読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 63話 魔王「お節介します!」

執筆日記 敗戦魔王の戦後処理

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20161021172433p:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

オリジナル連続SS小説「敗戦魔王の戦後処理」第63話書きました。

 

話の内容は、勇者によって魔王を倒された、その後の魔族のお話をクローズアップして書いています。

 

今回63話あらすじ

女勇者が仲が良かった魔族子供♀を傷つけてしまった事を気にして出てってしまった。
法王に平和記念式典の演説をしてもらうには、神官妹の話では勇者が必要らしく、その点からも困った事態になっている。
とにかく女勇者をここに来させるには、魔族子供♀と仲直りさせるしかないのだが一体どうすればいいのか?
魔王はその事に頭を悩ましていた。

 

登場キャラ 

 

魔王
前魔王の息子で、人間の国の要請で新しい魔王に就任した。
前魔王と違って花や動物を愛する優しさと高圧的な者には強く出れない気弱い性格。
年齢も人間換算で15歳。
そして魔王の系譜らしくとてつもない魔力の持ち主だが、その力を恐れた前魔王に自分は弱いと洗脳されている。
後妹がいる。

 

女勇者
口も性格も悪い外道勇者。
気は強いが逆境に弱く、泣いてしまう事もある。
また火に対し強いトラウマを持っている。理由は不明。
見た目は胸は小さく金髪ツインテール

 

神官妹
聖職者だが計算高く、自分が助かるためなら平気で仲間を見殺しにする汚い性格をしている。
また性癖が年上思考で、大臣を愛している。
元勇者のパーティーで僧侶をやっていた時期もある。

 

神官姉
神官妹の姉。
喋る事が不得意で話す言葉が訥々になりがちになる。
そんな風だから引っ込み思案に見えるが意外に自分の意志を通す。
性癖は年下思考で子供が好き。
その事から見た目が子供な魔王が好き。
後ちょっとMっ気もあるかも知れない。

 

魔法使い
エルフで魔王軍に娘を殺された事から、その恨みを晴らす為魔法使いになった。
性格は真面目で固い印象があるが、子供を慈しむような優しい一面もある。
女勇者とは魔王討伐の為パーティーを組んでいた時期もあったが、女勇者の心無い言葉を言われ現在はとても嫌っている。

 

・魔族の子供たち

 

魔族子供♀
魔族の少女、少し控えめだが仲間思いの優しい子

 

魔族子供1
ヤンチャな性格で、すぐに無茶な行動するトラブルメーカー。

 

魔族子供2・3
魔族子供1の子分のような存在

 

魔族っ子幼
魔族の幼女。
戦魔将軍を父と呼んでいた戦災孤児
何事も疑いなく信じてしまう無邪気な性格、後まだ喋るのになれていない。

 

呪族の幼女
魔族とは違い、呪いの力を使う一族の生き残りで元その女王。
前の戦いで覚醒魔王に力を根こそぎ奪われ封印されてしまい、幼女の姿になってしまう。
幼女になった当初は喋るのに慣れず舌足らずだったが、だんだん慣れてきている。
わらわなど、昔の日本のお姫様のいような喋り方をし、その喋り方通り高飛車な性格をしており、さらに呪いの一族らしく恨みがましく陰湿な性格もしている。
また性癖が同性愛者な事から若い女が好きで、見てくれが美しい女勇者が好き。

 

参謀
前魔王の片腕だった魔族。
魔王を復活させて今の状態を作ってしまった張本人。
行動では魔王につき従っているフリをしているが、内心では魔王を利用して魔界の再建を狙っている。
そのように表の態度とは裏腹にいつも何か隠している感じの油断のならない性格をしている。

 

商人
姫の専属アドバイザーとして仕えている商人。
姫に頼まれ魔王をおとしめる為にやってきた。
口が上手く、人の心をつかむのが上手いが、その反面いつも何か隠しているようにも見える胡散臭い人物。

 


王国の姫。
常に上から目線で物を言う高飛車で傲慢な性格しており、利権など金になる物や自分が面白いと感じた物に目が無い。
今回も魔界の利権を狙ってやってきた。

 

メイド
大臣たちが魔界視察に来た時についてきたメイド。
いつの間にか魔王城に住み込み生活をしている。
メイドらしく引っ込み思案な気弱な性格。
また女勇者に拾われてメイドになったらしい。
その過去には何か色々ある様子

 

戦魔将軍
元旧魔王軍の七魔将軍の一人。
戦魔名前のごとく力で全ての物事を解決しようとする戦士系タイプの魔族。
ミノタウロスがさらにマッチョになったような容姿をしており、正々堂々をモットーとする豪快で武人のような性格をしている。
ただ認めた主にないがしろにされるのは苦手で、よく魔王の言葉に素でショックを受けていたりする
また語尾にござるを付ける。

 

戦魔副長
戦魔将軍の右腕的存在で、柔らかい考えに冷静に場を見れる事から、頭の悪い戦魔将軍の代わりに色々考えてくれたりする。
性格も平和主義者と言うほどでもないが、むやみに喧嘩をして敵を作る事は良しとはしない性格。

 

妖魔将軍
魔王軍七魔将軍の一人で、戦魔将軍の弟。
家族が泣き叫ぶ顔見ながらその家族を食い殺す、魔族でも嫌悪するヘルムシュヴァイセンと言う料理を好んだり、そんな残虐な事を好む救いようない外道魔族。
戦中に女勇者によって拷問されて殺されたと言うが…?

 

・一話から 

オリジナルSS小説 敗戦魔王の戦後処理 第一話プロローグ 魔王「平和な魔界が作りたいです」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

63話冒頭

神官妹「え!? 女勇者が魔族の子供を切って逃げちゃったっですって…!?」
魔王「ええまあ…」
神官妹「そ、それは…参ったわね…」
魔王「はい…それでこの問題を解決出来ないか、神官妹さんにご相談したかったのですが…」
魔王「何か魔族子供♀さんと仲直り出来る方法無いでしょうか?」
神官妹「確かに魔族子供♀と気不味くなってこの場所に来れなくなっているなら…それは何とかしないといけませんよね」
魔王「はい」
戦魔将軍「魔王様…! 何とかなどと…そんな生ぬるい事でこの件は済ましてはいけませんぞ!」
戦魔将軍「敵対する種族とは言え子供に手をかけるなど…勇者の風上にもおけんやつ…!」
戦魔将軍「厳しい対応お願いするでござる!」
魔王「分かってます…しかし今はそれは置いといて…とにかく今は勇者さんに戻ってきて会話の場に立ってもらわねば話が進みません」
魔王「だからまずはそこから始めましょう…」
戦魔将軍「左様で御座いますか…むうう…まあ分かりました」
魔王「さて…どうやったら勇者さんは素直にここに来てくれるか…」
神官妹「ですわね…結構頑固なところがあるから、一度そうなると私でも三ヶ月くらい口を聞いてくれなくなることもありますからねー」
神官妹「それにしても…」
魔王「?」
神官妹「まさか女勇者にそんな過去があったとはね…うーんそれはひねくれますね…」
魔王「ひねくれるって…;」
魔法使い「全く馬鹿な奴だな…魔族が憎いなら憎いと、素直になれば良いのに変なところでこだわっているからややこしい話になるんだ」
魔法使い「まあ…裏切られた奴らのために魔族と戦ってるとは思いたくなかったと言うのは分かるがな…」
魔法使い「家族が殺されても、私とは全く真逆の状況だったと言う訳か…」
魔法使い「…ふん、そうならそうと早く言えば良いものを…だからあいつはクズなのだ」
魔法使い「本当に早く言えば良いもの…ふん///」
魔王「魔法使いさん…」
神官妹「まあ…それはそれとして、女勇者が今まで火を嫌ってたのは…得心いきましたわ」
神官妹「なるほど…妹を焼き殺された光景を見せつけられてかたから…そんな恐ろしい事を思い出したくなくて、嫌だったのですね」
呪族の幼女「なるほどそんな訳があったのか…」
一同「!」
神官妹「あなたいつの間に…」
神官妹「と言うか喋るの上手くなりましたね」
呪族の幼女「当たり前じゃ…、急にこのような姿にされたから、慣れてなかっただけじゃからな」
呪族の幼女「本当の幼女と違って、これでも三千年生きてるのだから、お前らより言葉は知っておるわ!」
呪族の幼女「それより女勇者が火に弱い訳がわかってわらわもスッキリしたぞ」
呪族の幼女「あの時は、可愛い女勇者を責めるだけで聞いていたからそんなには興味が無かったが…」
呪族の幼女「いざ聞けない状況になると…気になって気になってしょうがなかったからの」
呪族の幼女「じゃから今はとてもスッキリした気分じゃ…誉めてつかわすぞお前ら」
神官妹「偉そうなガキね…」
呪族の幼女「…お前のような性格ブスは好みじゃ無いから、口の聞き方に気を付けんと、元に戻った時呪い殺すぞ」
神官妹「何よ女勇者だってかなり性格悪いじゃない!」
呪族の幼女「いいや女勇者はお前より全然綺麗な心しておる」
神官妹「ふーん」ピキピキ。
神官妹「あらそう!」スパーン!
呪族の幼女「ぎゃ!」
神官妹「心がっ! 汚くて! すみませんねっ!」スパーン! スパーン! スパーン!
呪族の幼女「いちゃ…いちゃいっ! いちゃいっっっ!!」
神官姉「言葉遣い…戻った…」
魔王「は、はは…た、大変ですね」
呪族の幼女「おのれが力を奪ったせいじゃろがっっっ!!」シュバ!
魔王「僕の髪ーっ!?」
神官妹(固くても髪は切れるんだ…)
呪族の幼女「ふん…これだから男は…今度ふざけた事言ったら坊主にするからなっ!」
魔王「よ、よく分かりませんが分かりました。気を付けます」
魔王(ひいい…呪族の王女さん(子供)怖いよ…)
魔王「え、えーと…それで何の話をしてたんでしたっけ」
神官姉「勇者が…火に…弱かった…理由」
魔王「そ、そうでしたね。勇者さんは妹を焼き殺された光景を見て辛くなると…」
魔王「…?」
魔王(あれ…何か…おかしく無いか?)
魔王「…!」
魔王「あ、あの皆さん! 皆さん女勇者さんを会話の場に出てきて貰える方法を思い付いたのですが!」
一同「…!」
神官妹「そ、それはどういう…?」
魔王「はい…実は」
魔族子供♀「…」コソ。
魔族子供♀(私のせいで大変な事になっちゃった…)
魔族子供♀(私のせいだ。私があの時、間に入らなければ…)
魔族子供♀(だから私が何とかしなきゃ…)ヨロヨロ。
魔族子供♀(っ痛…!)
魔族子供♀「…はあはあ」
魔族子供♀「…!」キッ!
魔族子供♀「…私が…何とか」ヨロヨロ。

 

以下の続きは小説サイトで読めます。

面白く感じたらこちらで読んで頂けるとありがたいです。

 

カクヨム

第63話 魔王「お節介します!」 - 敗戦魔王の戦後処理(てんたま) - カクヨム

 

・小説家になろう

敗戦魔王の戦後処理 - 62話 魔王「お節介します!」

スポンサードリンク

 

・次回64話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 64話 魔王「山の中で巨大な焚火?」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

・前回62話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 62話 魔王「法王様?」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・こちらもどうぞ!

ブログ内オリジナル&二次創作小説index

オリジナル小説INDEXページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

二次小説 indexページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

市場