読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 49話 魔王「魔族子供1が脱獄?」

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20161021172433p:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

オリジナル連続SS小説「敗戦魔王の戦後処理」第49話書きました。

 

話の内容は、勇者によって魔王を倒された、その後の魔族のお話をクローズアップして書いています。

 

今回49話あらすじ

魔法使いの授業は10年間眠っていた魔王にはとても興味深い物だった。
そんな授業も終わり、エルフの村での一日が終わろうとした時、魔法使いに不満を持っていた魔族子供1が不穏な行動を取ろうとしていた…。

 

 

登場キャラ

 

魔王
前魔王の息子で、人間の国の要請で新しい魔王に就任した。
前魔王と違って花や動物を愛する優しさと高圧的な者には強く出れない気弱い性格。
年齢も人間換算で15歳。
そして魔王の系譜らしくとてつもない魔力の持ち主だが、その力を恐れた前魔王に自分は弱いと洗脳されている。
後妹がいる。

 

女勇者
口も性格も悪い外道勇者。
気は強いが逆境に弱く、泣いてしまう事もある。
また火に対し強いトラウマを持っている。理由は不明。
見た目は胸は小さく金髪ツインテール

 

神官妹
聖職者だが計算高く、自分が助かるためなら平気で仲間を見殺しにする汚い性格をしている。
また性癖が年上思考で、大臣を愛している。
元勇者のパーティーで僧侶をやっていた時期もある。

神官姉
神官妹の姉。
喋る事が不得意で話す言葉が訥々になりがちになる。
そんな風だから引っ込み思案に見えるが意外に自分の意志を通す。
性癖は年下思考で子供が好き。
その事から見た目が子供な魔王が好き。
後ちょっとMっ気もあるかも知れない。

 

魔法使い
エルフで魔王軍に娘を殺された事から、その恨みを晴らす為魔法使いになった。
性格は真面目で固い印象があるが、子供を慈しむような優しい一面もある。
女勇者とは魔王討伐の為パーティーを組んでいた時期もあったが、女勇者の心無い言葉を言われ現在はとても嫌っている。

 

・魔族の子供たち

魔族子供♀
魔族の少女、少し控えめだが仲間思いの優しい子

魔族子供1
ヤンチャな性格で、すぐに無茶な行動するトラブルメーカー。

魔族子供2・3
魔族子供1の子分のような存在

魔族っ子幼
魔族の幼女。
戦魔将軍を父と呼んでいた戦災孤児
何事も疑いなく信じてしまう無邪気な性格、後まだ喋るのになれていない。

 

分かりやすい魔王x勇者物とSS形式の小説、そして3000文字程度の短い文章でまとめた、大変お気軽に見れる物となっていますので、興味が惹かれましたら、良かったら読んでみてくださいませ~。

 

 

・一話から 

オリジナルSS小説 敗戦魔王の戦後処理 第一話プロローグ 魔王「平和な魔界が作りたいです」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

49話冒頭

魔法使い「…ふう」
エルフ兵士『何をしたって魔族! こんな事をやっても身無意味です!』
魔法使い「…」
魔法使い(厳しい批判を受けてしまったな…)
魔法使い(いや…あいつは…いやこの村の者は、言葉使いはだけは敬う感じのそれだが)
魔法使い(本音では私を疎ましく思っているのだ…)
魔法使い(…それもそのはずか…エルフは本来精霊術を使うもの…)
魔法使い(それを捨て、創造神に教えられたとは言え、人の魔法を使う魔法使いになってしまったのだからな…)
魔法使い(本来ならそんな事をしただけで追放者になって然りだが…)
魔法使い(それでも私がこの村で顔役になれるのは、ただ単に私が魔王倒した勇者のパーティーの一員だったからだろう…)
魔法使い(エルフに取って憎き魔王を倒してきたからであろう)
魔法使い(それにこの村は元私の村とは言え)
魔法使い(今のここは…戦中魔族に襲われて生き残ったエルフたちが集まって出来た村…)
魔法使い(誰一人知っている者はいない)
魔法使い(それもそうだ…私がいた村のみんなは…食われるか…魔石にされてしまったのだから…)
魔法使い(……おかしいな)
魔法使い(魔王倒して平和になって今同族に囲まれて暮らしているのに…)
魔法使い(私は…)
魔法使い(一人だ…)
エルフ兵士『あれは貴女の子供じゃないんですよ…?』
エルフ兵士『貴女は間違っている!』
魔法使い「…分かっているそんな事くらい…」ギリ。
魔法使い「あれが…私の子供じゃ無いくらい…」
魔法使い「…」

~魔族の子供に使わしている部屋~

魔族子供♀「え…何て言ったの…魔族子供1ちゃん」
魔族子供1「だーから逃げ出すんだよ!」
魔族子供♀「え、で、でも外に逃げたら死んでもらうって…」
魔族っ子幼「そうだぞ! ころされちゃうんたぞ!」
魔族子供1「ばーか! そんな事分かってるよ!」
魔族子供1「でも俺は魔族の戦士だからなっ!」
魔族子供1「あんなやつの言いなりになるのは我慢ならねえ! 死んだ方がマシなんだ!」
魔族子供1「おまえらだってそうだろ?」
魔族子供2「いや~」
魔族子供3「死にたくない」
魔族子供1「な、何だよお前らまで!」
魔族子供1「ちっ! わーったよ、じゃあ俺一人で行くから良いよ! 腰ぬけ魔王にも言うなよ! じゃあなっ!」
魔族子供♀「あ、だ、駄目だよ魔族子供1ちゃん!」
魔族子供2「ど、どうしよう…」
魔族っ子幼「まおーにとめてもらおうっ!」
魔族子供♀「そ、そうね魔王様ならきっと止めてくれるよね…よ、呼びに行きましょう!」
魔族っ子幼「うんっ!」
魔族子供1「ちっ…何だよみんなあんなババアに騙されやがって…」スタスタ。
魔族子供1「俺はあんな腰抜けな奴等とは違う…!」スタスタ。
魔族子供1「だって魔族の戦士なんだから…いつか戦魔のおっちゃん見たいに強くなるんだ!」スタスタ。
魔族子供1「こんな事でビビってられるかよ!」
魔族子供(そうだ…早く強くなって人間を魔界から追い出してやるんだ!)
???「えらいっ!」
魔族子供1「うわっ! だ、誰だ…」
魔族子供1「…あれ、戦魔の…おっちゃん」
???「…」
魔族子供1「じゃ、じゃない…ちょっと色が違う?」
魔族子供1「だ、誰だ…あんたは…? 魔族…だよな?」

 

以下の続きは小説サイトで読めます。

面白く感じたらこちらで読んで頂けるとありがたいです。

 

カクヨム

第49話 魔王「魔族子供1が脱獄?」 - 敗戦魔王の戦後処理(てんたま) - カクヨム

 

・小説家になろう

敗戦魔王の戦後処理 - 48話 魔王「魔族子供1が脱獄?」

 

・次回50話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 50話 魔王「エルフさんたちの怨嗟の声」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・前回48話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 48話 魔王「魔法使いさんは子供に優しい?」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・こちらもどうぞ!

ブログ内オリジナル&二次創作小説index

オリジナル小説INDEXページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

二次小説 indexページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

市場