読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

【白猫日記】フォスター21th「イルマ」使用感紹介 

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20160901022614p:plain

 ©2014-2016 COLOPL, Inc.

こんにちわどうもてんたまです。

 

白猫プロジェクトで、フォスター21thの「イルマ」を入手しましたので、その使用感をご紹介します。

 

イルマ使用感紹介

 

キャラクター紹介

f:id:hosino1977:20160901153809p:plain

 

名前:イルマ・コールドウェル 職種:魔道士 CV:中村温姫

 

過去の物語でもでちょくちょく登場している、名前は不明のとあるサーカス団の団員。

得意技は蛸壷に入れる軟体と空中演技。

先祖に人魚がいたらしく、その血を引いているらしいのだが、一度も泳いだ事が無いらしく、水泳は苦手。

人魚と言う事で、周りから過度な期待をされるような気がして、それがプレッシャーとなり泳ぎたくないらしい。

 

イルマの能力・戦い方

 

ステータス

f:id:hosino1977:20160901153935j:plain

 

リーダー・オートスキル

リーダースキル「スプラッシュ・タイム☆」

HPが(魔道士中・スキルタイプかなり)アップする

 

オートスキル

1:移動速度50%UP

2:HP10%以上で即死回避

3:HP50%以上で消費SP-50%

 

必殺技の使用感 

S1:エリアルダイブ SP58

イルカと共に飛んで周りのHPを回復し、着地地点に水属性攻撃をする。

 

・追加バフ

<味方にも効果あり>

攻撃速度UP50% 60秒 

f:id:hosino1977:20160901022206g:plain

 

S2:スプラッシュイリュージョン SP66

上空から水で出来たイルカを落として水属性攻撃をした後、巻き込まれた敵の足元から水を噴出させて追加ダメージを与える(最大5回)

 

・追加バフ

攻撃力UP100% 60秒

HP自動回復 60秒

f:id:hosino1977:20160901022249g:plain

 

基本的な立ち回り

とりあえず開幕は、S2を使って自動回復のバフを付けて安全を確保したいところ。

余裕があれば精神統一をして回復量もあげたい。

次に戦い方ですが、S2が範囲が広く追撃もある非常に威力が高い攻撃なので、それに多くを巻き込んで、一気殲滅するような戦い方が得意なタイプのキャラです

敵の多く誘導したり、ポップする位置で、湧き潰し狙いをしたりする立ち回りが良いかと思います。

ただS2の追撃ですが、恐らくですが、巻き込まれた敵の周りに追撃効果を発生させると言う事なので、敵が一人になってしまった場合、その敵から出ている追撃判定は、その敵自身には当たらないと思われるので、追撃に過度な期待を抱くのは少し注意。

それとS1ですが、こっちは回復系ですが、一応ダメージ判定があります。

しかしS2比べれば威力は弱いので、決め手には欠けますので、あくまでS1は回復技として認識しましょう。

またS1の追加バフで、攻撃速度UPが付くので、SP回収を考慮したバフ付けの為に使うのも良いかも知れません。

またイルマは防御面が、基本HP自動回復と即死回避の、自動回復ゾンビのみとなっていますので、自動回復が追いつかない位の、転倒しない攻撃を食らうとあっさり死ぬので気を付けましょう。

それと状態異常系にも弱いので、これも食らわないように注意しましょう。

 

・長所

魔道士にしてはかなり瞬間火力があり一気殲滅力に向いている。

バフの攻撃力UPが100%と高い上に継続時間も長い。

SP消費ー50%のおかげでスキルがかなり軽い。

 

・短所

連続攻撃であっさり死ぬので防御面がやや不安。

状態異常に弱い。

水属性攻撃オンリーなので、フリズマジンに弱い。

水属性攻撃が効かない魔耐性敵が苦手。

 

・プレイ動画(☆13メルヘン)

youtu.be

 

個人評価&まとめ

☆☆☆★★+

やや防御面で不安が残るも、自動回復と即死回避のコンボは中々不死性があるし、マンドラゴラの叫びを食らっても立て直しやすい。

それに加えてS2の火力が、十数万単位のダメージが瞬間かつ軽いSP消費量で出せるのが強い。

それらの事を考えると、従来のフォスターよりも性能は高めと感じたので、この評価にしました。

魔道士としては性能はかなり優秀だと思います。

 

と言うところで、フォスター21th「イルマ」の使用感の話は終わりにしようかと思います。

また次回の記事でお会いしましょう。それでは!

オフィシャルサイト&関連商品紹介

colopl.co.jp