読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

【アニメ感想】2016秋アニメ「夏目友人帳伍」2話感想 小さな女の子の妖怪が昔日の頃から想いを伝え続けようとしたエピソードにジーンとくる!

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20161017014505p:plain

©緑川ゆき白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

こんにちわどうも、てんたまです。

 

2016秋アニメ「夏目友人帳伍」2話を視聴しましたので、その感想をご紹介しようと思います。

 

前回は、レイコが物を盗んだと怒るカヤツボの話でしたが…。

・前回1話感想

tentama315.hatenablog.com

 

遠い年月の果てにあったレイコの過去にじんわりと来る話でしたが。

今回はどんな素敵なエピソードを見せてくれるか? 非常に楽しみですね!

 

夏目友人帳伍 2話感想

 

あらすじ

夏目はある雨の日に、偶然妖怪の物らしきタオルを拾ってしまう。

つい勢いで持って帰ってしまったので返しに行こうとするが、そのタオルを取り返しに妖怪が夏目の家に来てしまう。

その妖怪は最初は不気味な恰好をしていたので、よく分からなかったがよくよく見れば可愛い女の子。

ほっと一安心した夏目はその女の子妖怪にタオルを返すが、女の子妖怪はただ単にタオルを取り返しに来た訳では無く、実は夏目に用があってきたらしい。

その用とは今返したタオルにまつわる事らしいのだが…。

f:id:hosino1977:20161017014707p:plain

 

新キャラ&前作キャラ紹介

雨の女の子妖怪 新キャラ

f:id:hosino1977:20161017014756p:plain

今回のメインキャラ。

雨に関係がありそうな妖怪だけど名前は不明。

夏目に用があって来たらしいのだが、友人帳がらみではないらしい。

認めていない者は「貴様」呼ばわりしたりと口は悪いが、基本的に天真爛漫な無邪気な少女。

 

西村悟(にしむら・さとる)前作から

f:id:hosino1977:20161017014825p:plain

夏目と同じクラスで、夏目が初めて出来た同級生の友達。

性格は明るく能天気だがちょっとした事でも夏目を心配する優しい性格している。

また夏目が妖怪を視る力を持っている事は知らない。

一期から登場しており、タキが好きになった事から、その絡み話で少しキャラが目立つようになった。

 

北本篤史(きたもと・あつし)前作から

f:id:hosino1977:20161017014900p:plain

西村と同じく夏目の親友。

西村とは正反対の思慮深い性格しており、周りを見るしっかり者。

ただ良い奴ではあるが、目立った話も無くキャラは薄い印象。

こちらも一期から登場している。

 

2話のポイント

 

西村の女の子絡みの話が来るが?

急に雨が降る中困っていると、何故か西村に可愛い女の子が、傘を貸してくれると言うラブコメイベント発生!

f:id:hosino1977:20161017014937p:plain

しかしそのオチは、その彼女は彼氏持ちだったと言う結末で何事もなく終わった。

西村ってサブキャラでありながら、結構女の子絡みの話が良くあるけど上手くいく事はほとんどないですよねw

哀れ! って思うけど、その話がある分北本よりキャラが目立っているから、そんな話がある分良いかもとも思えてしまうw

f:id:hosino1977:20161017015009p:plain

 

今回の妖怪はキュートな可愛い女の子

最初出た時はホラー過ぎて夏目同様驚いてしまいましたが、面と向かって見てみるとこんなに可愛い女の子。

f:id:hosino1977:20161017015023p:plain

f:id:hosino1977:20161017015033p:plain

見た目がこのくらいの年齢の妖怪で女の子が出たのって初めてなような気がします。

確か見た目が子供の妖怪って、男の子の子ぎつねくらいしかいませんでしたからね。

夏友人帳は全く女性キャラは出ないと言う訳じゃありませんが、今まで見た事が無いので何か珍しいですね。

 

妖怪と人間の生きる時間が違う切なさを伝える話だった

少女妖怪が夏目の元を訪ねたのは、元々借りたタオルを人間に返したいと言う話でしたが、よくよく聞いてみると、たまたま雨の中はしゃぐその少女妖怪の姿を見えた青年が、風邪を引くといけないと言う事で、その少女妖怪を拭くために貸してあげたタオルだったとの事。

f:id:hosino1977:20161017015132p:plain

以来その青年が気に入った少女妖怪は、タオルを返そうと青年の元に訪れますが、もう青年には少女妖怪の姿は見えなくなっていました。

普通の人間の青年にその少女妖怪が見えたのは、雨の日に特別な事が重なって偶然見えただけで、それは奇跡のような物だったらしく、以来どんなに少女妖怪が声をかけようとも青年は気づきません。

雨の日にはしゃいでいたから見えたのではと思い、雨の日には目の前でわざとはしゃいでも見えません。

見えなくて気づかれなくて、それでも気づいて欲しくて声をかけ続けました。

声をかけ続けて50年の年月が過ぎました。

f:id:hosino1977:20161017015211p:plain

しかし青年はいつしか老人となり、そして少女妖怪が夏目の元に尋ねてきた一年前からその人は来なくなってしまい、どうしても生きている間にタオルを返したくて、妖怪を視る力を持っている夏目のところに尋ねに来たと言う訳でした。

この永遠の時を生きる妖怪と、その時間から見たら一瞬しか生きられない人間との生きる時間の違いにどうしようもない切なさを感じてしまう良いお話ですよね…。

 

今回のオチ

タオルは返せたけど、もう年を取り過ぎて妖怪少女との記憶もあいまいになっている事から、少女妖怪は自分の事を少しでも思い出してもらいたかったでしたが、あきらめて帰る事にしてしまいます。

f:id:hosino1977:20161017015304p:plain

そんなしょんぼりする妖怪少女に夏目は何かしてやりたくて、その元青年にタオルを返してもらった一筆みたいなのを下さいと頼みます。

それを聞いた元青年はそれでは、と言う感じに新しいタオルをくれます。

最終的には思い出してもらえないから、それをやる意味があったのか? と感じるところもありますが、何か出来ないかと言う夏目の熱意と、そしてそのタオルで無邪気に喜ぶ妖怪少女の姿を見れば、難しい話など関係なく良かったと思える良いラストでしたね。

f:id:hosino1977:20161017015347p:plain

 

終わりとまとめ

今回は可愛い少女妖怪登場と言う事で、それだけで萌える話でしたね。

特に人ごみでオロオロしてるところ夏目の手をきゅって握るところがさいかわすぎる!

f:id:hosino1977:20161017015431p:plain

そんな感じに少女妖怪の可愛さだけで充分な話でしたが。

そこに年月の郷愁的な話を入れてくるのは破壊力強すぎて反則でしょーって感じの、ついついホロっとしてしまう話にもう感動の一言ですね。

ずるいよ、いいよ、ずるいよ、いいよ、ずるいよ、いいよ、いいよ、いいよ。

もう夏目友人帳の反則的な感動は本当に堪らない!

前回のカヤツボの話もじんわり来ましたけど、今回は確実にそれ以上でしたね。

いや~…良かった(TT)

次回3話もこんな話を期待しています!

 

と言うところで2016秋アニメ「夏目友人帳伍」2話の感想の話は終わりにしようと思います。

また次回の記事でお会いしましょう。それでは!

 

次回3話感想記事

 

tentama315.hatenablog.com

オフィシャルサイト&関連商品紹介

www.natsume-anime.jp

↑↑公式サイトをブックマークして夏目友人帳を応援しましょう!↑↑

(赤文字usersを押せばブクマ画面に飛びますよ!)