読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

【アニメ感想】2016秋アニメ「ブブキ・ブランキ~星の巨人」 感想&作風・キャラ紹介 子供たちの友情を描いた合体ロボット物アニメ

アニメ観賞日記

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20161017234856p:plain

© Quadrangle / BBKBRNK Partners

こんにちわどうも、てんたまです。

 

2016秋アニメ「ブブキ・ブランカ~星の巨人」のキャラや作風など紹介しようと思います。

 

ブブキ・ブランキとは?

蒼き鋼のアルペジオーアルス・ノヴァを作ったアニメ制作会社サンジゲンが送る。

ブランキと言う、人類を攻撃する謎の巨大生命体がいる世界で、ブブキと言う、ブランキのパーツであり意志を持つ武器を操るブブキ使いが5人集まる事で、同じ巨大生命体のブランキとなる事が出来、その力で人類を攻撃するブランキと戦うロボット物アニメ物。

ブブキ・ブランキ~星の巨人はその二期作品。

一期の話は簡単にまとめると、ブランキになるための最重要機関であった心臓を、主人公一希東(カズキ・アズマ)の母である一希汀(カズキ・ミギワ)停止させてしまった事で、地上で唯一ブランキになれるのは自らを心臓とした万流礼央子(バンリュウ・レオコ)の炎帝しかいなくなってしまった事で、世界の軍事的なパワーバランスが崩れ、唯一ブランキになれるレオコが世界を支配出来るようになってしまう。

そんな中、さらにミギワの娘である一希薫子(カズキ・カオルコ)が、ミギワが人類に害するブランキ通称「首無しブランキ」を封じていた空飛ぶ島「宝島」で起こした事故により、大量にその首無しブランキを地上に落としてしまうと言う大災害を起こしてしまう。

その首無しブランキを倒せるのはレオコしかいない事から、落ちた首無しブランキを全て討伐したレオコは英雄となり、さらに独裁体制を強めたが、逆に首無しブランキを地上に落としてしまったミギワは、魔女と呼ばれ世間から忌み嫌われる存在になってしまう。

そんなおりアズマが日本に帰ると、レオコの独裁体制と戦っていた幼馴染の朝吹黄金(アサブキ・コガネ)と再会し、その仲間である他の3人と共にチームを組み、かつて母が乗っていた王舞(オウブ)と言うブランキを手に入れ、レオコの炎帝に対抗する。

その戦いが続いて行くうちに、宝島から首無しブランキが再び落ちてくると言う事件が起こる。

それに封じていたミギワに何かがあった事が分かったアズマたちは、ミギワの身を案じ、今まで誰も行く方法が見つけられなかった宝島に行く方法を見つけ向かたのだが、しかしその方法とは宝島のセキュリティー全て解いてしまうと言う大変なものだった。

その為今まで不可侵だった宝島に、ブランキになるための心臓を、宝島にいる首無しブランキから奪う為に様々な国が乗り込んで来てしまう。

しかもそれだけでは無く、ロシアのブブキ使いマクシムの暴走により、ロシアに宝島が落ちてしまいそうになる。

もし落ちれば巨大隕石級の災害が起きてしまうところだったが、アズマの奮闘により何とか宝島は地面の激突を避け海に落とす事を成功させる。

かくして闘争の中心になっていた宝島は海中深くに沈む事になり、戦いは一旦の幕を閉じる事になった。

f:id:hosino1977:20161018001030p:plain

 

これが前回一期の話であり物語の顛末でした。

さて星の巨人のサブタイトルつけてカムバックしてきた二期。

今回は一体どんな物語の続きとなっているのか、非常に楽しみですね!

 

ブブキ・ブランキの作品特徴

 

古代のロマンが漂う感じのロボット物

一期の話の初めに、ラピュタみたいな宝島から始まったり、物語のメインとなるブランキも純粋なロボットでは無く、古くから存在する意志を持つ正体不明の巨大生命体と言う感じの設定に、ちょっと古代的なロマンを感じるロボット物になっているように感じます。

 

・2016秋アニメの他のロボット物

tentama315.hatenablog.com

tentama315.hatenablog.com

 

 

フルCGアニメ

最近ではもはや珍しくないのかな? アニメは手描きでは無く、CGアニメです。

アニメーションのレベルはほんのちょっともっさり感を感じるCGの動きと言う感じですかね?

でも結構レベルが高いので、人によってはすぐ気にならなくなるかも知れません。

 

ロボット戦、異能力バトルの二つの戦闘シーン形態がある

作中はブランキになって戦う他にも、ブブキを使って戦う、異能力バトルのような戦闘シーンもある。

・ブブキ戦

f:id:hosino1977:20161018000843p:plain

・ロボット戦

f:id:hosino1977:20161018000904p:plain

その際ブブキ使いはリンズと言う、オーラ状の特殊な力でブブキで攻撃したり、身を守るバリアのような物を張ったりして戦う。

メインはブランキ戦かも知れないが、こちらも中々アクティブかつ々臨場感戦闘シーンを楽しめる。

 

合体ロボだからある熱い友情シーンが一杯

ブランキは一人の心臓と4人の手足となるブブキ使いがいて、初めて巨大生命体のブランキになると言う合体ロボ風のアニメ。

また心臓のブブキ使いは少ない事から偉ぶる者が多く、手足となる他のブブキ使いをないがしろにする事が多い。

当然主人公は手足を大事にする考えを持っているので、そう言った心無い心臓のブブキ使いなどとの衝突話も結構熱かったりする。

 

キャラとブランキ紹介(主人公たち)

 

一希東(カズキ・アズマ)

f:id:hosino1977:20161017235716p:plain

物語の主人公でミギワの双子の子供のうち兄の方。

王舞の心臓を務める。

一話で登場した子供の頃は気弱な感じだったが、その後成長して登場すると、昔とは見違える位仲間思いで勇気のある少年に成長している。

 

朝吹黄金(アサブキ・コガネ)

f:id:hosino1977:20161017235734p:plain

元はミギワの右手だった玄馬の娘でアズマとは幼馴染。

王舞の右手を務める。

喧嘩を仲裁したりと、とにかく仲間想いの良い子であるが、父を殺したレオコ一派のマトバイだけは、その姿を見ると「殺してやる」と逆上する。

ブブキは右手こぶし系。

 

野々柊(ノノ・ヒイラギ)

f:id:hosino1977:20161017235816p:plain

何かあればすぐに喧嘩腰で食って掛かる、少し血の気が多い少年。

王舞の左足を務める。

ミギワに捨てられと思い込んで、誇りを失い日々自堕落に過ごす父親の目を覚ますために戦っていた。

最初はトゲトゲしい雰囲気だったが、アズマたちと一緒にいる間に人間的に成長したりミギワにあって父親を捨てた真相を聞いた事により、最近はほんの少しだが柔らかくなっている。

ブブキは槍系。

 

扇木乃亜(オウギ・キノア)

f:id:hosino1977:20161017235844p:plain

威勢の良い言葉をよく発するヤンキーぽい少女。

王舞の左手を務める。

敵対するレオコ一派のソウヤと一時期恋人だった時もあり、その頃は眼鏡少女らしい大人しい性格をしていたが、ソウヤと何かあってこんな性格になってしまったらしい。

また威勢がいいが、急に男に迫られるみたいな感じになると頬染めるような、女の子らしい一面も持つ。

ブブキは双剣系。

 

種臣静流 (タネオミ・シズル)

f:id:hosino1977:20161017235924p:plain

おっとりしながらよく分からない言動をする、かなりマイペース系な少女。

王舞の右足を務める 。

レオコ一派のツワブキも認める天才ブブキ使いで、仲間がピンチになる中でもまるで負ける気がしない戦いをするかなり頼りになる存在。

ブブキは長距離狙撃型のライフル系。

 

王舞(ブランキ)

f:id:hosino1977:20161018001436p:plain

アズマたちが乗るブランキ。

元は母ミギワが使っていたブランキで、前回は落ちてくる巨大な宝島を軌道を変えたり、とてつもないパワーを見せたりもしたが、まだ十分に使いこないしていないのか、今だ戦闘のメインは格闘系の殴り合いがほとんどになっている。

 

二期の気になるポイント

 

心臓を手に入れ再びブランキの力を取り戻した各国の動向

一期ではブランキになれる心臓が無いと言う事で、レオコとアズマ以外のブブキ使いたちはブブキ戦くらいしか活躍の場が無かったが、一期の最後で宝島に侵入し首なしブランキの心臓を手に入れた事から再びブランキになれる力を取り戻したはずである。

その事から二期は他の国のブランキも登場するかと思われるが、一体どんなブランキのなのか?

今後登場するが新ブランキや、そのブランキを使って各国はどのような行動をしていくのか、今後の展開に期待が高まる。

f:id:hosino1977:20161018000525p:plain

 

一希薫子の登場

一期では幼少時代に一度出たきりでその後全く登場しなかったアズマの妹カオルコの登場は気になるポイントの一つだ。

一体カオルコは何故出なかった? 今まで何をやっていたのか?

そこにどんなエピソードがあったのかなど、そこも二期の気になるポイントの一つかと思う。

f:id:hosino1977:20161018000713p:plain

 

海中に沈んだ宝島は? そしてそこにいるミギワの安否は?

前期の最後に、沈んでしまったブランキの巣こと宝島は一体どうなっているのか?

そしてその島と命運を共にしたアズマの母ミギワはどうなっているのか?

海中に沈んでも、特殊なフィールドが張られていているらしく水没している訳では無いそうだが。

今期ではこの沈んだ宝島は一体どんな展開を見せてくれるのかも気になりますね。

 

終わりとまとめ

ブブキ・ランキは今年の一月から一期が始まったアニメで、3月くらいで一期が終わり同年のこの秋に「星の巨人」のサブタイトルをつけて二期がスタートしたアニメですが。

フルCGや少し難しい設定で好みが分かれそうな作品ですが、個人的には子供たちの友情話も、ロボットや世界観の設定など結構好きな感じのアニメです。

その作品の雰囲気はどんな感じか知ってるアニメで説明すると何かエウレカぽい雰囲気がありますね。

エウレカのようにサーフィンする感じは全然ありませんが。何と言うか作風自体の空気と言う物に何か同じような匂いを感じるとそんな感じです。

未知x古代xロボットと言う設定がそう感じさせてるんですかね?

まあ個人的にそう感じただけなので、エウレカは違うだろって感じてしまった人はすみません。

また逆に敵側だったレオコの方はちょっとキルラキルの生徒会長ぽい勢いがあるの、レオコ話になるとキルラキルぽくなったりする感じもありましたよね。

あの盛大な曲が流れながら「この万流礼央子に逆らうか!?」みたいな感じはまんまそうでしたよねw

まあブブキ・ブランキと言うアニメは、一期ではこのようなノリで、異能力バトルをやったり、合体して巨大ロボットで戦うアニメでした。

少しよく分からないところもありますけど、子供たちの友情みたいな、何か胸が熱くなるシーンも良いし、世界観も結構引き込まれる面白さと言うのがあるのを筆者的には感じたので、これは中々面白いアニメの一つではあるかと思います。

機会があったら是非一期から見てくださいませ。

 

と言うところで2016秋アニメ「ブブキ・ブランキ~星の巨人」の作風・キャラ紹介の話は終わりにしようと思います!

 

また次回の記事でお会いしましょう。それでは!

 

オフィシャルサイト&関連商品紹介

bbkbrnk.com

↑↑公式サイトをブックマークいしてブブキ・ブランキを盛り上げよう!↑↑

(リンク内にある赤字のUsersを押せばすぐにブクマページに飛びますよ)