読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

オリジナルSS小説「敗戦魔王の戦後処理」 第10話魔王「勝負して下さい!」

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20160909185939p:plain

こんにちわどうも、てんたまです。

 

オリジナル連続SS小説「敗戦魔王の戦後処理」第9話書きました。

 

話の内容は、勇者によって魔王を倒された、その後の魔族のお話をクローズアップして書いています。

 

今回10話あらすじ

生まれて初めて受けた攻撃に心が折れる魔王。
それでも勇者と戦魔将軍たちは一瞬触発の事態へとなってしまう。
平和を願う魔王は、果たして彼らを止めることが出きるのか?

 

分かりやすい魔王x勇者物とSS形式の小説、そして3000文字程度の短い文章でまとめた、大変お気軽に見れる物となっていますので、興味が惹かれましたら、良かったら読んでみてくださいませ~。

 

・前回

tentama315.hatenablog.com

 

一話から

tentama315.hatenablog.com

 

10話冒頭

戦魔副長「よーしお前ら囲め!」
戦魔兵「ヘッヘヘ」ゾロゾロ
勇者「ち…カスどもが調子に乗りやがって…」
勇者「テメーら雑魚魔族がより集まったところで、本気でアタシに勝てると思ってるのか?」
戦魔副長「まーまるで相手にならないだろうね~」
勇者「だったら何で…」
戦魔副長「俺らは腐っても魔王軍一血の気が多い猛者揃い!」
戦魔副長「死ぬとき綺麗なベッドの上で、なんかじゃねえ」
戦魔副長「このきったねえ戦場の、土の上が棺桶だって決まってるのよ!」
戦魔副長「分かったかクソ勇者様よ!」
戦魔兵「そうだそうだ!」
戦魔兵「死ぬのなんか怖くねぇ!」
戦魔兵「勇者が何だ!」
戦魔副長「って事だ…」
勇者「おもしれぇ…」
戦魔副長「…」
戦魔副長「…大将」
戦魔将軍「…何だ」
戦魔副長「大将は逃げてくだせえ」
戦魔将軍「…! 副長…貴様! 何を言っているでござる…!」
戦魔将軍「この戦魔将軍に仲間を盾に逃げだせと…!」
戦魔将軍「生き恥を晒せと、本気で言って…」
戦魔副長「大将はもう戦魔将軍じゃありやせんぜ」
戦魔将軍「何っ!」
戦魔副長「お嬢たちの、パパでしょ」
戦魔将軍「パ…///」
戦魔副長「まあと言うことで、大将は将軍職引退しましてので?」
戦魔副長「俺が、将軍職は引き継ぎましたから」
戦魔副長「まあ、つー訳で?、ただの民間魔族の方は迅速に避難してくださいみたいな?」
魔族っ子「副長さん…」
戦魔副長「ふ…お嬢…幸せになるんですぜ」
戦魔将軍「…副長」
戦魔副長「さっ、行ってくだせえ大将」
戦魔副長「すぐに、お早く、迅速に、手早く、さあさあさあさあ」
戦魔将軍「ふん…そうだな」
戦魔将軍「ただし目の前の勇者を倒してからな!」ズウン
戦魔副長「あ…やっぱそうなります?」
戦魔将軍「当たり前だ! 儂から将軍職を奪いたかったら勝ち取って見せよ!」
戦魔副長「いや大将に勝つとか、マジ無理ですから」
戦魔副長「あーあせっかく将軍職に出世できるチャンスだったのに残念」
戦魔将軍「何チャンスはまだあるぞ」
戦魔副長「え?」
戦魔将軍「ふん、後でたっぷり相手してやるから、儂から将軍職勝ち取って見せよ! この不届きものが!」
戦魔副長「!」
戦魔副長「…後でね」
戦魔副長「大将と戦うなんて、真っ平ごめんだけど」
戦魔副長「おっかしいなー、後ですげえ戦いてぇや…はは」
戦魔将軍「ふん」
魔族っ子「お父さん」
戦魔将軍「魔族っ子…お前は」
魔族っ子「ううん…ここで自分だけ逃げて後悔するなんて真っ平ごめんよ」
魔族っ子「私も戦う!」
戦魔将軍「だが…」
魔族っ子「駄目だよ、それにもしも私に言うことを聞かせたかったら」
魔族っ子「勝ち取って、見てよお父さん」ニコ
戦魔将軍「魔族っ子…!」
魔族っ子幼「おとーさん、わたしもたたかうっ!」
戦魔将軍「魔族っ子幼…」
戦魔将軍「…」スッ(目を閉じる)
魔族っ子「お父さん?」
戦魔将軍「我が魔生でこれほど満ち足りた事があったでござろうか」
戦魔将軍「もういらぬ」
戦魔将軍「もう何も望まぬ…」
戦魔将軍「これでもう…」
魔族っ子「…」
魔族っ子幼「?」
戦魔副長「…」
戦魔兵たち「…」
戦魔将軍「お前たちの気持ちは分かった…」
戦魔将軍「よしいくかお前たち! 魔王軍切っての強者魂を、生き様を…最後の最後まで見せてやれ」
戦魔軍たち「おおおおお!!!」
魔王(だ、駄目だ…この魔族たちは、もうここで死ぬ気なんだ)
魔王(は、早くどうにかしないと)オロオロ

 

続きは以下のサイトで読めます。

面白く感じたらこちらで見て頂けるとありがたいです。

 

カクヨム

kakuyomu.jp

 

・小説家になろう

敗戦魔王の戦後処理 - 9話 魔王「勝負してください!」

 

・次回11話

tentama315.hatenablog.com

 

・こちらもどうぞ!

ブログ内オリジナル&二次創作小説index

オリジナル小説INDEXページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

二次小説 indexページ - 小説書きながら気ままにオタライフ

 

市場