読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

【映画感想】シン・ゴジラ感想 エヴァファンならニヤリとしてしまいそうな、庵野監督らしい演出盛りだくさんのゴジラ。

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20160813123538p:plain

こんにちわどうもてんたまです。

 

つい先日映画館で「シン・ゴジラ」を見てきましたので、さわり程度に感想・作風をご紹介しようと思います。

作風のスタイルはざっくりゴジラエヴァを足して2で割ったような感じです!

どんな作品か興味を持たれた方は良かったら覗いて行ってください!

見ようか悩んでいる人も良かったらどうぞ!

 

シン・ゴジラ感想紹介

 

シン・ゴジラとは?

日本国民どころか世界でも知らない人は少なそうな怪獣映画のメジャータイトルである「ゴジラ」を、こちらも世界では大変有名なアニメ「エヴァンゲリオン」と言うアニメの監督「庵野秀明」が、総監督として手掛けた新しいゴジラの映画それが「シン・ゴジラ」です!

物語は東京湾に突如巨大な生物が現れると言った未曽有の事態に直面する日本政府。

それでも色々な対策案を講じその巨大生物に対処して行こうとするのだが…と言った感じの、いつものゴジラらしい始まりで幕が上がりますが、そこから庵野監督らしい「ゴジラ」になっていく感じで物語は展開して行きます。

それが今回のゴジラ、「シン・ゴジラ」です。

 

作風紹介

 

ゴジラがキモイ!

ゴジラが上陸して初めて姿を現した時は「え? これがゴジラなの?」と言う印象が強かった。

詳しくは言えませんが「目があー! 目がぁぁー!!」と、とにかくそんな感じでした。

その後もやっぱり庵野監督が手掛けたゴジラですわーって感じにゴジラゴジラしてたのが妙に納得出来ました。

そんなエヴァを知っているなら、思わずニヤリとしてしまうゴジラのデザインに、視覚効果はとてもキモイけど、何か逆にそれが安心出来ると言うか、そんなほっこり感を感じられて非常に楽しめました(笑)

 

キター! とつい思ってしまう演出が秀逸

流石庵野監督が総指揮してるだけあって、視覚以外にもエヴァぽい演出があったりします!

それが出てきた時は、どこからか青葉(テラ子安)の「パターン青、使徒です!」って声が聞こえてきそうな、そんな演出にちょっとだけクスリとしてしまいました(笑)

 

ゴジラが進撃するよりも人の会話が多めの作風

昔の単品カラーゴジラは(スーパーXが登場するやつ)ずっとゴジラのターンみたいに東京を破壊しながら練り歩いているみたいな、そんな感じのゴジラの登場シーンが多めだったような記憶がありましたが、今回のシン・ゴジラはそれとは逆にゴジラに対策会議やブリーフィングが多く人の会話シーンが多い印象。

ただそう言うのが長くなった分、ゴジラが相対するシーンが来た時、待たされた分盛り上がるように感じました。

 

演出の絶望感が半端じゃない

ゴジラのターンの時など、その攻撃の仕方が今までのゴジラには無かったエヴァの使徒の攻撃みたいな感じで、その絶望感あふれる演出が凄い良かったです!

やっぱり庵野監督はこう言うのを作るのが上手いなーと再認識できる演出でしたね!

 

個人的評価&まとめ

子供向けの作風を抜いた物を楽しめる人なら。

☆☆☆☆★+

☆4+の面白さはあるゴジラかと思います。

筆者が単品ゴジラ映画を初めて見たのは1984年に公開された、白黒初代ゴジラをリメイクしたゴジラシリーズ16作品目にあたる初のカラーゴジラ単品映画をテレビで見た時でしたが、そのゴジラと比べると、作中に登場したスーパーXなど子供がワクワクするような秘密兵器も無く、あくまで現代兵器で戦うスタイルが本当に大人向けに作っていると言う感じを受けました。

そして当然作った時代が違うので、CG技術が違うので比べる物では無いのかも知れませんが、それでも放射熱線だけであそこまで絶望感を感じられる演出に出来るのは、やっぱり庵野監督ならではだなと感じました。

なのでエヴァを知っている人や大人向けの作風が好きな人なら間違いなく見る価値アリアリな☆4+の面白さを感じられると思います。

しかしながら、エヴァを知らない人など見たら、もしかしたらあまりその凄さを感じられないと思いません。

しかし私が初めてエヴァのテレビシリーズを見た時。

この頃私はアニメはあまり見てないない方だったのですが、使徒が使うビームやその他演出を見た時は純粋に凄いと感じ一瞬で魅了された記憶があります。

なのでエヴァを知らない人でもその凄さと言う物を感じる事は出来るのではと感じます。

なのでエヴァゴジラに興味が無い人でも楽しめる面白さ☆3つ以上は保証できるとても面白い作品になっていると思いますので、まだ見ていない人などは。今度の休みでも見に行っては如何でしょうか? とお勧めするところです。

シン・ゴジラのタイトル通り、新境地のゴジラの面白さを体感できるかも知れません。

 

と言う所で映画「シン・ゴジラ」の感想および紹介の話はここで終わりにしようと思います。

 

また次回の記事でお会いしましょう、それでは。

 

オフィシャルサイト&関連商品紹介

www.shin-godzilla.jp