読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 21話 魔王「仲良くなれるか心配です…」

敗戦魔王の戦後処理 執筆日記

f:id:hosino1977:20160920182146p:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

オリジナル連続SS小説「敗戦魔王の戦後処理」第21話書きました。

 

話の内容は、勇者によって魔王を倒された、その後の魔族のお話をクローズアップして書いています。

 

今回21話あらすじ

前回、毒の霧を浄化するためにそれぞれの場所に向かう中、何故かあの魔族の子供だけが怪しげに勇者の後を追いかけていく。
それを不思議に思った魔王も勇者の後を追いかける。

 

分かりやすい魔王x勇者物とSS形式の小説、そして3000文字程度の短い文章でまとめた、大変お気軽に見れる物となっていますので、興味が惹かれましたら、良かったら読んでみてくださいませ~。

 

・前回

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 20話 魔王「子供の難民?」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・一話から

オリジナルSS小説 敗戦魔王の戦後処理 第一話プロローグ 魔王「平和な魔界が作りたいです」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

21話冒頭

魔王(さて…僕も勇者さんたちに続いて、向こう側の土地の毒を浄化してきますか…)
魔王「ん?」
魔族子供たち「…」ゾロゾロ
魔王(あの子達…勇者さんの後をついていって…一体何を)
魔王(は! まさか勇者さんがちゃんと毒を浄化しに行くか、見に行こうと…)
魔王(だとすると…もしも勇者さんがサボっていたら、また勇者さんとあの子達の間に深い溝が出来てしまうのでは無いでしょうか?)
魔王(うむむ…先程の勇者さんの態度ならサボると言うことはありませんでしょうが…)
魔王(うーん心配です…ちょ、ちょっと僕も様子を見に行ってみましょうか)コソコソ
そう思うと魔王は、勇者の後をこっそりつける魔族の子供たちの後をこっそりつけていくのだった。
勇者「…」
勇者「…!」
勇者(つけられてる…? 誰だ一体)
勇者(…聖光円陣…!)
勇者がその言葉を呟くと、勇者の体から見えないくらいの薄い光の粒子が放出され辺りを包む。
魔族子供「…? つ…」
魔族子供「何ピリッときた」
魔族子供♀「ふええ…ピリッときたよう」
勇者(…さっきのアタシに石をぶつけたガキ?)
説明しよう! 聖光円陣とは本来効果範囲内にいる魔族にダメージを与える、ダメージフィールド的な技だが、その範囲内にいる魔族を知覚する特性も持っているので、出力を抑えればこう言ったレーダー的な使い方も出来る勇者の必殺技なのだ。
勇者(何であのガキが…)
勇者(ふん、まああの魔王の下手くそな芝居だ)
勇者(おおかたアタシが贖罪のために、本当にやっているか確認しに来たって感じか…)
勇者(ち…鬱陶しい)
勇者(アタシは魔王の懐に入れる信頼を得られればそれでいいんだ)
勇者(まあ、結局魔王の言う通りこの毒の大地を浄化しないといけないから、あいつらが望む通りの事をする訳だけど…)
勇者(ああ…何かあの小汚ない魔族のガキどもの思う通りに動かされてる気がすんのが、本当にイライラすんな…くそ)
勇者(ち…お前らの信頼得るためにやってんじゃねーっつーの)
勇者 (…)
勇者(そうさ…魔族で無くたって、アタシは誰かのためには戦わないんだ)
勇者(アタシの力はアタシのためだけに使う)
勇者(今も…これからも)
???『助けてお姉ちゃん!!!』
勇者の脳裏に、炎に包まれる少女の姿がフラッシュバックされる。
勇者「…!」
勇者「く…」
勇者(アタシはお前のために強くなった訳じゃない…!)
勇者(だからもう出てくるな…!)
忘れられない忌まわしき過去なのか、振り払うため、勇者は頭を激しくかぶりをふる。
魔族子供「あいつ一人で頭を振って何やってんだ」
魔族子供「しっ! 気を付けろあれも勇者の何か恐ろしい術かも知れねえぞ?」
魔族子供「やっぱり仲間になる振りをして、俺たちの街に何かしようと考えていたんだ!」
魔族子供♀「そうかなぁ…?」
魔族子供「そうだよ! それ以外に何があるってんだ?」
魔族子供♀「うーん私あんまり頭良くないから分かんないけど…」
魔族子供♀「でもあのお姉ちゃん、とっても辛そうで可哀相」
魔族子供「はあ!? 馬鹿お前それ本気で言ってるのか!?」
魔族子供♀「う、うん」
魔族子供「馬鹿! あれは俺たちのトーちゃんやカーちゃんを殺した勇者なんだぞ!?」
魔族子供「そんなのに同情するなんてお前本当に馬鹿だな…」
魔族子供♀「う、うん…それは分かってるけど」
魔族子供♀「でも大人が勝てない相手なのに、私たちがつけてきたところで、何が出来るのかなぁ…」
魔族子供「フッフッフ、それは任せろ!」
魔族子供♀「え?」
魔族子供「じゃーん!」
魔族子供♀「そ、それは…」

 

以下の続き小説サイトで読めます。

面白く感じたらこちらで読んで頂けるとありがたいです。

 

カクヨム

第21話 魔王「仲良くなれるか心配です…」 - 敗戦魔王の戦後処理(てんたま) - カクヨム

 

・小説家になろう

敗戦魔王の戦後処理 - 20話 魔王「仲良くなれるか心配です…」

 

・こちらもどうぞ!

ブログ内オリジナル&二次創作小説index

オリジナル小説INDEXページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

二次小説 indexページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

・次回22話

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 21話 魔王「勇者さん! 手を抜かないでください!」 - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

市場

スポンサードリンク