読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アニメ紹介】2016夏アニメ「スカーレッドライダーゼクス」紹介 女の子が指揮官の戦隊物! このノリは嫌いでは無い。

アニメ観賞日記

f:id:hosino1977:20160724175232p:plain

2016 RED/Rejet/STORY RIDERS,SRX PARTNERS

 

こんにちわどうもてんたまです。

 

2016夏アニメ「スカーレッドライダーゼクス」を一通り視聴しましたので、その作風をさわり程度にご紹介します。

アニメのスタイルは「乙女系+イケメン+戦隊物」です。

こちらのワードに興味を惹かれた人は良かったら覗いて行ってください。

興味が惹かれなくても、どんなアニメか気になったらどうぞ!

 

スカーレッドライダーゼクス紹介

 

スカーレットライダーゼクスとは?

スカーレッドライダーとは、プレイステーション2・Portable・Vitaなどなどの家庭用ゲームで発売された一人の女の子と複数の美少年が織りなす恋愛ゲームが原作のアニメ。

物語は、紅の世界と言う異世界の知的生命体「ナイトフライオノート」から侵略受けている世界で、人間と共存を望む平和的なナイトフライオノートとレゾナンスして、唯一人類がナイトフライオノートと戦う事が出来る力「ライダー」の力を使って紅の世界の侵略に、ライダーに選ばれた少年とそれを指揮する少女が立ち向かう、と言う物語になっている。

f:id:hosino1977:20160724175448j:plain

 

作風紹介

 

女の子がハーレムを囲っちゃう「乙女ゲー」スタイル

昨今では一人の男が何人もの可愛い女の子に言い寄られてしまう、いわゆる「ハーレム物」は数多くありますが、スカーレッドライダーゼクスはそれが女性視点となり、一人の女の子に何人もの美少年(イケメン)に囲まれてしまうと言う作風がメインのスタイルとなっています。

f:id:hosino1977:20160724175510p:plain

そのためか主人公の麻黄アキラ(アサギ・アキラ)は、自己投影しやすくするためか、ギャルゲーの主人公の女の子バージョンみたいな感じで、癖の無いショートカットのシンプルなデザインとなっています。

f:id:hosino1977:20160724175530p:plain

こう言ういかにもモブぽい女の子のデザインって逆に良かったりしますよね。

またイケメンがヒロインである事が主体なので、普通の男性向けのハーレム物は、一癖も二癖もある女の子に振り回される話が多いですが、こちらは逆に、男に女の子が振り回される話になっている色が強い。

女性なら、こう言う乙女ゲーのスタンスは好きな人は多くいると思いますが、振り回されて困っている女の子もまた独特な可愛さがあるので、男性の視点で見ても楽しめる部分はありますよね。

 

ライダーやバトルの設定

上でも説明しましたが、人類と共存を望んでいるナイトフライオノートとレゾナンス、共鳴する事で変身し「ライダー」と呼ばれる存在になるのですが、そのレゾナンス、変身方法はいつも肌身離さず持っているヘッドフォンのアンププラグを手に突き刺すと変身できると言う設定見たいですが、ちょっと痛そうw

f:id:hosino1977:20160724175602j:plain

そして変身するとこんな色とりどりのスーツを着る訳ですが、何だか戦隊物に雰囲気が似てますね。

f:id:hosino1977:20160724175952j:plain

またナイトフライオノートとレゾナンスしすぎると、そのレゾナンスしたナイトフライオノートに精神を浸食されていき、そのナイトフライオノートのような性格になり、自分が無くなると言う怖い設定もあるみたいです。

そして敵に止めを刺す際もライダーが敵の動きを封じこんで、指令本部の空中要塞? が敵に向かって巨大レーザーを撃って倒すところも、何か戦隊物のラストの必殺技ぽいですよね。

f:id:hosino1977:20160724175619p:plain

 

敵であるナイトフライオノートの設定

本能に支配される「紅の世界」と言うコンセプトを持った、いかにも人類の敵になりそうな異世界の住人「ナイトフライオノート」ですが、雑魚とボスと言う区別があり、雑魚は結構シンプルなデザインになっています。

そしてボスは、鎧とエレメント系エフェクトが盛り込まれた結構カッコいいデザインで中々良い。

ちょっと年代を感じるけどまたそこも良い。

f:id:hosino1977:20160724180740j:plain

 

気さくでフランクな味方になったナイトフライオノートたち

本来は敵側であった味方になったナイトフライオノートたち。

彼らと協力してライダーになる訳ですが、役割的な呼称で「サブスタンス」とも呼ばれています(人間はメインスタンス

そんな彼らが人間の味方になった理由は、純粋に人間の文化に興味を持った事からだったらしく、新しい物に積極的になれるからか、彼らはとても個性的かつフランクな存在だ。

彼らとの会話のやりとりは、トランスフォーマーのような、一昔前の愉快なロボットとの掛け合いを見ているようで、見ていて懐かしいような親近感のような、そんな物を感じて実に楽しい。

f:id:hosino1977:20160724175723j:plain

 

個人的評価&まとめ

☆☆☆★★

正直ゲームを知らないと「何じゃこれは」と言う展開に驚きを隠せませんが、戦隊物をアニメで見ていると言う感覚に気づけば、指令本部の空中移動要塞からパラパラ落ちるライダーや戦隊物をバリバリ意識している変身シーンなどなど、シュールな面白さを感じて中々に楽しめる。

f:id:hosino1977:20160724175750p:plain

そして「何で!?」「いつそうなった!?」と言う強引な展開も多く、それが逆に笑いを誘う。

とにかく見ていて唐突に何か始まって唐突に何か終わる、と言う感じのアニメ。

そして一人の女の子に、多くの男が言い寄るスタンスは、また新鮮なラブコメ感があって良いかも知れない。

スレた男が「ちっしょうがねえな…///」と言う姿を見た女の子が「ニッコリ(´∀`)」するシーンなど中々良い。

などなど色々楽しく見れる面白さもあるという事で、安定の☆3にさせて頂きました。

好き嫌いが分かれそうなアニメではありますが、アニメの話自体は普通に面白いので、作風にこだわらなければ普通に楽しめますし、乙女ゲー展開が好きな人ならもっと楽しめると思います。

戦隊物が好きで乙女ゲー好きな人なら、見れる作品だと思いますので、そちらがお好きな方は是非視聴をどうぞ!

 

と言う所で2016夏アニメ「スカーレッドライダーゼクス」の紹介の話は終わりにしようと思います。

また次回の記事でお会いしましょう。それでは。

 

オフィシャルサイト&関連商品紹介

scared-rider-xechs.com

 

スポンサードリンク