読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

【アニメ感想】2016秋アニメ「タイガーマスクW」4話感想 予告通り血まみれな回だった。

アニメ観賞日記

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20161029124946p:plain

©梶原一騎辻なおき講談社テレビ朝日東映アニメーション

こんにちわどうも、てんたまです。

 

2016秋アニメ「タイガーマスクW」4話を視聴しましたので、その感想をご紹介しようと思います。

 

前回虎の穴最強のレスラー、レッドデスマスクを刺客に差し向けると言うミスXの言葉に迎え撃つべく、ナオトはタイガーマスクになるための特訓をした伊達直人の秘密の特訓所で再び己を鍛え直し、対レッドデスマスクに戦に備えていた。

前回3話感想

tentama315.hatenablog.com

 

そんな中ついに来日したレッドデスマスク

特訓の成果で今度も難なく倒せることが出来るのか?

そこが注目の第4話、一体どんな物語を展開させてくれるのか? 非常に楽しみですね。

 

タイガーマスクW 4話感想

 

あらすじ

ついにリングの上に現れた虎の穴最強を冠するレスラーレッドデスマスク

タイガーマスクを倒すために送りこまれた刺客であったが、新日プロレスが主導している試合なため、まず手始めに前哨戦として、ブラックパイソンの時タイガーとタッグを組んだ若松がレッドデスマスクと戦う事になるのだが…。

f:id:hosino1977:20161029125032p:plain

 

4話のポイント

 

若松完全敗北

新日プロレスが試合を盛り上げるため、今度も前哨戦をやりますが、前回ブラックパイソンとタッグ戦の前哨戦を組んだら、そのタッグマッチでブラックパイソンが沈むと言う予想外な事が起きてしまったので、同じ轍を踏まないためにか今度の前哨戦は若松一人でレッドデスマスクシングルマッチで戦わせましたが。

若松は俺はやられるつもりはありません的な、やられフラグな発言をした通り、全くレッドデスマスクの相手にもならず完全敗北。

これは試合が始まる前から分かる展開でしたね(笑)

ともあれ顔片手で握っただけで、流血させる位握力があるアイアンクローって凄い握力ですね。

作品違いますが刃牙の花山さんを思い出してしまいます(笑)

f:id:hosino1977:20161029125115p:plain

 

タクマが前座扱いに不満

虎の穴でタイガー・ザ・ダークと言う栄誉ある名前とマスクを手に入れたはずのタクマでしたが、出される試合はタイガーマスクとレッドデスマスクの前座の試合。

イエローデビルを倒す為、虎の穴に入って鍛えそして組織にも認められたのに、いざ表舞台に出てきて組まされる試合は誰も興味が無い試合ばかり。

タイガーマスクが現れなければ、それなりの試合を組ませてもらっていたハズなのに。

そのタイガーマスクの正体がかつての親友とは露知らないでしょうが…。

そんなタクマがタイガーマスクに思う物は怒り? 嫉妬? 如何なる感情を抱いているのか?

そしてタイガーマスクの正体がナオトと分かった時タクマはどうするのか?

f:id:hosino1977:20161029125150p:plain

 

レッドデスマスク…意外と脆かった

ついに始まったレッドデスマスクとタイガーの試合でしたが、レッドデスマスクが会場のライトを消して、タイガーにまさかの闇討ち!

f:id:hosino1977:20161029125208p:plain

その最初のダメージの所為で、レッドデスマスクが優位に試合を進め、またあのアイアンクローでタイガーをマスク越しから流血させてしまいます。

その上アイアンクローをしたまま叩きつけると言う大技まで食らってしまい、完全にボロボロになってしまったタイガーマスクで、これはまさか負けてしまうのか? と思われましたが。

f:id:hosino1977:20161029125223p:plain

後半想いを力変えたに的な展開になり、一旦レッドデスマスクの攻撃を切り返すと、その後は一気に逆転ムードになりそのまま勝利!

凄い流血したけど、反撃に移ったら意外とあっさりマットに沈んだと言う感じの試合結果でしたね。

f:id:hosino1977:20161029125336p:plain

f:id:hosino1977:20161029125345p:plain

 

終りとまとめ

先週から引き延ばされたレッドデスマスク戦でしたが、若松の試合など、若松にいくら打たせても動じないパフォーマンスを見せて強い(若松が弱いだけ?)と思わせたレッドデスマスクとの戦いでしたが。

いきなり闇討ちの反則をやったりし、この時点で小物臭を凄い感じましたが、それでも試合は若松同様タイガーを流血まで追い込み窮地に追い込んだ感じを見せました。

その後タイガーが気合で立ち上がり、反撃にちょっと移ったらもう冷や汗流して、あっという間にやられ雰囲気にシフトチェンジしてしまい、そのまま倒されてしまったと言った感じのレッドデスマスクでしたが。

流血とか、さらに隠していた必殺技とかまともに食らって、今回は確かにピンチでしたけど、反撃に移ったらここまであっさり倒されてしまう、ちょっと意外な試合結果でしたよね。

あれ? 虎の穴最強レスラーじゃなかったの? と思う顛末でしたが、でもまだミスXがニヤリと笑っていたので、やっぱりまだまだ虎の穴には、レッドデスマスクを超える選手がいるのかと、感じさせる今回4話のラストでしたね。

ミスXがレッドデスマスクを倒されても不敵に笑う理由は?

f:id:hosino1977:20161029125507p:plain

まだ次の選手は何を呼ぶか宣誓してないし、一体第5話はどんな展開になり、そしてどんな新たな刺客が現れ、そしてそしてそれを新日プロレスどんな感じに面白おかしく試合組んでくれるのか…次回の話もそこら辺が大変楽しみですね!

 

と言う所で2016秋アニメ「タイガーマスクW」4話の感想の話はここで終わりにしたいと思います。

 

また次回の記事でお会いしましょう。それでは!

オフィシャルサイト&関連商品紹介

 

www.toei-anim.co.jp

↑↑公式サイトをブックマークしてタイガーマスクWを盛り上げましょー!↑↑

(リンク内赤文字のusersをクリックすると公式ブクマページに飛びます)