読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勧め記事セレクション

ブロリーたちDBキャラで人狼ゲームやるYO! その2

ブロリーたちDBキャラで人狼ゲームやるYO!SS

前回、人狼ゲームで死んだ者は、ブロリーに血祭りにされてしまうと言う、驚愕の事実を知ったZ戦士たち。
すでにピッコロも血祭られてしまい、唯一の知恵者を失った Z戦士は絶体絶命の窮地に追い込まれていた。
果たして、この難局を切り抜け生き残る事が出来るか?
頑張れZ戦士! 頑張れ孫悟空
ピッコロの死を無駄にしないためにも!
ピッコロ「ふざけるなぁ!」

~二話~

ブロリー「くっくっく…」
悟空「く…」
悟飯「あ…あ…」
シャモ「俺悪魔にメチャクチャにされるなんて、聞いてねえぞ!」
シャモ爺「シャモだぁシャモを狙え!」
シャモ「爺ちゃん!(泣」
ザワザワ(動揺する一同
ベジータ「く…」
ベジータ(くそぉ…何故こんなことに…!?)
ベジータ(ただのゲームだから、ブロリーに岩盤される心配は無かった筈なのに…!)
パラガス「腐腐☆ よしお前らゲームを続けるぞ」
ベジータ「ふおおおお!?」
ベジータ「く…ふ、ふざけるな! こんなゲームに付き合っていられるかー!」
ベジータ「お、俺はもう帰るぞ!」
ブロリー「くくく…」ズイ
ベジータ「な、何だブロリー!?」
ベジータ「お、俺はゲームをやめるだけだ」
ベジータ「文句はあるまい!」
ブロリー「文句ありーです…」
ベジータ「何!?」
ブロリー「クズが最後まで人狼ゲームをやる意思を見せなければ、俺はクズを破壊し尽くすだけだぁ…」
ベジータ「お、俺はもう戦わんと言ってるのに貴様には分からんのかぁ…」
パラガス「はっ、純粋なヘタレであるベジータ!」
パラガス「お前だけが真っ先に逃げたくなったようだな」
パラガス「…だがもう遅い」
ベジータ「何だとそれはどう言う事だ!」
パラガス「一度ゲームを始めたら、全てを八つ裂きにするまでブロリーは収まらない」
パラガス「何より、リタイアも死んでいただくルールになっているからなあ、ふぁ~はっは」
ベジータ「そ、そんなルール聞いてないぞ!」
パラガス「当たり前だ、言ってないからな」
パラガス「俺の目的は人狼ゲームで、お前らを八つ裂き、抹殺、皆殺しにする事が本来の目的なのだからな」
ベジータ「騙したな!」
パラガス「ふぁ~はっは、いつもの事でございます」
パラガス「ばーか、ばーか」
ベジータ「く、ぐく」
パラガス「ふん…俺がお前の父ベジータ王をどんなに憎んでいたかお前にはわかるまい」
ベジータ「な何があったんだ…!」
パラガス「お前の父ベジータ王は…」

~回想~

パラガス(若い)「はぁ…はぁ」タッタッ
ギィーーーーー…(開く王室の扉
ベジータ王「人狼ゲームで遊ぶのじゃー!」
サイヤ人たち「おーーーーー!!!」
パラガス「ベジータ王!」
ベジータ王「………」
ベジータ王「パラガス…何用じゃ…」
パラガス「ベジータ王、私も仲間に入れてください!!」
ベジータ王「それは…嫌なのじゃ」
パラガス「ベジータおぉ~~!」
ベジータ王「あっちに行けい! ハア!」
パラガス「ふぁ~はっはっは(泣」ゴロゴロ(ベジータ王に吹き飛ばされ転がる
パラガス「俺は仲間外れにされた…」

~回想終了~

パラガス「それ以来俺は、お前ら親子に復讐する事だけ胸に生きてきたのだ」
ベジータ「それだけでかYO!」
パラガス「仲間はずれにされた苦しみは、された者にしかわかるまい!」
パラガス「さあゲームを続けるぞ…」
ベジータ「ふおおおお!?」
パラガス「腐腐☆ 夜のターンだ…死の恐怖を味わいながら、目を閉じるがいい」
ベジータ「い、嫌だぁ…」
ベジータ「閉じたら、俺殺される…」
パラガス「閉じなければリタイアと見なすぞ」
ベジータ「何!?」
パラガス「リタイア、つまりそれは…」
パラガス「腐腐☆」
ブロリー「ふっふっふ」ズイ
ベジータ「く、くく」
ベジータ「くそぉ…(泣」
ベジータ「もうだめだ…おしまいだぁ…」
悟空「ベジータ! まだヘタれる必要はねえぞ!」
ベジータ「…! カカロット…!」
悟空「とにかく夜のターンだ…」
悟空「このターンをしのげば、まだ何とかなるかも知れねえ!」
ベジータカカロット貴様! 何か考えがあるのか」
トランクス「さすが悟空さん、僕と同じ考えのようですね」
トランクス「僕もこの状況をどうにかするには、これしかないと思いました」
トランクス「その方法は…はい! 僕です!」
トランクス「このイケすぎてるイケメン天才ウルトランク素敵ングの僕さえ夜のターンを生き残れば、どうとでもなる…」
トランクス「そう言う事ですね」
トランクス「はい! 僕最高です!」
悟空「………」
悟空「まっそんな事はどうでもいいさ」
トランクス「ハア☆」
ベジータ「そ、そんな事より、早く言え! お前の策とやらを!」
悟空「…落ち着けベジータ…」
悟空「とりあえず次のターンまで生き残れたら、教えてやる」
ベジータ「ふ、ふざけるな!」
ベジータ「次のターンまでにブロリーに殺されたらそれまでだろうが!」
ブロリー「ふっふっふ」ズイ
ベジータ「ふおおおお!?」
ベジータ「あ、あいつ絶対狼だぞ!」
ベジータ「本当に殺される人狼ゲームなら、目を閉じている間に俺殺される!」
ベジータ「何とかしろカカロット!」
悟空「………」
悟空「でぇじょぶだ、ドラゴンボールで生き返れる」
ベジータ「生き返れたって死にたくないわー!」
ベジータ「はっ…」
ベジータ「まさかとは思うがカカロット
ベジータ「貴様…俺を身代わりにしようとか考えているんじゃ無いだろうな…?」
悟空「え? え、えーと…」
ベジータ「どうなんだ!?」
悟空「へへへ…あったり~!」
ベジータ「やっぱりそうか、貴様ー!」
悟空「そ、そう怒るなよベジータ
悟空「おらとおめえの仲じゃねえか、あは、あはは」
ベジータ「ふざけるな、誰が貴様の腐れ縁で死んでやるものか!」
ベジータ「お前が変わりに死ね!」
悟空「とは言っても、殺すのはおらじゃなくてブロリーだかんな~」
ベジータ「う…」
悟空「だいたいおめえが恨まれて、こんな事になってるんだからよ?」
悟空「もしブロリーが狼で、夜誰かを殺すなら」
悟空「別におらが仕向けなくても、おめえを殺すんじゃないのか?」
ベジータ「く…!」
悟空「と言うことだ、わりぃなベジータ、へへへ」
ベジータ「くそぉ(泣」
ベジータ「俺やっぱり殺されるの?」
悟空「そんなに気になるなら、ブロリーが次に殺したいのおらが聞いてきてやる」
ベジータ「やめろ!」
ベジータ「俺が死ぬこと、確定しちゃう」
悟空「へへへ…まあそう遠慮するなって、よおブロリー!」
ブロリー「なんだあ、カカロット?」
ベジータ「やめて…(泣」
カカロット「おめえが殺したいの次だーれだ?」
ブロリー「………」
ベジータ「終わった…ここまでか…」
ブロリーカカロット…」
悟空「え?」
ベジータ「…!」
悟空「ぶ、ブロリー
悟空「ちょっと、よく聞こえなかったんだけど、もう一回言ってくれねえか?」
ブロリー「俺はまずカカロットを血祭りにあげてやる!」
悟空「いい!?」
ベジータ「は、ははは」
ベジータ「ざまあみろカカロット!」
ベジータ「次に死ぬのはおまえだ!」
悟空「い、いやちょっと待ってくれよ! ブロリー
ブロリー「なんだあ…?」
悟空「い、いや頼みなんだけどさ、血祭るなら先に悟飯にしてくれねえか?」
悟飯「え…?」
悟飯「何て酷いこと言うんだーー!」
ベジータ「さすがの俺もクズ過ぎて引くぞ、それは(汗」
悟空「そうかてえ事言うなよ~あは、あはは」
悟空「とにかく悟飯! おらのために死んでくれ!」
悟飯「無理ですよ!」
悟空「…おらを守れねーんか!?」
悟飯「無理ですよ!」
悟空「………」
悟空「でぇーじょうぶだ、ドラゴンボー…」
悟飯「無理ですよ!」
悟空「悟飯コノヤロー!!」
悟飯「お前なんかお父さんなんかじゃない!」
ブロリー「ふっふっふ、カカロット!」
悟空「な、何だブロリー!」
ブロリー「息子は可愛いか?」
悟空「え…あ!」
悟空「あ、うん可愛い可愛い! 超可愛い、おら世界一溺愛してるぞ」
悟空「殺されたら、おら辛い!」
ブロリー「ふっふっふ、そうですかぁ」
ベジータ「な、何てやつだ…息子殺されフラグを躊躇なく立てやがった…」
ベジータ「く、クズの世界チャンピオン」
悟空「へへへ…」
悟飯「何て酷いことするんだー!」
悟空「悟飯、悪く思うなよ?」
パラガス「お前らいい加減目をつぶれ!」
パラガス「全員リタイアで八つ裂きにするぞ!」
悟空「おっと、ははは…閉じます閉じます、今閉じます」目を閉じる
ベジータ「何とか今回は助かりそうだな…」目を閉じる
悟飯「………」目を閉じる
残りの者も目を閉じる。


パラガス「よし全員目を閉じたな…」
パラガス「では先に占い師と護衛がどうするか決めてもらう」
パラガス「何せ、狼を先にしたら死んでしまうからな」
パラガス「ふぁ~っはっは」
一同「………」ガタガタブルブル
パラガス「…では占い師さん占い師さん、誰を占いますか?」
???「コンピュータが弾き出した計算によりますと…」
パラガス「声を出したらアウトです!」
パラガス「デットパニッシャー!」
???「うwwwわwwwへwwwへwww」
???「へへはうっ!」ドカーーン!
目を閉じてる一同「……?」
パラガス「おほん…では護衛よ、目をあけろ…」
???「………」ガタガタブルブル
パラガス「今の話は聞こえたな?」
???「………」コクコク
パラガス「ならば分かっているな…声を出さずに指を指して護衛するやつを決めるのです!」
???「………」コクコク
???「………」
???「…!」
パラガス「それでいいのかな?」
???「………」コク
パラガス「分かりました」
パラガス「では守ってください! 貴方のその手で、守りきれば助けることは出来ます!」
パラガス「では狼さんやっちゃって下さい!」
???「…!」
???「俺聞いてねえぞ!」
???「ふっふっふ、何か面白いですー…」
???「じ、爺ちゃん! あーーーーー!!!」
???「さ、サイヤ人は宇宙の悪魔…さ!」
???「う…!」ガク
???「シャモォ!? 使えねえ…ごほっごほっ」
???「わ、わしに近寄るんじゃねえ!」
???「わ、わ、わしぃーーーーー!!」
???「シャモォ…」
ガク
パラガス「よし夜のターンは終わった…お前ら目を開けろ」
悟空「…!」
悟飯「あ…あ…」
ベジータ「な、何だこれは…」
トランクス「む…」
科学者「………」チーン(黙祷
シャモ「………」チーン(黙祷
シャモ爺「………」チーン(黙祷
ベジータ「な、なんだこれは…」
ベジータ人狼は一晩に一人しか殺せないんじゃないか?」
ベジータ「何で三人も死んでやがるんだ」
パラガス「分からないか?」
ベジータ「パラガス…!」
パラガス「本来ゲームが始まった以上、ゲームマスターは口を出してはいけないのだが」
パラガス「お前らは初心者だから、特別に教えてやる」
パラガス「ありがたく思え?」
パラガス「ふぁ~っはっは」
ベジータ「く…(ムカつく)」
悟空「で…何があったんだ?」
パラガス「…ふん、まず最初に占い師は」
パラガス「夜のターン喋ってはいけないと言うルールを破ったので、私が粛清したのだよ」
パラガス「つまり、この死んだ三人のうちどれかが占い師だったと言う訳だ」
悟空「そう言うことか…」
ベジータ「待てカカロット!」
悟空「? 何だベジータ
ベジータ「貴様、占い師じゃなかったんだな!」
悟空「ん? あ…ああそうなるな」
ベジータ「何だと! ならば何故あの時占い師のふりをしやがった!」
悟空「え? 何でって言われても…」
ベジータ「はっ…そう言えば貴様…とにかく夜のターンが終われば助かる道はあると言ってたな」
ベジータ「そうか…そう言うことか、貴様が占い師のふりをしたのは…」
ベジータ「あるんだろう! お前が占い師のふりをする事で、まだ俺が助かる道が!」
ベジータ「早く言え! その方法とやらを」
悟空「いや~盛り上がってるところわりぃけど」
悟空「おらが占いババのふりしたのはノリでやっただけだぞ」
ベジータ「え? 何でそんな事したの…?」
悟空「え? だってゲームで一番目立ちそうだからおらにピッタリだと思ってよ?」
悟空「何たっておら主人公だかんなぁ~、はは、ははは(^ω^)」
ベジータブロリーに勝てる主人公補正すら発揮できない貴様が、主人公を名乗るんじゃない!」
悟空「そんな事言ったて~」
悟空「みんなの力集めても、ベジータ(ヘタレ)のパワーが混じっちゃ」
悟空「流石のおらでも勝てねえぞ、はは、ははは(^ω^)」
ベジータ「くそぉ…(T_T)」
パラガス「やめろ! それ以上いじめるな!」
悟空「お…」
ベジータ「パラガス…な、何故?」
パラガス「勘違いするな、俺はただ早くゲームを進行させたかっただけだ」
パラガス「だが…」
パラガス「いじめられた苦しみはいじめられた者しかわかるまい」
ベジータ「パラガス…(;o;)」

パラガス「はっ話の続きをするぞ」

パラガス「そして次にシャモどもだが」
パラガス「どちらかが護衛で、狼を襲うのを当てたのは良いが、護衛が狼に勝てる力がなくてくたばったと言う訳だ!」
ベジータ「何それ!?」
悟飯「役職意味ないじゃ無いですか(汗」
トランクス「ムチャクチャ過ぎるムチャクチャ過ぎるんですよ!」
悟空「だーめだぁ! おら頭痛くなってきたぞ…」
パラガス「問答無用でございます」
パラガス「ではゲームを続けるぞ」
パラガス「昼のターンだ」
パラガス「お前ら、話し合って処刑するやつを決めて下さい!」
悟空「ああ、分かった…」
悟空「まあとにかく何とか生き残れたんだ」
悟空「これで何とかなっぞ!」
ベジータ「はっ…!」
ベジータ「そ、そうだったな、夜のターンを耐えきれば」
ベジータ「何とかなるんだったなカカロット!」
ベジータ「それは一体どんな方法なんだ!?」
ベジータ「早く教えやがれ!」
カカロット「まあそう焦るなベジータ…今話すからよ、へへ」
ベジータ「あ、ああ…」
悟飯(ほんとかなぁ…?)
カカロット「その方法はな…」
トランクス「はい! それは僕でぇす!」
トランクス「わかってます、この存在その物が凄すぎる僕に、悟空さんは期待しているんですね…」
トランクス「分かりました、ここは僕が何とかします…だから悟空さんは父さんを連れて遠くに逃げて下さい」
悟空「トランクス…」
トランクス「大丈夫です、絶対勝ちますから」
悟空「おめえちょっと…ウゼエぞ!」
トランクス「ハア☆」
ベジータ「お前の話は聞いてない!」
トランクス「ハア☆」
悟飯「すみません、ちょっと静かにしてくれますか?」
トランクス「ハア☆」
ブロリー「うぜえ」
トランクス「ハア☆」
アンゴル「申し上げます! 死ね!」
トランクス「ハア☆」
トランクス「止めてくださーい!」
トランクス「そこまで言われたら」
トランクス「僕のメンタルが、メンタルその物がーーーー!!」
ベジータ「ウザい奴は消えても良い!」
トランクス「アアァーーーーン(ToT)」
ベジータ「じゃあそろそろ時間もないことだし、話してもらおうか、お前の策とやらをな」
悟空「ああ、実はな…」

恐怖の夜を乗りきったZ戦士たち。
それでも危機はまだ続いてる。
しかし、悟空には、この状況を打開できる秘策があるらしい~。
それは一体どんな策なのか?
それでこの死のゲームから助かることが出来るのか?
悟空の策に全てがかかっている!
頼むぞ悟空!
お前がやらねば誰がやる!

続く

ブロリーたちDBキャラで人狼ゲームやるYO! その3 - 小説書きながらパチンコ業界から転職を目指すブログ

   

スポンサードリンク