにして欲しいんですが」

店員「ありません」

私「は?」

 

と無いといきなり断言───しかし。

 

私「? いや通信量引き下げれば安く出来るでしょ?」

店員「出来ないです」

私「通信量を決めるサービスすらないの?」

店員「…」←凄い嫌そうな顔。

「…一応5ギガプランがありますが」

「お客様の契約は古いタイプの安い契約になっていますので」

「新しい5ギガのプランに変えると逆に高くなりますよ?」

 

とプランがあるのに何故か最初からちゃんと言わない。

それに何で通信量引き下げるのに高くなるのか?

古い契約がどうとか言ってたけど意味不明でした。

と言うか最初からちゃんと言わない時点で、この店員にはもはや不信感しかありません。

まあそれでも電話かけ放題廃止で安くならないか、そちらの方も一応聞いてみました。

 

私「………じゃあ電話もあまり使わないので、かけ放題止めて安く出来ませんか?」

店員「安くなりません」

私「…電話かけ放題止めたのに何で安く出来ないの」

店員「…」←また凄い嫌な顔

「一応安く出来るかも知れませんが、古い料金プランの方が安いのでやってもほぼ意味ないと思いますよ?」

 

とまた何かちゃんと言わない感じの態度。

とにかく古い料金ガー古い料金ガーばっか言い、人の話も聞く気ゼロな上に、何か誤魔化しているような感じがする店員に、もう不信感を超えてかなりイライラ。

なので私は───。

 

私「じゃあ安くするプランは絶対何も無いって事で良いんですね?」

店員「はい」

私「分かりました、じゃあ帰ります」

「ああ…その前に光回線はドコモ光を使っているですけど」

店員「はい」

私「ペア契約とかやってたのですが、携帯を他に変えてもドコモ光はそのまま使えますか?」

店員「それは携帯を他社に乗り換えるって事ですか?」

私「そうですね」

店員「それは大丈夫です」

私「分かりました。それじゃどうもさようなら」

店員「ありがとうございました」

 

と言う感じに他社に乗り換える事を匂わしても何も無かったので、ああさいですかと、ドコモを出て眼の前にあった今サービス期間中で安く使えるらしいYahooモバイルに突撃。

とまあそんな感じでYahooモバイルに乗り換えようと思い至った訳ですが。

SHOPで説明を聞いてびっくり!

何とYahooモバイルなら定額通信量を1ギガから選べて、しかも今なら一年間約千円引きのサービスがついて最低1980円から契約出来ると言った、融通の利かないドコモとは比べ物にならない格安プランが存在。

一年間限定ですが1ギガの定額制なら1980円で、スマホが使えちゃうんですよ?

しかも今契約するならと、スマホの代金も大幅割引とか言うサービスを付けてもらいました。

私が買ったスマホは51840円でしたが、割引で12960円+108円にしてもらえました。

4万近く値引きって凄すぎですよね…。

そんなYahooモバイルですが、色々なサービスを簡単にまとめるとこんな感じです。

 

定額3ギガ、通話10分のプランで基本料 4298円。

月のスマホ機械代 540円(備考:24回払い)

1年間割引サービス ー1080円。

 

月の料金計 3758円!

 

ドコモの料金8300円から考えたら半額近い値段になったのです…!

これはどう考えても乗り換えるしかありませんよね。

 

と言う事でさっそく乗り換え手続きをしたのですが…。

まあ乗り換えるとなると、ドコモに電話しないといけない訳で、そうなるとドコモは引き止めて来ますよね。

しかしその引き止めの時点になってから、まさかの、ええまさかの言葉がドコモのサポートセンターから飛び出ました。

それは───。

 

ドコモサポ「乗り換えを止めてくれるなら、料金をお安く出来るご提案があるのですが…」

 

との事。

もう、は? …その一言でしたね(汗)

だってドコモSHOPの店員が絶対安く出来ないって言ったのに、何今更になって言ってるんだと言う感じですよこっちは…。

 

だから私はこのサポートセンターにこう言いました。

 

私「…ドコモSHOPの店員は安くできるなんて一言も言わなかったけど?」

ドコモサポ「え?」

私「それなのに今更安く出来る方法があるとか言うなんて…もうあんたのところは何にも信用出来ないよ」

 

って感じに。

そう言うとドコモのサポートセンターはばつの悪そうな声で「そ、そうですか…」みたいな感じで言うと、その引き止めの提案は言わずにスムーズに処理をしてくれました。

 

いや~だって安く出来るのに、隠して言わないって本当に酷いですよね…。

そんなところが安く出来るからって言われても、また何を隠すか分かった物じゃないですし、そんな携帯会社を続投するなんてちょっとごめんですよね。

まあ最初の店員が独断でやった対応なのかも知れないですけど。

まあそれもドコモが指示してやっている事かも知れないですけどね。

と言うか携帯会社って今回乗り換えたYahooモバイルもそう見たいですけど、どの会社も安くできる事は基本隠す体質らしいですね…。

まあここで本題になる訳ですが、この隠す体質ってどうなんだろうと思います。

だって今回のドコモだって、ちゃんと安くできるプランを最初から言ってれば信用を無くす事も無かったし、私もそのままドコモで続投していた可能性はあった訳ですし。

それから考えると、隠した事で結局顧客を逃がしている訳ですから、それから考えれば最初から安く出来る事を伝えればいいのにって感じます。

まあ高い料金で騙して使わせ続けて、儲けられてるなら商売としては合っているので、きちんと説明責任を果たすのが絶対に正しいかどうかは分かりませんが…大手企業なら、安いプランがあるのに隠すようなグレーゾーンぽい接客をしないで、もう少しクリーンと言うかキチンとやって欲しいと感じるところがありますね。

最近大手企業が、そんな騙し討ちみたいな事をやっているのが増えている様な気がするので、余計にそう感じてしまいます。

今世の中厳しいから会社を守るために、そうやってでも儲けなきゃいけないのかも知れませんが…。

それでももう少しお客さんの立場に立って考える、そんな運営方針になって貰いたいなと感じるところです。

ともあれ皆さんもお気を付けを!

やつらは本当の事は言いませんから………。

 

とまあ今回の携帯を乗り換えたお話はこんなところで。

また次回の記事でお会いしましょう。それでは!

スポンサードリンク