読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勧め記事セレクション

オリジナルSS「敗戦魔王の戦後処理」を最終回まで書いた小説サイトの反応、話のまとめと今後の指針

執筆日記

f:id:hosino1977:20161021172433p:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

 

昨日の話ですが、二ヶ月半くらいかけて書き続けてました、オリジナルSS小説の敗戦魔王の戦後処理がようやくエピローグまで書き終わる事が出来ました。

ここまで続けられたのは、ひとえに少しでも読んで下さった皆々様方のおかげです。

ありがとうございました。

そしてこちらがその小説になります。

良かったらお好きなサイトで読んで下さいませ!

カクヨム

第1話 魔王「平和な魔界を作りたいです」 - 敗戦魔王の戦後処理(てんたま) - カクヨム

・小説家になろう

敗戦魔王の戦後処理 - プロローグ 魔王「平和な魔界を作りたいです」

 

小説サイトの最終的反応

さてそんな「敗戦魔王の戦後処理」

小説家になろうとカクヨムで投稿し続けてきたまとめと、そして書いてきた話を振り返って反省点を考えてみたいと思います。

とりあえず小説サイトに載せ続けた反応ですが。

まず小説家になろうがこちら。

f:id:hosino1977:20161123013701p:plain

f:id:hosino1977:20161123014043p:plain

最終回を投稿して三時間後ぐらいの最終PV数と評価はこんな感じでした。

PV数の総合計は15505、ブクマ数31件、評価4人、感想2人、総合評価102pt。

他の人はもっと高い数字なんでしょうけど、ぱっと出でいきなり書き出したSSなら、中々いい数字なのかな? と個人的に感じてたりしてます。

読んでくれた方々や評価をくれた方々ありがとうございました。

ちなみに感想は一方は読みにくいと言うクレームと、もう一方は面白いと言う感想でした。

感想頂けるなんてありがたいですね。

また最終回載せるとドカっとPV数が上がるんですね。

一日で761PVとか初めてかも知れません。

やっぱり最終回載せると、最後まで見れるから見ようかな? って人が増えるんでしょうかね?

ともあれ小説家になろうの最終回まで載せた反応はこんな感じでした。

 

次にカクヨムですが。

最終回を載せた時の反応はこのようになりました。

f:id:hosino1977:20161123015246p:plain

こちらは相変わらず最後までぱっとしない感じでした。

まあしょうがない。

また次回作を載せて次に反応に期待しましょう、合掌。

以上小説サイトに最後まで書いた読者の反応でした。

敗戦魔王の戦後処理の書いてきた話を振り返って 

何か最後はSFチックな話にして無理やり終わらせてしまった感じでしたが、当初はSFネタは入れるつもりは無く、最後までファンタジーでやるつもりでしたが、何かそのままファンタジー一直線でやっても面白みに欠けるかなと思って、ついついSFネタを入れてしまいました、ごめんなさい!

また敗戦魔王の戦後処理は、最初は本当に敗戦した国の直後の話でやろうと思いましたが、最後の方は本当に話の方向性が変わってしまった感が強くて本当に反省でした。

今思えば魔王を簡単にチートにしないで、本当に弱い魔王が強欲な女勇者や王国のやつらに無理難題言われてそれを力だけじゃなくて、自分が出来る事を知恵を使って攻略していく話の方が良かったかなーと思いますが、まあ毎日書き続け何とか最終回までかけたと言う事で、これは頑張ったと言う事で良しとしましょう!

でももしもまた新たに書き直すなら今度はダイジェスト版で書いてみたいなと思います。

その時は、もっと魔族が敗戦したらどうなるか? と言うテーマを重視して書きたいですね。

そうテーマはブレちゃいけませんよね。

実は敗戦魔王、書けば書くほどブレて来てるのがひしひしと感じていたので、そこはかなり反省点でした。

なので新しい作品を書くにも敗戦魔王の戦後処理のダイジェスト版を書くにも、今度こそテーマはブレないように書きたいと思います。

終わりとまとめ

内容的には自分でもレベルの低い駄文だなと感じてましたが、そんな作品でも最後まで見てくれた方々はありがとうございました。

何か毎日書かないといけないプレッシャーがかかって、適当って訳じゃないけど、さっと話をまとめてぱぱっと書いていたのがいけなかったのかも知れません。

次書くときはもっと文を練り込んで書いた方がいいなと感じました。

やっぱり今回は上手くかけたなって思えた時の方が、評価やブクマを貰える事が多かったような気がするので、たぶんそんな感じなのでしょう。

なのでちょっとSSは止めて簡潔ラノベ、いわゆるダイジェスト版を多めにやって行こうかなと考えてます。

SS小説は、見てくれる人が多かったりセリフ回しを書くのが上手くなるのは良いけど、セリフばっか書いてるとそれに偏って状況表現の文とかセリフ以外の文がだんだん書けなくなってくるので、それが本当にやばいです。

と言う事でSS小説は全く書かないと言う訳ではありませんが、少し控える方針でやって行こうかなと考えています。

また次書く話ですが、異能力物か異世界転生物またはライフワーク的な話のどれかを書きたいなと思っているので、また書いたら良かったら見てください!

と言うところで、敗戦魔王の戦後処理を最終回まで書いた感想の話はここで終わりにしようと思います!

また次回の記事でお会いしましょう、それでは!

スポンサードリンク