読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 43話 魔王「初めて妖精界のエルフの村に来ました」

執筆日記 敗戦魔王の戦後処理

f:id:hosino1977:20161010180852p:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

オリジナル連続SS小説「敗戦魔王の戦後処理」第43話書きました。

 

話の内容は、勇者によって魔王を倒された、その後の魔族のお話をクローズアップして書いています。

 

今回43話あらすじ

魔族を恨んでいるエルフのところに、魔族一人で行くのは心細かった気弱すぎる魔王。
そんな時俺たちがついていってやるぜと、魔族の子供たちが元気よく申し出る。
そんな子供たちを魔王は一体どうするのか?

 

*勇者の表記を女勇者に変更しました。

 

分かりやすい魔王x勇者物とSS形式の小説、そして3000文字程度の短い文章でまとめた、大変お気軽に見れる物となっていますので、興味が惹かれましたら、良かったら読んでみてくださいませ~。

・一話から 

オリジナルSS小説 敗戦魔王の戦後処理 第一話プロローグ 魔王「平和な魔界が作りたいです」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

 

43話冒頭

魔王「き、君たちが一緒に来てくれるのですか?」
魔族子供1「おうよ!」
女勇者(流石に子供には頼まんだろ…)
魔王「お願いします」
女勇者(頼んだ!?)
魔族子供1「おう任せとけってビビりの魔王さんよ!」
魔王「ありがとう~」ウルウル
魔族っ子幼「まおーさま、ないてるの? かわいー☆」
女勇者(付いてきてくれる魔族なら子供でも良いのかよ…)
女勇者(元から無いかもだけど魔王のプライドとか皆無だな…)
女勇者(まいっか…)
女勇者「んじゃま行きますか!」
魔王・魔族子供「おー!」
女勇者「…」
女勇者「何か子供の遠足引率している先生みたいな気分になってきたな…」
神官姉「素敵…可愛い…子供たち…食べちゃい…たい!」キラキラ。
女勇者「まあ…何か邪過ぎる先生もいるけどな…」ズーン|||

~妖精界付近~

魔王「先程とは一変して随分緑が濃くなってきましたね…」
女勇者「? 妖精界が近いんだから当たり前だろ」
魔王「そ、そうなんですか?」
魔王「あまり魔王城から離れた場所には行った事が無いので分かりませんでした…」
女勇者「ふーん」
女勇者(まあこいつの身の上話は置いといて…どうやって魔法使いとこいつをぶつけるか考えないとな…)
魔族子供1「何だよ魔王はこんなところにも来た事ない癖に魔王なのかよ!」
魔王「はは…お恥ずかしい」ぽりぽり
魔族子供1「ふーん魔王っつっても俺たちと同じチンチクリンな見た目通り大した事無いんだな」
魔族子供2・3「ははは!」
魔族子供♀「駄目だよー魔王様にそんな失礼な事言っちゃ…」
魔族子供1「うっせーな! このイイコしい!」
魔王「良いんですよ、ありがとう魔王子供♀さん」ニコ
魔族子供♀「は、はい流石に魔王…様///」ぽっ
女勇者(そーいや、このガキたちも付いてきちまったけど…)
女勇者(あいつ…ガキも殺すのかな?)
女勇者(って、魔族のガキの一匹や二匹死んでもかまわねっつーの!)
女勇者(だいたいこいつらアタシに爆裂魔石投げて殺そうとしたんだし)
女勇者(死ねばいいっつーの!)ジー。
魔族子供1「何だよ馬鹿勇者…ジロジロ見て…俺たちはお前を許した訳じゃ無いんだからな!」
魔族子供1「気安くみてんじゃねーよ! このブス勇者!」
女勇者「前言撤回今すぐ死ね!」ギラ
魔族子供1「う、うわー!」
魔王「わ、わー! 勇者さん落ち着いて、子供相手に聖剣を抜かないで下さい」
女勇者「ちっ…」
女勇者(まあこんな雑魚どうでもいいし、気にする必要もねー)
女勇者(目的は魔王を…)
魔族子供♀「…」ジー。
女勇者「…んだよ、お前もアタシをブスってか?」
魔族子供♀「え? ち、違うよぉ…」
女勇者「? じゃ何なんだよ」
魔族子供♀「うん…えっとね…」
女勇者「あ?」
魔族子供♀「そのね」
女勇者「…」イライラ。
魔族子供♀「だからね…」
女勇者「何だようぜえな! 言いたいことがあるならはっきり言え!」ダン
魔族子供♀「ひっ!」
魔族子供♀「あ…の…」
魔族子供♀「ここここの前は助けてくれてありがとう! そ、それだけ!」
女勇者「え?」
魔族子供♀「ひぅ!」タタタ。
女勇者(この前って…魔獣を倒してやった時か…?)
魔族子供♀「…」チラ
女勇者(べ、別に助けてやった訳じゃねーし///)ぽりぽり。

 

以下の続きは小説サイトで読めます。

面白く感じたらこちらで読んで頂けるとありがたいです。

 

カクヨム

第43話 魔王「初めて妖精界のエルフの村に来ました」 - 敗戦魔王の戦後処理(てんたま) - カクヨム

 

・小説家になろう

敗戦魔王の戦後処理 - 42話 魔王「初めて妖精界のエルフの村に来ました」

 

・次回44話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 44話 魔王「戦後謝罪に行ったら勇者にむちゃくちゃにされた件」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・前回42話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 42話 魔王「妖精界のエルフ?」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・こちらもどうぞ!

ブログ内オリジナル&二次創作小説index

オリジナル小説INDEXページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

二次小説 indexページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

市場

スポンサードリンク