読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 40話 魔王「女勇者さんの胸を触って分かった事がある」

敗戦魔王の戦後処理 執筆日記

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20161010180852p:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

オリジナル連続SS小説「敗戦魔王の戦後処理」第40話書きました。

 

話の内容は、勇者によって魔王を倒された、その後の魔族のお話をクローズアップして書いています。

 

今回40話あらすじ

強すぎる魔王を籠絡させて、倒そうと考える女勇者だが。
籠絡させる前にもしも魔王に襲われたらどうしようと悩む。
そんな感じに色々悩んでいると逆に魔王に気づかれてしまう。
どうする女勇者?

 

*勇者の表記を女勇者に変更しました。

 

分かりやすい魔王x勇者物とSS形式の小説、そして3000文字程度の短い文章でまとめた、大変お気軽に見れる物となっていますので、興味が惹かれましたら、良かったら読んでみてくださいませ~。

・一話から 

オリジナルSS小説 敗戦魔王の戦後処理 第一話プロローグ 魔王「平和な魔界が作りたいです」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

 

40話冒頭

女勇者「え…?」
魔王「?」
女勇者「いや…アタシの姿見て何か来る物あるだろ?」
魔王「…? 来る物?」
女勇者「そ、そうだよ! この格好見て、な、何か感想とか感じる物あるだろ?」
魔王「感想…?」ジー。
女勇者「…」クイクイ(挑発のポーズ)
魔王「女勇者さん、そんな薄着で寒く無いんですか? 風邪ひきますよ?」
女勇者「…!!!」
女勇者「無…反応だと…?」
魔王「え…?; な、何かおかしかったですか?」
女勇者「だ、だって、胸とか見て、ほら何か感じる物とかあるだろ?」
魔王「胸…?」
魔王「うーん女勇者さんの胸…」
魔王「そ、そう言えば…!」
女勇者「だ、だろ!? 何か来る物があるだろ(特に下半身に)」
魔王「はい! 確かに」ペタペタ(胸を触る)
女勇者「///!!!!」
女勇者「ちょ、ばかっ! そこまで許してねーだろ! 見るだけっ 見るだけだからっ!///」
魔王「こ、これはやはり…」
魔王「今まですみませんでした!」
女勇者「あああ当たり前だろ! え? 今まで?」ピタ
魔王「はい! 女勇者さんは勇者だったんですね!」
女勇者「…元から勇者だけど?」
魔王「はいだからその謝罪に!」
女勇者「…」
女勇者「ごめんちょっとよく分からない」
女勇者「アタシは今もこれからも勇者だけど、何故そこに謝罪をすんの?」
魔王「あ、いえ、勇者は勇者さんですけど、【女】ってつけてたところです」
女勇者「はい?」
魔王「だから、男なのに女勇者って言ってて失礼でしたよね! その謝罪です」
女勇者「は、はあ? 何を言って」
魔王「ちょっと前から実はそうなんじゃないかって思ってたんですが…」
魔王「今日勇者さんの胸を触って確信しました!」
魔王「勇者さんは男だって!」
女勇者「…どこを…だって?」
魔王「はい胸です! そこまでペッタンコな胸はどう見ても男ですよね!」
女勇者「…」
魔王「いや~勇者さんって、顔立ちは凄い綺麗な女性だけど」
魔王「言葉使いは男ぽいし、女性として出るところ出てないし、男なのではと思ってたのですが」
魔王「今確信しました! 勇者さんは男だって言うのを!」
魔王「女性扱いして、本当にすみませんでした!」
女勇者「がっ!」
女勇者「…ふ」
魔王「ふ?」
女勇者「ふざけんなおおおおお!!」
女勇者「アタシは女だ…!」
魔王「え!?」
魔王「…」
魔王「ああ、もしかして…心は女とか言うや…」
女勇者「ああああ!!!!」ガンガンガンっっっ!!
魔王「ちょ、ちょっとど、どうしたんですか! 勇者さん!?」
魔王「叫びながら僕の頭を聖剣で叩かないでください」
魔王「しかも、鬼のような形相しているのに、とても軽く叩くとか意味が分かりませんよ!?!?」
女勇者「うるせえええ!! バカヤローーー!!!」ガンガンガンっっっ!!
魔王「!?!?」
女勇者「はあはあ…魔王なんか死じまえっ!! バーカバーカ!!」タタタ
魔王「…?; 何だったんでしょう一体」
神官妹(うーん…やはり胸が残念でしたか…)
呪族の幼女(結果はともあれ、聖剣であれだけ殴られて無傷とは…一体どんな体の構造をしてるんじゃあの魔王は…)

 

以下の続きは小説サイトで読めます。

面白く感じたらこちらで読んで頂けるとありがたいです。

 

カクヨム

第40話 魔王「女勇者さんの胸を触って分かった事がある」 - 敗戦魔王の戦後処理(てんたま) - カクヨム

 

・小説家になろう

敗戦魔王の戦後処理 - 39話 魔王「女勇者さんの胸を触って分かった事がある」

 

・次回41話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 41話 魔王「魔界に花を咲かせましょう」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・前回

オリジナルSS「敗戦魔王の戦後処理」 39話 魔王「勇者さんとメイドさんの関係?」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

・こちらもどうぞ!

ブログ内オリジナル&二次創作小説index

オリジナル小説INDEXページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

二次小説 indexページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

市場