読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

【ゲームの思い出】エアリスが死んじゃうの! 助けて! FF7で、ゲームの上手い友達にエアリスを助けてもらおうと思って電話した話【ネタバレ】

ゲームの思いで日記

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

f:id:hosino1977:20160412225930p:plain

こんにちわどうもてんたまです。

 

今日はゲームの思い出で、FF7を初見プレイでやってしまった実体験の思い出のお話しようかと思います。

 

【FF7とは? エアリスとは?】

ゲームをやっていれば知らない人はいないと思いますが、スクエニスクウェア側)が作っている、有名RPGゲーム、正式名ファイナル・ファンタジーの七作目のナンバリングタイトルで、そのタイトルを英語に変えてFAINAL・FANTASY・7の頭文字とナンバリングを取って略称したのがFF7(エフエフ・セブン)です。

このゲームが登場したのは1997年の一月31日にPS1(初代プレイステーション)で発売されたのですが、有名RPGタイトルであるFFシリーズの新作が出る事にも注目されてましたが、それ以外にも、初めて任天堂ハード機以外のハードで、ドラゴンクエストのような国民的有名RPGゲームであるFFシリーズが登場するという事に、当時のゲーム界に大きな衝撃を与えたソフトでもありました。

そしてエアリスとは、そんな当時の背景を持つFF7に登場したゲームのヒロインの一人であり、何とヒロインであるのにも関わらず、ゲームのストーリー進行上絶対に死亡すると言った衝撃的な顛末を迎えるキャラクターなのであります。

このショッキングな展開には、当時、エアリス押しでゲームを進めてた所謂エアリス派に多大なショックと失望を与えた事だと思います。

かく言う私もその一人です。

 

【ゲームの上手い友達にエアリスを助けてもらおうと思った話】

これは初代FF7を初見プレイした時の話ですが、まず最初のご説明として、FF7のヒロインと呼べる女の子キャラは本題のエアリス、そしてティファにユフィの三人がいます。

そしてそのエアリスなのですが、個人的な話ですが、彼女を初めて見た印象はポニーテールが良く似合う可愛い女の子だなと言う印象を受けました。

当時はサクラ大戦さくらやメルティランサーのシルヴィなど、FF7をやる前に遊んでいたギャルゲーに登場する人物で、何かポニーテールキャラが好きで、それからか、FF7をプレイ中は、ティファやユフィよりも、エアリスをお気に入りのキャラとしてメインパーティで使っていたのです。

何よりヒーラである事から見ても、それまでやってきた従来のRPG要素から考えたら、回復要員はいないといけないだろうと、自分の中でそんな定義と言うか常識があったので、その点から考えてもエアリスは外せないと、かなり大事に育てていた記憶があります。

そして、何故ティファよりもエアリスの方がお気に入りになったのかは、登場したのはティファの方が早いかも知れないけど、どう言う関係なのか説明のないまま、クラウドが魔晄炉から落ちて別れてしまいますし、その別れている間にエアリスがきっちり自己紹介もして、行動をしばらく共にする訳ですから、鳥の刷り込みじゃないけど、ああこの子がヒロインなんだなと思ってしまった訳なんですよ。

それで後からティファが「私幼馴染だから」とそんな設定を持ち出されても、受け入れがたいと言うか、そんな事を言われても、もうエアリスの方がお気に入りだから、ってなっちゃったんですよね。

ちなみにドラクエ5はビアンカ派、ときめきメモリアルなら藤崎詩織が良い、幼馴染大好きな派である私でありますが、まあこう言う事があって、初見プレイでは、ティファをヒロインとしては受け入れられない物がありました。

後ユフィの方は、存在すら知りませんでした。

まあ一応隠しキャラだし、これも初見プレイですからしょうがないですよね。

まあそんなゲームの流れの事情で、私はエアリスを選んだと言う理由もございますが、他にも、何か悪い奴らに追われてる、まあタークスにエアリスは狙われてた訳なんですが、こう言う設定も、守ってやらなきゃと言う保護欲もそそられるキャラづけだったのが、何かまた良かったのです。

男だったら何か守ってあげたくなりますよね。

しかもまだ十代の若い時分でしたから、ゲームに対する感情移入も半端なかったし、後、一つのキャラに結構思い入れするタイプだったし、なのでFF7やっていた時はエアリスはキャラ的にかなり好きになってました。

ガチで好きでした。

嫁さんにしたいくらい好きでした。

そんな思い入れを持って使っていたせいか、遊園地デートのイベントも自然とエアリスになりました。

長々と語ってしまいましたが、私が初見プレイ時に、どれだけエアリスが好きだったか知ってもらいたくて語りました。

さてこの後の話の続きは、皆さんのご想像通り、ゲームを進めると、そんなエアリス好きな私の前でエアリスは死んでしまうのです。

その前からエアリスをおかしくなったクラウドがフルボッコにしたり、何かと嫌な話と雰囲気が続く中で、止めにそれでしたから堪りませんよね。

さらに死ぬ直前も、またクラウドがおかしくなって、何やってもエアリスを斬ろうと剣を振り上げていくものですから、必死にコントローラを止めたり動かしたりガチャガチャやって 何してん! って思ったものですよ。

それでも何とか思いとどまって、良かったーって思ったら、セフィロスさんが空から降ってきて串刺しにする訳ですからね。

堪りませんでしたよ。

はああああああああああああ!?!?!?

でしたよ(笑。

刺される前に、クラウドに気づいて微笑みかけるエアリス。

f:id:hosino1977:20160412230246p:plain

刺された直後に、マテリアがエアリスから外れて落ちた瞬間に流れるあの曲。

f:id:hosino1977:20160412230040p:plain

そしてその後に続くクラウドの言葉。

f:id:hosino1977:20160412225957p:plain

f:id:hosino1977:20160412230018p:plain

それらの演出の全てが涙を誘い、嘘だろ…って信じられませんでした。

とりあえず何か本当に死んでしまったぽいエアリスのストーリーを見せられて思った事は、納得いかないの二文字でした。

なのでゲームを進行せずリセットしました。

きっとクラウドが剣を振り上げるコントローラが操作出来ないところで、何かすれば助かるかもとやり直して見ましたが、結果は何回やってもエアリスが刺されて死亡。

死亡要因すら変わりません。

それでもエアリスを殺したくなくて、その後も試行錯誤を続けました。

しかしそれでもエアリスは死んでしまいます。

何やっても死んでしまいます。

それでも信じられませんでした。

何故なら今までFFやってきて、ヒロインが死ぬなんて事は無かったからです。

と言うかFF自体仲間がそんな死ぬ事は無かったからです。

死にそうになっても何かしら救済出来る方法があったからです。

FF6ではシャドウは待っていれば助ける事が出来たし、病気のシドも大きいお魚一杯持っていけば助かりました!

まあFF5のガラフは助ける事が出来ませんでしたが、あれはお年と言う事で、若い者に任せると言う流れだったからいいのです!

FF5のラスボスバトルで死んで無に飲まれても、エンディングで「生きてたの!」と帰ってきてハッピーエンドになりました。

FFは基本こんな感じに、人が死にそうな話になっても、何かしらハッピーエンドな感じになって大丈夫だった、と言う展開になるのが、シリーズを通してそうだったから、だからFF7のエアリスも、何か助ける方法があると思ったのです。

でも何回やってもその方法が分からない事に非常に困りました、非常に悶えました。

今なら、ネットで簡単に答えが見つかるかも知れませんが、その時代はノートパソコンがようやくぽつぽつ現れた時代。

ネットをするのも知識がある人くらいしか出来なかったし、検索サイトのYAHOOも世に出てまだ一年ほどの時代ですよ?

そんな時代に攻略サイトなんてある訳もなく、そう言ったゲームの情報はゲーム雑誌に頼るしか無かったんですよ。

でもFF7出たばかりのソフトだったから、ゲーム雑誌の攻略自体、まだ最初の方をちょこっと攻略している記事しか載っていない。

そんな状況に、エアリスを死なせないで済む方法を探すのが、いよいよを持ってお手上げな状態になる訳ですが。

そんな時ある事に気づくのです。

そうだ。ゲームが上手いあいつに聞こう、と言う事を。

ゲームの上手いあいつは仮名でTさんとします。

このTさんは私よりゲームが上手く、色々なジャンルのゲームをクリアしてきたところを見てきたので、あいつなら…と思い至った訳です。

あいつなら何とかしてくれるかも知れないと。

私はすぐに電話をしました。

そして電話に出たTさんにこう叫びました。

私「エアリスが死んじゃうの! 助けて!!!」

Tさん「!?!?!?!?!?」

私の言葉を聞いた時のTさんの反応はまんまこれでした(笑。

とまあ、今考えると、黒歴史なるくらい恥ずかしい電話をしちゃった訳なんですが。

いくら友達でも開口一発目に、エアリスが死んじゃうの! は無いですよね(笑。

そしてこの後の電話の会話はこうでした。

しばし間が開いて微妙な雰囲気の後。

Tさん「…えっと、ごめんそのゲームやってない…」

私「え!? 嘘やろ! FF7だよ!?」

Tさん「ごめん、FFはあんまりやらないんだ…だからそのエアリス自体よくわからない」

私「…そう」

Tさん「うん悪いね」

私「いやこちらこそ…ごめん、ま、まあ分からないならしょうがないから自分で頑張るよ…じゃまた」

Tさん「うん、またね」

ガチャ、と会話終了。

とまあ今考えると、とんでもないアホな事をマジになって電話してしまいましたと、まあこれはそう言う話でした(笑。

まあそれだけゲームをマジでやっている時期だったんでしょうけどね(笑。

しかし十数年前の事ですが、その友達と飲むと、今でも笑い話にされたりしてます(笑。

まあそれは私も楽しいし、話のタネになるなら別にいいんですけどね。

 

と言うところで、FF7初見プレイであった、エアリスが死んじゃう事に本気になりすぎた話はここで終わります。

また次回の記事でお会いしましょう。

それでは!

 

【こんな記事も書いています】

tentama315.hatenablog.com

tentama315.hatenablog.com