読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
テンプレート

お勧め記事セレクション

白猫日記、温泉物語イベント、湯獣種の大ボス【アスラ】の立ち回り方や気を付けたい所

白猫日記(ゲーム)

f:id:hosino1977:20170313213647j:plain

こんにちはブロ主です。

今日は温泉物語イベントの島ボス的存在、アスラ種の戦い方や立ち回り方で気づいた事をまとめてみました。

f:id:hosino1977:20151114193629j:plain

アスラ種と言うのは、今回の島級イベントで新しく追加された敵キャラで、どんなモンスターかと言うと、まあインド神話のアスラをモチーフにした、RPGならメガテンしかりFFしかり、いろいろなゲームで登場する敵キャラですよね。

そしてアスラが持つ三面性から、三つのスタイルで戦う事が多い敵キャラを連想しますが、白猫のアスラも同じで三つの戦闘スタイルを持った敵キャラになっています。

どんなスタイル?

まず白猫の武器属性には、剣や双剣の斬属性、武闘家やウォリアーの打属性、魔法使いの魔属性、そしてランス、弓、ドラゴンライダーの突属性がありますが。

アスラはこの、斬属性、打属性、魔属性のスタイルにモードをチェンジして戦います。

しかもその属性になっている時、同じ属性の攻撃は全く通らなくなります。

例えばこの画像のように、打属性状態の時、打属性の武闘家が攻撃しても1しかダメージを受け無くなります

f:id:hosino1977:20151114193727j:plain

とこのように同種属性の攻撃は通りにくくなると言う特性を持っていますので、モードをチェンジしたら切り替えて戦わないといけませんが、突属性に限り、アスラはその属性を持っていないのでどのモードでも攻撃が通ります。

だから弓とかランスとかドラゴンライダーがアスラには基本的に有効な職種になる訳ですね。

まあそれでも近接はワンパンで殺されてしまう可能性があるので、そこら辺は気を付けたい所ですが。

それから考えると安全に戦いたいなら、即死回避がある温泉フローリアが相性がいいのかも知れませんね。

まあ火力は無いので、長期戦になってしまう恐れはありますが。

モードチェンジによる攻撃の変化、気をつけたい所

  • 斬モード

f:id:hosino1977:20151114193901j:plain

両手に剣を握った状態が斬モードです。この時は剣士、クロスセイバーの攻撃は効きません。

この時の状態で一番気を付けたい技は、まず両側から挟み込むようなクロスラッシュ。

f:id:hosino1977:20151114194009j:plain

この技は横の範囲も広く前方にも長いので、結構当たってしまう上に威力も高いので、紙装甲の人はワンパンで殺されてしまうので注意です。

後慣れるまでは出るまでのモーションの遅さに惑わされて、フリック回避のタイミングがずれてしまう、と言ったところも覚えておきたい注意点ですね。

そして次に連続切りおろし。

f:id:hosino1977:20151114194212j:plain

これは右、左の順番で切りおろし攻撃をしてくる技ですが。

多段ですが、一発目で転ぶので、即死回避殺しにはなりませんね(HP10%以上で即死回避と言うスキルがありますが、これはそこまで万能ではなく、多段攻撃などの一発目で瀕死になり、次の攻撃で殺される事などままあります。まあそれをブロ主的に多段攻撃による即死回避殺しと勝手に命名しています)

それと一発の攻撃力は低めなので、防御力が低くても、ちゃんと育てたキャラならワンパンではやられないと思うのでそこまで脅威な技ではありませんね。

後、画像はありませんが、連続切りおろしの一発目で止める事もやってきます。

まあ連続切りおろしとはモーションが似てますが、脅威であるクロスラッシュとは明らかにモーションが違うしフェイントにもならないので、当然驚異的な技ではありませんが。

  • 打モード

f:id:hosino1977:20151114194348j:plain

手前に出ている手が光っている時がそうです。この時は武闘家、ウォリアーの攻撃は効きません。

この状態の時に気を付けたいのは、やはりスキルカウンターですね。

この状態の時にスキルを撃つと、手元に吸引されジャンピングパワーボムを食らって大ダメージを受けます。

f:id:hosino1977:20151114194516j:plain

しかもスキルを撃たなくても、普通の技としても使てくるので常に気が抜けません。

ですがマンティコアのスキルカウンターに比べたらそこまでエグくはありません。

遠い位置でスキルを撃つとそこから動かずスキルカウンターを発動して、ジャンピングパワーボムまでやってしまうので非常に隙だらけになるので逆に攻撃のチャンスとなります。

例えば温泉キャロ、タコパスモチーフの武器スキルでスキルカウンターを誘い。

f:id:hosino1977:20151114194653j:plain

ジャンプしたタイミングでスキル2(以下スキル=S〇)を撃てば…。

f:id:hosino1977:20151114194753j:plain

スキルカウンターを食らわずに、必殺技を当てる事は可能です。

f:id:hosino1977:20151114194858j:plain

但し、誘いに使うスキルは発動中と硬直が短い物と、そして当てるスキルも同じく発動も当り判定が速い物でないといけません。

例に使ったキャロや…後はシャルのS2なんかいいかも知れませんね。

それと後これをやる時は協力プレイではやらない方がいいですね。

自分が食らわなくても他の人がスキルカウンターに巻き込まれる可能性があるので。

自分がターゲットを取ってる時の打モード時にスキルを当てる方法の使用は、協力に限りやめておいた方が無難かもです。

そして続いて打モードの時の他の気を付けたい技ですが。

ターゲットを取っている人が背面攻撃していると、振り向いて攻撃してきます。

f:id:hosino1977:20151114195031j:plain

正面にいるとスキルカウンターをやってくる可能性があるので、ついつい背面に回り込みがちになるので、背面攻撃は気を付けて行きたい所ですね。

しかし、背面攻撃も慣れてくれば、見てからフリック回避もまあ可能なので、そこまで驚異的な技って言うほどではありませんがね。

それよりもこれ、ショルダータックル。 

f:id:hosino1977:20151114195120j:plain

ターゲットが中距離にいるとよく使ってきます。

威力も結構強力で、育てていてもワンパンされるキャラも結構多いかも知れません。

しかしホーミング性はなく一度照準を合わしたところに向かっていくので、慣れればかわしやすい技でもありますね。

  • 魔モード

f:id:hosino1977:20151114195416j:plain

白紫色ぽいオーラをまとったらそのモードです。この時魔法使いの攻撃は通りません。

たぶん一番厄介なのがこのモードの時でしょうね。

何が厄介かと言うと、この時はマグマジンのような触れるとダメージ判定がある結界があるので、ちょっと攻撃できるタイミングがあるかどうかは情報不足で分かりかねますが、とりあえず近接で攻撃しようとすると、ガリガリ体力を削られてあっという間に死にます。

しかも飛び道具である魔法使いの攻撃は通らない状態になっています。

なので実際安全に通常攻撃が出来かつ効果あるのは、弓だけになっています。

他の職種は、スキルを使って攻撃しましょう。なければ無理をしないで様子を見ているのが無難です。

後この時使ってくる技も結構エグいのが多いです。

まず第一にこれが一番エグイかな? 吸引されて無理やりダメージゾーンに引き寄せられてダメージ。

f:id:hosino1977:20151114195533j:plain

威力もまあまあ高いし、当然防御力がなく即死回避がないキャラはワンパンもしくは瀕死になっています。

それと吸引力は結構凄く、弓とか魔とか、中距離で飛び道具撃っていても、ダメージゾーンに吸い込まれてしまいます。

見てから回避も結構シビアな判定なので、飛び道具だからと安心せず、常に気を付けないといけません。

f:id:hosino1977:20151114195646j:plain

それと続いて360度ビーム。

ふわっと浮かんで座禅を組んだらやってくるのかな?

そのモーションをやると回転してビームを撃ってきます。

たまに当り方が悪いと、多段になって一発で死んでしまう恐れがあるので、回避は確実にしたい所ですね。

それとメテオ。

f:id:hosino1977:20151114195824j:plain

目標にめがけて三発落ちてきます。

これも一発目で転ぶから、多段死には無いのかな?

まあでも威力は高いのでワンパンも十分あり得るので、即死回避は無い人は食らってはいけない技ではありますね。

それと、スキルに合わせて出されると、スキル終了直後に食らってしまった、と言う事も良くあるのでそこら辺も気をつけて行きたい所ですね。

 

まとめ

 以上がアスラの基本的な技と対処法ですかね。

それから考える立ち回り方は、とにかくモードよく見極めて戦う事。

基本的に斬モードの時はスキルで攻撃し、打モードの時は通常攻撃をしてSPを稼ぎ、そして魔モードの時は遠くから攻撃出来ない、ダメージも通らない人は手を出さない、回避に専念する。

この三つを守って戦えば、そこまで難しいキャラではないし、死亡率も減るかと思います。

終りに

湯獣種アスラの戦い方いかがでしたでしょうか?

まだ日も浅いので、当然僕の知りえぬ事も、多々あると思いますが、少しでも立ち回りの参考になれれば幸いに思います。

それと前回の日記で告知していた温泉ガチャ動画なのですが、ちょっと最近忙しくて編集に色々手間取っています。申し訳ありませんがもう少々お待ちくださいませ><

ではではそんなところで今回の白猫日記を終わりにしたいと思います。

最期まで読んで頂きありがとうございました。

また次回の白猫日記も宜しくお願いします。

それでは失礼します。

前回白猫日記

 

tentama315.hatenablog.com

はてなブログ、白猫プロジェクトグループ【はてな飛行島】

一緒にはてなブログで白猫プロジェクトを盛り上げませんか?

掲載記事自由! 参加者募集!

hatenablog.com