読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

【アニメ紹介】甲鉄城のカバネリ 蒸気機関が発達した世界観で戦国ゾンビ物!

アニメ観賞日記

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20160504182816j:plain

こんにちわどうもてんたまです。

 

2016春アニメの一つ「甲鉄城のカバネリ」を一通り視聴しましたので、ネタバレしない程度にその感想と紹介をしようと思います

見ようか悩んでいる人の微力ながら視聴のきかっけになれば幸いです。

 

【甲鉄城のカバネリとは?】

監督進撃の巨人荒木哲郎、脚本コードギアス大河内一楼、キャラクター原案超時空要塞マクロス美樹本晴彦と言った豪華アニメ制作者が集まって作った原作が無いオリジナルアニメ。

話の内容は、武士などの言葉がいまだに使われているどこか戦国時代風の昔の日本のようなパラレルワールドで、そこに住む人間は噛まれるとウィルスで同じ化物になってしまうカバネと言う存在に怯えながら「駅」と呼ばれる壁に囲まれた町で生活をしていた。

またカバネは人間より俊敏で力も強くさらには頭を切り飛ばしても後に再生する完全には倒せない化物で、倒すには光る心臓部分を破壊するしかなかったが、そこは通常兵器では気づ付けられないくらい固く、倒す事は困難を極めた。

しかしそんな中でも主人公「生駒(いこま)」は日々諦める事なくカバネを倒す必殺武器の開発に明け暮れていたのだった。

と言う感じの内容と物語になっている。

 

【どんな雰囲気の作品?】

 

・前提

普通の人にはほぼ倒せない不死身の怪物「カバネ」が大量に存在する世界で、生き残った人類がどう生き繋いでいくかもしくはどうカバネを倒していくか、そんな絶滅しかかった人類をテーマにした終末物の作風を楽しむアニメ。

 

・どんな世界観?

昔の戦国時代の様に見えるが、何故か蒸気機関だけが異様に発達しており様々なライフラインや大きい蒸気機関車など存在し文明はそこそこ発達している感じの、いわゆるパラレルワールド的な日本を描いた世界観。

 

・どんな雰囲気で話は流れていく?

壁に包まれた街「駅」に住んでいればとりあえずカバネの脅威から身を守り生活を送る事が出来ていた。

そんな中で生駒は妄執的にカバネを倒す武器づくりをしていたが、そんなある日の夜の事、駅から駅へ移動手段で使っている巨大蒸気機関車「甲鉄城」がカバネに乗っ取られてしまい、生駒の住む駅の壁をぶち破って侵入してしまうと言う事件が起こってしまう。

その事から大量に駅に流れ込んでくるカバネの大群。

しかし生駒はそれを逆に好機とし、日々研究してきた対カバネ兵器を使ってカバネと戦おうとするのだが…と言う感じに話は進んでいく。

 

【このアニメが好きなら見ても損はない】

とりあえず町を囲む壁そして人類の脅威、それから連想されるのはやはり「進撃の巨人」だ。

この作品は見る前から進撃の巨人と似ていると聞いていたのですが、確かに始まりそんな感じですよね。

なので進撃の巨人が好きならすんなり話に入れると思います。

後終末物なのでゾンビアニメの「学園黙示録」や、後これは洋画だけど「ワールドオブZ」なども、あの跳ね回るくらい元気なゾンビが出ててくるゾンビ系終末物が好きならば、カバネリはいけると思います!

 

【個人的な評価】

進撃やら何やら話が似ている風な事は良く聞きますが、そう言うの取っ払ってカバネリと言うアニメ自体をよく見て吟味した結果。

人類滅亡の危機せまる緊迫した雰囲気、まあ何度も言いますが終末物の雰囲気ですが、それが壁の中に立てこもっている感じで良く出ていますし、蒸気機関が発達した戦国時代と言うのも、あまり見ない斬新な世界観だと思うのでその点もマル。

そしてネタバレになるので深くは言えませんが、主人公がいきなりそんな事になって、これから先どうなるの? みたいな展開もこの先どうなるのか話がとても気になるので良い演出だと思う。

そしてキャラクター原案も超時空マクロスの人が担当しているからか、少し萌え系だけど、あのマクロスフロンティアのような独特有る絵だから良いと感じる。

それらの感想から総合して評価すると、最高5段階で。

☆☆☆☆★

になります!

見てて面白い! 面白いし先が気になる展開と感じましたが、しかしゾンビ物や進撃の巨人ネタなど、面白いけどちょっと流行りのネタを使いすぎてるような気がしてそこに☆-1評価を感じ☆4つ評価となりました。

なので私がもしもそれらのジャンルの作品を見てなくて、カバネリを見たら☆5つになっていたかも知れません。

しかし話のまとめ方とか、流石大御所製作者が作っているだけあって凄い綺麗にまとまっているので普通に見てて面白い! と断言できます。

ちょっと個人的な話なんですけど、自分はあまり戦国時代物とかは好きではなかったので、ちょっとカバネリを見るまでは少しそこで抵抗があったのですが、しかしそんな私でもカバネリは結構すんなり話に入って楽しめました。

ここも流石大御所のなせる技だと感じました。

なのでアニメ見ている人なら結構すんなり見れる作品に仕上がっていると思いますので、私のように戦国時代の日本はあまり好まないなど、色々食指があるかと思いますが、そう言うのを気にせずに多くの人が見れるように作っていると思いますので、好みとちょっと違うと感じている人も視聴するアニメの一つに加えてみてはいかがでしょうか?

見て時間が損するという事にはならない面白いアニメだとは思いますので良かったらご視聴下さいませ。

 

と言うところで「甲鉄城のカバネリ」のその感想と紹介の話はここで終わりにしようと思います。

また次回の記事でお会いしましょう。それでは。

 

【こんな記事も書いています】

 

tentama315.hatenablog.com

 

   

tentama315.hatenablog.com

 

tentama315.hatenablog.com