読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勧め記事セレクション

【白猫日記】神気常夏サマー・エドガルドの使用感紹介 一撃の火力が強い!

ゲーム日記 白猫日記(ゲーム)

f:id:hosino1977:20160828054553p:plain

©2014-2016 COLOPL, Inc.

こんにちわどうもてんたまです。

 

常夏サマー・エドガルドを神気開放しましたので、その使用感をご紹介します。

 

神気常夏サマー・エドガルド使用感紹介

キャラクター紹介

f:id:hosino1977:20160828101836p:plain

 

名前:エドガルド・マレル 職種:アーチャー CV:黒田祟矢

かつて海で猛威を振るった海賊の幽霊。

南海の制覇を目指す為、常夏サマーのイベントに登場した。

口は悪いが、意外と面倒見が良く義理堅い海賊。

 また女海賊のカルディナ父親であったりする。

 

神気常夏サマー・エドガルド使用感紹介

 

ステータス

f:id:hosino1977:20160828101949j:plain

 

リーダー・オートスキル

リーダスキル「海賊の台爆撃」

アーチャーの与えるダメージが大アップ

 

オートスキル

1:移動速度50%UP

2:HP10%以上で即死回避

3:HP50%以上で攻撃100%・防御と攻撃速度30%UP

 

必殺技の使用感

S1:神気・業火の砲弾 SP20

ターゲットにい向かって砲弾を撃って炎属性攻撃をする(燃焼効果あり)

 

・追加バフ

攻撃速度50%UP 60秒

状態異常エンチャント 60秒

f:id:hosino1977:20160828054623g:plain

S2:神気・狂酔の大旋回 SP50

自分を中心に円周上攻撃した後、爆弾を投げつけて攻撃する。両方無属性攻撃(燃焼効果あり・自分のHPを回復する・状態異常中の敵は100%威力アップ)

 

・追加バフ

攻撃力UP50% 60秒

ダメージバリア2回 60秒

f:id:hosino1977:20160828054658g:plain

 

基本的立ち回り

開幕はS2を使ってダメージバリアを付けて、まず安全を確保したい所ですが、S2の威力はかなり高いですし、即死回避もあるから簡単に死なないと思うので、なるべくなら敵を巻き込んで使いたい所。

またS1の必殺技ですが、使ってもあまり良いバフは付かない上に威力も低いのであまり使う機会は無いかも知れません。

攻撃速度UPも、アーチャーなので溜め撃ちや遠くから安全にSP回収できるので、正直無くてもいいですし、燃焼の状態異常も、S2に燃焼効果があるので、わざわざ属性エンチャントを付与させ燃焼させるより、高火力のS2を使って敵を倒すついでに燃焼させてた方が効率が良いかと思います。

なので神気夏エドガルドは、必殺技はS2オンリーにして、敵がポップする位置でS2を叩きこみ湧き潰しする立ち回りが良いかと思います。

また火力だけではなく防御面も、S2が回復と同時にダメージバリアX2回張ってくれるので、瀕死になっても結構立て直しやすいです。

例えばマンドラゴラの叫びを食らっても、遠くからSP回収してS2を使う、などで結構しぶとく生き残れます。

後最後に、S2が武者系の敵に、デンジャラスアタックを食らわないで当てる位置取りが結構難しいので注意。

 

・長所

火力がでかい。

ピンチになっても立て直しやすい。

S2が無属性なので、マジン系に苦手が無い。

燃焼が使えるので突耐性のデュラハンも戦える。

 

・短所

状態異常に弱い。

突・炎属性なので白マンティコアが苦手。

 

プレイ動画(アマデウス

youtu.be

 

個人的評価&まとめ

☆☆☆★★+

とりあえず等倍に通る敵なら、クリティカル合わせて60~70万当る火力が凄い。

ですがそれはアマデウスのような突特化面でしか使えない上に、状態異常にも弱く、火力はとんでもない事は認めるのですが、それだけのキャラと言う印象。

唯一の防御も、ダメージバリアx2と即死回避言う、物理に特化したこの脳筋使用の防御面も合わせて、確実に巨艦巨砲主義を体現したかのような、男のロマンを感じるキャラ。

なので非常に面を選んでしまうキャラになってしまいますが、アスラなど、突属性に耐が無い敵に対しては、非常に使えるキャラなので、ソロでは無く協力なら、苦手な部分を補ってくれそうなPTに混ざり、得意な敵を、圧倒的な火力で瞬殺する、そんな活躍を楽しむ。

そう言うプレイを楽しむのであるならば、使い道は多くあると感じるキャラですね。

 

と言う所で神気・常夏エドガルドの使用感紹介の話はここで終わりにしようと思います。

また次回の記事でお会いしましょう。それでは!

 

オフィシャルサイト&関連商品紹介

colopl.co.jp

スポンサードリンク