読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 33話 魔王「立派な街を作って見せます!」

執筆日記 敗戦魔王の戦後処理

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20160930173105p:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

オリジナル連続SS小説「敗戦魔王の戦後処理」第33話書きました。

 

話の内容は、勇者によって魔王を倒された、その後の魔族のお話をクローズアップして書いています。

 

今回33話あらすじ

無条件降伏で差し出した魔石鉱脈があった街を、魔石鉱脈を持っていかなければ何を持って行っても良いと言われた事で、街ごと持って行ってしまった魔王。
魔王自体はそれを悪意なくやってしまった事だったが、当然そこに採掘する為に住む者達の家はどうするのだ! 怒る大臣。
そんな大臣に魔王は新しい街を作ります! と言うのだが。
一体魔王はどんな街を作るのか? 

 

分かりやすい魔王x勇者物とSS形式の小説、そして3000文字程度の短い文章でまとめた、大変お気軽に見れる物となっていますので、興味が惹かれましたら、良かったら読んでみてくださいませ~。

 

・前回

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 32話 魔王「大臣様が怒っている…?」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・一話から 

オリジナルSS小説 敗戦魔王の戦後処理 第一話プロローグ 魔王「平和な魔界が作りたいです」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

33話冒頭

大臣「お前が…街を作るだと?」
魔王「はい! 誠心誠意作らせて頂きます」
女勇者(作るって…)
神官妹(どうやって…? やっぱり魔法で作れるのかしら)
神官妹(そんな魔法聞いた事無いけど…でも)
呪族の幼女(小僧はわらわの力を吸いとった時、荒れ果ての地全体と言う莫大な範囲をやっておいて、わらわの力のみを吸いとるだけと言う真似をやりおった)
呪族の幼女(そんな真似は、よほど高度な魔法技術が無いと出来ん筈…)
神官姉(そんな…魔王ちゃん…なら楽勝ね♪)
大臣(…よく分からんが、街一つ浮かせるられるのが子供並みに出来るなら…)
大臣(まあ…街作るのも、きっと子供レベルに出来るんだよな…)
大臣(うむ…そう思うと何か出来るような気がしてきたぞ)
大臣(何かおかしいような気がするが…おかしくないよな、うむおかしくない)
大臣「よし、ならば任せてみよう…」
魔王「はい!」
大臣「ただし前の街に劣らぬ街を作るのじゃぞ?」
魔王「任せてください!」
魔王「では早速…」
女勇者(一体どう言う街を作るのか…)
神官妹(ちょっと楽しみね)
神官姉(きっと…素晴らしい…物が出来るに…違いないわ)
呪族の幼女(こやつの力を見極めるには丁度いいかも知れんの…)
呪族の幼女(奪われた力を取り戻すヒントがあるかもしれん)
魔王「では先ず、街を浮かせる時にくり抜いた土地を整地しないといけませんね」
魔王「足りない土はあそこの禿山を崩して使いますか…えい」
魔王が魔力を込めると、禿山は簡単に崩れ、そしてその崩れた岩土は導かれるようにぽっかりと空いた土地に埋まっていく。
大臣「おお…」
女勇者(相変わらずやることが規格外だな…)
神官妹(これなら、確かに街も簡単に作れそうだわ…)
神官姉(魔王ちゃん凄い凄い!)興奮
呪族の幼女(ふ、ふん…中々やりおるでは無いか)
呪族の幼女(…じゃ、じゃがわらわだって荒れ果ての地全土を呪いをかけられる力があったからな…ま、負けてはおらぬわ!)
魔王「整地はこれでよし」
魔王「次は建物ですね…材料はあそこに生えてる木を使いますか」
魔王(生きている木を使うのはかわいそうですが…材料が無くては仕方ないですもんね)
魔王(ごめんなさい木さん…!)
魔王「はぁ…!」
女勇者(森の木がどんどん抜けていって)
神官妹(どんどん木材に加工されていく…)
神官姉(凄い魔王ちゃん)パチパチ
呪族の幼女(よくこのような大魔力を使ってこんな器用な真似が出来るな…)
呪族の幼女(歴代の魔王クラスから考えたら、力みすぎてプルプルするほどの魔力を使いながら、装飾のような繊細な作業をやっているのと変わらん位の芸当じゃぞ…)
女勇者(今まで凄い事をやって、アタシたちを子供レベルだって嘲笑したアイツだ…)
神官妹(そんな魔王が一体どんな建築物を作るのかしら?)
神官姉 (ワクワク)
魔王「材料を作ったら次は組み立てと…!」
加工された木材が次々と折り重なり建物の形になっていく。
一同「おおおおお!!」

 

以下の続きは小説サイトで読めます。

少しでも面白く感じたらこちらで読んで頂けるとありがたいです。

 

カクヨム

第33話 魔王「立派な街を作って見せます!」 - 敗戦魔王の戦後処理(てんたま) - カクヨム

 

・小説家になろう

敗戦魔王の戦後処理 - 32話 魔王「立派な街を作って見せます!」

 

・次回34話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 34話 魔王「魔界の大工さん」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・こちらもどうぞ!

ブログ内オリジナル&二次創作小説index

オリジナル小説INDEXページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

二次小説 indexページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

市場