読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

アニメ鋼の錬金術師 貴方は新旧どちらがお好き? 【アニメ紹介】

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20160426143658j:plain

こんにちわどうもてんたまです。

 

今日は私が好きだったアニメとして【鋼の錬金術師】と言うアニメをご紹介しようかと思います。

 

鋼の錬金術師とは?

この鋼の錬金術師と言うアニメは、少し前ならアニメを見ている人ならかなりの確率で知っている有名タイトルでしたが、今はだいぶ知らない人も増えてきていると思いますので、まずどんな作品であるかご説明します

 

鋼の錬金術師とは、今でしたら銀の匙などで有名な荒川弘先生が書いた漫画で、2001年8月から2010年7月まで、月刊少年ガンガンと言う月刊雑誌で長期連載された人気作品です。

漫画のストーリーは、物質を分解して別の物質に再構築できる「錬金術」と呼ばれる技術がある世界で、エドとアルと言う名の二人の兄弟は死んでしまった母親を禁断の錬金術で蘇らせようとしたところ、その禁忌の術「人体錬成」が失敗し、兄のエドは左手を失い、弟のアルは体そのものを失ってしまう。

しかしエドが左足を代価にアルを部屋にあった鎧に魂を定着させる事によって、肉体は失った物の意識はこの世留める事が出来何とか助かる。

その後、エドは失った左手と左足をオートメイルと呼ばれる精巧な機械仕掛けの義手に付け替え、禁忌を犯してまで母親を生き返らせようとした事を深く反省し、それでも失った自分の手足、そして弟の体を取り戻す為、それを可能にしてくれるかも知れない伝説の錬成増幅器「賢者の石」を求め旅立つ。

 

これが鋼の錬金術師のおおまかなあらすじになっています。

 

鋼の錬金術師はどんな雰囲気の話?

世界観は、第一次世界大戦時の欧州かもしくは中東のどこかの国に似た景観の中で、錬金術や格闘術使って戦うバトル物です。

またその錬金術を使う錬金術師は、火が得意だったり土の錬成が得意だったり、キャラ特有の独立した錬金法を持っており、その錬金術師の中でも国家資格を持った者は、軍に所属して戦争の道具になるような、軍事主義的な雰囲気も持つ。

主人公のエドもこの国家錬金術師の資格を持っていて、最年少で取った天才的な目で見られている。

ちなみにエドが子供ながら合格できたのは、人体錬成をした際の副作用で、本来錬成陣を描かなければ発動する事が出来ない錬金術を、両の手を合掌させるだけで発動する事が出来る特殊な錬金法を使えるようになってたのが一番の原因かと思われる。

またこの両手のを合わしただけで錬金術を使えると言うのが、大変分かりやすい能力の表現法の一つで、エドがぱん、と手を合わしただけで壁から槍や大砲を錬成して鎧のアルと共に戦う様は非常に爽快でカッコいい。

基本的にギャグ色の強い話ですが、え? この人が死ぬの? みたいな悲しい話も普通にあるので、トーンダウンのメリハリがしっかりした話になっている。

 

新と旧のアニメ版鋼の錬金術師

まず簡単に説明しますと鋼の錬金術師のアニメは一期と二期存在し、どちらも独立した話になっています。

 

鋼の錬金術師一期(2003年~2004年まで放送)

まず旧の鋼の錬金術師一期はその人気から、初アニメ化はたった二年分しか原作が無い状況で作られた言わば半分くらい原作が無いアニメオリジナルの作品。

 

鋼の錬金術師二期(2009年~2010年まで放送)

漫画原作を基軸に作った原作オリジナル作品

 

どんな内容なのかはネタバレになるので控えますが、簡単に作風をご説明しますと、一期の鋼の錬金術師は、オリジナルキャラクターが多く登場し、そのほとんどが原作キャラと合わして死んでしまうと言った、大変シリアスなストーリーになっています。

そして二期は、最初の方の話は一期と似た流れで進んでいき、知っての通りラストは一期とまるで違う終わり方をします。

こちらは最初に死んだある人物以外あまり人が死ぬような描写はありません。

結局後で出てきて死んで無かったみたいな話も多く、全く死なないと言う訳ではありませんが、ラストの方は少しご都合主義色が強い作品となっています。

どちらが面白かったと問われると、どちらにも独特の面白さがあり甲乙つけがたい物がありますとしか言えませんが、私としては一期の方が深い人間ドラマもあって、とても魅力的な作風だったように感じた記憶があります。

人が死ぬからこそ物語に深み出来て、美しい話になるんだなって思わせてくれる一期の話の展開はとかく好きでした。

二期も悪くは無いんですが、その話が書かれていた時代何でしょうか、あまり悲しい話は省いて、少年誌らしい熱い展開で突き進んでいった印象を感じます

まあここの好き好きは人それぞれなんでしょうけど、違う作品を例えに出してしまいますが、灼眼のシャナとかソードアートオンラインとか、ああ言う感じの中二病的な雰囲気を楽しむならば一期の鋼の錬金術師の方が良く、ドラゴンボールやワンピース的なノリの爽快バトル的な作風で楽しむなら二期の鋼の錬金術師が良いかなと感じます。

どちらの鋼の錬金術師を見ようか悩んだ時は、その作風で選ぶといいかも知れませんね

勿論両方見ても、話はほとんど違うので損はないかと思われます。

 

と言う所でアニメ鋼の錬金術師の紹介の話はここで終わりにしようと思います。

このブログを見て興味を惹かれたなら、アニメでも漫画でも良かった見て下さいませ。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

それでは。